新人看護師が押さえておきたいクレーマー患者の対処法

新人看護師が押さえておきたいクレーマー患者の対処法

新人看護師が押さえておきたいクレーマー患者の対処法

 

新人看護師なりに頑張って患者さんの看護をしているけれど、患者さんから直接クレームを言われたり、別の看護師を通して名指しのクレームを受けて落ち込んだりしていませんか?

 

新人看護師,クレーマー,患者

 

まだ経験の浅い看護師が、患者さんからクレームを受ければ、傷ついてしまって当然です。

 

でもクレームを受けて必要以上に落ち込んでしまっていては、自分自信も辛いでしょうし、業務にも支障が出てしまうこともあるかもしれませんよね。

 

ここでは、そんなクレームを付けてくる患者さんの対応に悩んでいる方のために、クレーマー患者の対処法について現役ナースのナスコさんに伺ってみました。

 

クレーマー患者の対処法について

 

クレームを受ければ、苦情の内容によって傷ついてしまって当然です。

 

でも、必要以上に落ちんでしまうと看護師としても立ち直ることがなかなかできませんよね。

 

看護師をしている以上、誰だって1度や2度、患者さんからのクレームを受けてしまうことがあるものです。

 

こちらに非があることもあれば、こちらに非がないのに病気のストレスから患者さんが何かとクレームを付けてくるような人もいます。

 

 

どんなクレームを受けた場合でも、まずは感情的になって受け止めてしまわないことです。

 

クレームの内容をよく聞いて、ちゃんと分析することです。

 

本当にこちら側のミスであれば、しっかりと自分自身が反省して自分のできることなら改善していくことができれば、それは、自分にとってプラスになることも多いにあります。

 

 

ただ、最近ではクレームを付けてくる患者さんの中には、ただただ人に不平不満を言いたい、文句を言いたいというような人も増えているような気がします。

 

昔に比べて、患者さんが医師や看護師に対して求めるものが増えていたり、サービスとして受けれる権利を主張することも多く、こうしたトラブルにもなりやすくなってきているのかもしれません。

 

 

 

こうした場合は、

 

「この人は病気で辛い状態だからこそ、こうした言動に出ているだけ・・・。」

 

と、看護師としてしっかりアセスメントしましょう。

 

 

 

ただ、あなたのことをクレームのターゲットにしてクレームを付けてくるような人は、すぐにでも先輩看護師や師長に報告をしてその人だけ担当を変わってもらうなどお願いしてみてもいいかもしれませんね。

 

他の人に代わってもらうことができなかったり、夜勤などでどうしてもあなたが担当しなければいけない場合は、弱腰になるのではなくてできるだけ毅然とした態度で堂々と仕事をしていればいいですよ。

 

弱気になって弱みを見せてしまっているあなたを見つければ、そういう人はさらに攻撃をしてくる可能性が高いですから気を付けましょう。

 

 

 

看護師であれば、様々な患者さんに出会うので、時には傷ついてしまったり、腹を立ててイライラしてしまうこともあるはずです。

 

私自身がそうですから。

 

でも、どんな看護師でもこうしたことを一つ一つ乗り越えて、精神力を鍛えていくのだと思います。

 

無理のない範囲で、患者さんに寄り添って一緒に乗り越えていきましょう。

 

