新人看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット

新人看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット

新人看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット

 

新人看護師として循環器内科を学びたい!と思っている方もいるのではないでしょうか?

 

新人看護師,循環器内科

 

でも、実際に看護師がどんなことをしているのか知らなかったり・・・自分についていける環境なのかもわからない・・・という方も多いですよね。

 

ここでは、循環器内科の特徴や、看護師の仕事内容、新人看護師として循環器内科で働くメリット・デメリットについてもまとめています。

 

これから循環器を学びたいという向上心のある方は、一度目を通してみてくださいね。

 

循環器内科の特徴って?

 

循環器内科では、心臓や血管といった血液の循環器官を治療する科になります。

 

病状としては、狭心症や心筋梗塞、心臓弁膜症、不整脈、拡張型心筋症などの心臓疾患や、高血圧症や肺梗塞のある患者さんです。

 

循環器の病気が疑われた患者さんは、まずは循環器内科で受診をして総合的に判断されます。

 

治療が必要な場合には、循環器内科で薬物治療や心臓カテーテルでの治療を行っていきます。

 

生活習慣病の増加から高血圧や心臓疾患を患う患者さんも増えてきてるため、循環器のニーズはこれからも高まっていくことでしょう。

 

新人看護師,循環器内科

 

循環器内科の看護師の仕事内容って?

 

循環器内科病棟の看護師の仕事は、他の一般病棟と同様に、患者さんの健康管理や全身観察、採血、点滴、薬の管理、食事介助、排泄介助、体交なども行っています。

 

また、循環器の患者さんは、高血圧や動脈硬化の患者さんが多く、そのことが原因となって心疾患になっていることもあるため、患者さんに対しての生活指導も行う必要もあります。

 

看護師はできるだけ分かりやすい言葉で理解してもらえるように指導することが大切です。

 

循環器科の看護師の仕事で特徴的なことは、検査が多く状態が不安定な患者さんが多いということがあげられます。

 

状態が不安定な患者さんが多いことで急変になりやすく、迅速に的確な判断のもとに臨機応変な対応ができなければいけません。

 

また、看護師が心電図の波形異常を見落としてしまうことで、患者さんの命にもすぐに関わってしまうことから緊張感は常につきまといます。

 

循環器で働く看護師は自己学習をしてでも、看護師にとって難しいと言われる心電図が読めるように勉強していくことが求められる現場です。

 

さらに、心臓カテーテル(心カテ)の検査といった手術以外で行われる検査や処置の介助を、医師や専門の技師からお願いされるようなことも度々あるので忙しくなりがちです。

 

新人看護師にとっては、循環器で使われる専門用語が多くて、申し送りをすることだけでも分からないことも多くなりがちです。

 

でも、先輩看護師から教えてもらったり、自己学習を通して一つずつ学んでいけば問題ありませんよ。

 

循環器内科で働く新人看護師のメリット

 

では、新人看護師が循環器内科で働くメリットには何があるのでしょうか?

 

心電図が読めるようになる

 

心電図は読むのが難しい・・・と言われるので抵抗がある方も多いですよね。

 

循環器で働く看護師は、心電図モニターのアラーム音が鳴っていない時にでも、モニターの波形を見て異常に気づき迅速に医師に報告しなければいけません。

 

心電図を読むことは難しいかもしれいませんが、循環器内科の病棟には読むのが得意な先輩看護師が必ずいます。

 

最初は、得意な先輩看護師に読み方を教えてもらいながら、基本の3点誘導だけではなくて、12誘導についても読めるように学んでいくことができるようになるでしょう。

 

心電図が読めるようになることで、どこへ行っても重宝される人材になれるので、新人看護師のうちに学んでおくことができるとその後の転職も有利です。

 

急変対応できる能力が身に付く

 

循環器の患者さんは病状が不安定な方が多く、一度、急変すれば命に関わることも多いです。

 

だからこそ、循環器で働く看護師は、急変対応が身に付くことはもちろんのこと、事前に患者さんの異常にいち早く気づかなければいけないために、アセスメント能力も養われるのです。

 

循環器の知識、関わる合併症などの幅広い知識が身に付く

 

循環器の疾患はもちろんのこと、それ以外の合併症などの病気についても勉強していくため、看護師は幅広い知識が身に付きます。

 

新人看護師のうちに循環器を経験することで、どこへ行っても通用する看護師になることができると言われているほどです。

 

高収入を得られる

 

循環器内科は高度な看護師の技術が必要となることから、給与が高い傾向にあります。

 

循環器専門病院ともなれば、さらに給与は上がり他の科で働くよりも大幅な給与アップも可能です。

 

ただし、循環器専門病院は、ある程度の循環器での経験を必要としている場合も多いので、循環器内科の経験がない新人看護師の場合は、循環器内科の病棟がある総合病院から始められる方が入りやすくなります。

 

総合病院の循環器から始めてみて、その後のステップアップアップとして専門病院を考えるという方が入りやすいと思いますよ。

 

デメリット

 

一方、循環器内科で働くデメリットは何かあるのでしょうか?

 

業務は忙しく精神的プレッシャーも大きい

 

循環器では心臓の疾患や血管の疾患を抱えた患者さんを看ることになるため、異変にいち早く気づかなければいけません。

 

患者さんの急変も多く、自分のちょっとしたミスが患者さんの命に関わってくるという精神的なプレッシャーは非常に大きくなります。

 

また、入院や検査なども多いので、とにかく業務は忙しくなりがちです。

 

常に時間と戦いながら、業務を慌ただしくこなしていくというような日も多くなるでしょう。

 

常に勉強をしなければならない

 

循環器内科は、常に勉強が必要となる科目です。

 

勉強してスキルアップをしたいという方なら頑張れるかもしれませんが、スキルアップを望んでいないのに循環器内科で働いてしまうと、勉強をし続けなければいけないことに耐えられいということもあるかもしれませんね。

 

循環器内科で学びたい!という看護師へ

 

循環器での看護師の仕事は、新人看護師にとっはとてもハードであるとともに、循環器疾患から合併症まで幅広い知識などを勉強や研修などを通して学んでいく必要があります。

 

看護師としてスキルアップのできる科ではあるものの、プライベートを重視したり、勉強をしてスキルアップを望んでいない方にとっては苦しい科となってしまうかもしれません。

 

でも、この大変さを乗り越えた先には、看護師として高いスキルと能力が身に付けることができるので、循環器内科で経験を積んでおくことは、どこへでも転職がしやすくなり、長い看護師人生の中でもすごくプラスになっていきます。

 

一番若い新人時代だからこそできる仕事と捉えることもできます。

 

せっかくのチャンスですから、デメリットを理解したうえでも、循環器について学んでおきたい!心電図を読めるようになりたい!急変対応の力を付けたい!という思いの強い方はぜひチャレンジしてみましょう!

 

 

 

循環器内科での看護に興味があるという方には、看護師の転職サイトの利用がオススメです。

 

新人看護師,循環器内科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>循環器内科の求人を看護師の転職サイトで探す

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
小児科
新人看護師が小児科で働くときに知っておきたい小児科の特徴やメリット・デメリットについて押さえておきましょう。ただ単純に子どもが好き!だけでは務まらない!?は本当なのでしょうか?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方や産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをする!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師で配属された場所がオペ室だったり、オペ室への転職を考えている方のために、メリット・デメリットについてまとめてみました。オペ室の看護師の仕事は奥が深い!単純に機械を覚えるだけでもありません。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先