新人看護師が救急外来で働くメリット・デメリット

新人看護師が救急外来で働くメリット・デメリット

新人看護師が救急外来で働くメリット・デメリット

 

看護師さんの間でも、救急外来で働く看護師はかっこいい!というイメージはありますね。

 

ここでは、よく医療系ドラマのシーンでも登場することがある救急外来についての看護師の仕事についてです。

 

新人看護師,救急外来

 

救急外来は、ある程度看護師歴のある人がスキルアップのために行くケースが多いのですが、最近では新卒から配属されるというところも珍しくなくなってきました。

 

新人看護師で配属先が救急外来だったり、転職で救急外来への仕事がしたいと考えている方のために、救急外来の看護師の仕事内容やそこで働くメリット・デメリットについてまとめています。

 

救急外来に興味のある方はぜひメリットだけではなく、デメリットになることも押さえておきましょう。

 

転職時にギャップを感じないためにも大切ですよ。

 

救急外来の看護師の仕事って?

 

救急外来では、24時間救急患者さんの対応をしています。

 

看護師は重症な患者さんから順番に診察治療室に誘導をして、順番に医師が必要な処置を行っていきます。

 

看護師はその医師の指示に従って、臨機応変に介助を行わなければいけません。

 

病院によっては、看護師が重症度を判断して重症な患者さんを優先していくことが必要になる場合もあります。

 

そのため、それ以外の具合の悪い患者さんを待たせることにもなるので、他からの苦情を言われることもあるかもしれませんが、そんな時にでも堂々と説明をするということも時として必要となることがある部署です。

 

新人看護師が救急外来で働くメリットって?

 

キャリアとして十分なスキルが身に付く

 

救急外来での看護師経験を積むことで、看護師としてのスキルを上げることができます。

 

救急車から連絡があれば、どんな症状なのかを聞いたうえで、すぐに何が必要となるのかをあらかじめ準備します。

 

輸血や止血が必要と分かれば、それに必要な物品をそろえます。

 

病棟とは違って幅広い診療科の患者さんがいるので、覚えることもたくさんありますが、救急外来で働く看護師は、瞬時に判断したり動いたり、幅広いスキルが身に付くので、1年でも働くことができれば、十分に転職時には有利になりますよ。

 

急変時の対応や処置、患者さんのご家族とのかかりの中で学んだことはどこへいっても通用します。

 

使命感を持って働ける職場である

 

救急外来は、緊急性のある重症な患者さんも運ばれてきます。

 

そうした患者さんにとっては、命の生命線となりますから、そこで緊急処置を受けたことで命が助かるということもたくさんあるのです。

 

看護師はハードな仕事となりますが、それだけ命と向き合って使命感を持って働くことができる場所でもあります。

 

新人看護師が救急外来で働くデメリットって?

 

体力的にも精神的にも負担のかかる職場である

 

救急外来では、患者さんが優先となります。

 

休憩時間も時間通りには取れないですし、場合によっては休憩する暇もないというようなこともあるでしょう。

 

休憩時間が取れなければ、ごはんも食べれずということにもなります。

 

それでも、救急が必要な患者さんが次々に来れば対応し続けなければいけません。

 

どんなに休むことなく頑張って働き続けても、患者さんの中には、命を落としてしまうこともあるでしょう。

 

そんな状況下でも冷静な受け止められるようにいなければいけませんので、新人看護師として配属されたのなら、辛いこともたくさんあるかもしれませんね。

 

救急外来のスピードが速すぎる

 

救急外来ではあらかじめどんな患者さんが運ばれてくるのか分からないようなこともあります。

 

救急車から連絡を受ければ、何が治療で必要となるのかを状況に応じてすぐさま判断して準備もしなければいけません。

 

看護師としての経験が少ない新人看護師であれば、何もできずにただ眺めているだけになってしまうかもしれませんね。

 

何もできなくて動けないことで、自分をせめたりしてしまうこともあるかもしれませんね。

 

救急外来はスピードがとても速いので、それについていけなくなってしまうという方はいるので注意しましょう。

 

患者さんとの関わりが短い

 

救急外来では、患者さんの入院、オペ室搬入までの間の関わりとなるので、患者さんに寄り添った看護をと望んでいた看護師さんにとっては、患者さんとの関わりが短い救急外来ではしんどいかもしれませんね。

 

いつどれくらいの残業になるかは全く読めない

 

救急外来は患者さん優先ですから、24時間どんな急患が運ばれてくるのか分かりません。

 

残業もいつどれくらいになるのか予想もつかないことから、プライベートを優先したいという方にとっては向かないです。

 

経験がなかったり、経験の浅い新人看護師が配属されたら?

 

経験のない新人看護師が配属されれば、最初は診療補助などが業務の中心になるでしょう。

 

その合間で、採血や点滴を先輩看護師から教わっていくことにはなりますが、忙しい部署なので自ら積極的に研修などにも参加して救急対応については学んでいく必要も出てきます。

 

自分なりに勉強したり、一つずつ目の前の経験値を増やしていけば、きっと成長につながるはずです。

 

経験の浅い新人看護師が転職で救急外来ってどう?

 

できれば、救急外来は病棟経験が数年間あるくらいの看護師の方が動きやすいです。

 

新人看護師でも一から指導をすると言われていたけれど、結局は時間が取れなくてなかなか十分に教えてもらえないということもよく聞きます。

 

もし、救急外来で働きたくて転職をするなら、きつい状況下でも付いていける覚悟がある方でないと難しいかもしれませんね。

 

 

 

あなたの職場では、救急外来は学ぶことはできますか?

 

救急外来がなかったり、あっても異動できそうにはない、他の病院の救急外来に興味があるという方には、看護師の転職サイトを使って効率的に探しましょう。

 

新人看護師,救急外来

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>救急外来の求人を看護師の転職サイトで探す

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師が押さえておきたい循環器内科の仕事内容と循環器を学ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。デメリットも理解した上で転職しなければギャップを感じてしまうこともありますよ。
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
小児科
新人看護師が小児科で働くときに知っておきたい小児科の特徴やメリット・デメリットについて押さえておきましょう。ただ単純に子どもが好き!だけでは務まらない!?は本当なのでしょうか?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方や産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをする!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
オペ室
新人看護師で配属された場所がオペ室だったり、オペ室への転職を考えている方のために、メリット・デメリットについてまとめてみました。オペ室の看護師の仕事は奥が深い!単純に機械を覚えるだけでもありません。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先