新人看護師,クレーマー,患者

よく読まれる記事

何を勉強していいのか分からない…
新人看護師が、勉強してなければいけないことは分かっているけど、【何を何から勉強していいのか分からない・・・】という悩みに、現役ナースがお答えします。日々の生活にこの方法を取り入れてみては?
メモとノートの活用術
新人看護師は、毎日メモを取ることばかり。でも…結局ぐちゃぐちゃで何を書いているのか分からない!上手く活用できなくて悩んでいませんか?新人看護師のための【メモと振り返りノートの活用術】
アセスメント能力の磨き方
「ちゃんとアセスメントした?」「アセスメントできてないんだけど」と先輩看護師に言われたことがある新人看護師さんも多いのでは?現役看護師が教える新人看護師のアセスメント能力の磨き方にについて。
要領が悪い
要領が悪い・・・と悩んでいませんか?私自信も新人看護師のころは、要領がうまくつかめず悩んでいました。新人看護師が仕事要領よくこなすためにはどうすればいいの?
看護記録に時間がかかる
新人看護師が記録に時間がかかってしまうことはよくあります。いきなり誰でも最初から書けるようにはなりません。現役ナースの私から伝えられること。
採血が上手くなる4つのポイント
採血が苦手・・・、採血に失敗してしまい怖い・・・という新人看護師も多いのでは?現役ナースが教える採血が上手くなる4つのポイント
看護師は患者の死で泣いてはダメ?
受け持ちの患者の死を目の当たりにしてしまった新人看護師にとって、精神的ショックは大きく泣いてしまうことも。でも、看護師は患者の前で泣いてはいけないと言われることもあるのですが、その意味とは?
メンタルが弱い
先輩看護師が怖くて委縮してしまったり…理不尽なことで怒られて落ち込むことって、新人看護師は多いと思います。そんなメンタル弱いな…と思っている新人看護師のためのアドバイス。
夜勤のメイク
新人看護師の素朴な疑問、「夜勤中のメイク」について。夜勤中はメイクどうしているの?看護師3年目のナスコさんに、美容法について聞いてみました。
遠距離恋愛
元転職カウンセラーは見た!新人看護師の遠距離恋愛が続くのは、付き合っている彼が「看護師」という仕事に理解があるかどうかが肝心です。遠距恋愛でしんどいのは、あなた?彼?どっち?
医師との恋愛
医師は新人看護師に人気?でも、ベテラン看護師には不人気って本当?新人看護師と医師との恋愛関係はあなたはアリ?ナシ?
人気のある習い事
新人看護師に任期のある習い事ってどんなものがあるの?習い事をうまく取り入れれば、仕事の嫌なストレスも発散できるのでオススメです。英会話、ヨガ、陶芸教室、料理教室・・・様々な習い事があります。新人看護師に人気の習い事についてまとめてみました。
通勤時間
新人看護師の通勤時間にはどれくらいかけているの?あまりに通勤時間が長いと、体力的にも無理が生じてしまうことがあります。新人看護師の通勤の許容範囲は、だいたい3交代なら30分、2交代なら1時間といったところになるでしょう。
仕事と結婚生活
新人看護師で結婚することになった!忙しい新人看護師と結婚生活を果たして両立できるのでしょうか?結婚をきっかけに意外と職場や働き方を見直すという方も多いですよ。旦那さんに看護師に対しての理解はあるかが重要です。
休日の過ごし方
新人看護師の休日はみんなどのように過ごしているんだろう?現役ナースが教える!新人看護師にとっておすすめの休日の過ごし方。
髪色は何色?
新人看護師の髪色は、一体何色がいいのか?あまりに派手だと怒られる?黒色?栗色?ダークブラウン?現役ナース3年目が教える、新人看護師は、この髪色にしておけば間違いないという色とは!?
辛い時期
現役看護師3年目のナスコさんに聞く!看護師1年目で一番辛い時期はいつ??新人看護師にとって一番辛い時期は、年がら年中です。いえ、私にとって一番つらかったのは、急性胃腸炎で倒れたときです。
身だしなみ対策
先輩看護師から目をつけられたり、注意されない為にも新人看護師は身だしなみに気を付けましょう!メイク・マツエク・ネイル・髪型・ピアス…新人看護師の身だしなみを徹底対策!あなたは見られている!
優秀な新人看護師の特徴
優秀な新人看護師の特徴や共通点には何がある?周りの同期との差を気にしすぎていませんか?優秀な新人看護師になりたいのならすべきこと。
ミスが多い
ミスが続いて落ち込んでいたりしませんか?新人看護師は経験の浅さからどうしてもミスをしがちです。現役ナースが教える、ミスが多い新人看護師が押さえておくべきたった一つのこととは!?
電話対応のいろは
電話対応で緊張して頭が真っ白になってしまう・・・何を伝えたらいいのか分からない・・・。電話対応が苦手な新人看護師が知っておきたい電話対応の仕方についてまとめてみました。 電話対応のいろはをまとめています。
寝坊や遅刻
新人看護師がうっかり寝坊や遅刻をしてしまった時はどうすればいい?職場への対応方法について、ポイントをまとめています。起きてしまった事実は仕方ありませんから、今からどうすればいいか!?が大切です。
悩み相談
新人看護師が【悩み相談】できる所について、まとめてみました。ナースセンター、ハローワーク、コーチ、カウンセラー、転職サイト、様々なところがありますが、あなたはどれを活用してみますか?それぞれの特徴について。
年賀状は出すの?
新人看護師は年賀状を出すべきもの?出さなくてもいいのか迷ったら、プリセプターに職場の常識を聞いてみましょう。最近は、年賀状を出さない傾向が強いですが、他の同期と相談して揃えてもいいかもしれません。
退職金制度
新人看護師って退職金もらえるのかな?そもそも、退職金ってどれくらいあるの?退職金制度がない病院もある!?退職金の有無によって将来が大きく変わります。退職金制度についてまとめているので新人看護師なら確認しておきましょう。
将来、看護師は充足?
看護師はどこも充足してしまうのか!?介護職や保育士から看護師になる人が一気に増える制度の導入を厚生労働省が検討しています。今後、看護師の転職市況はどう変わるのか!?まとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先