配属先別

新人看護師が内分泌・代謝内科で働くメリット・デメリット

新人看護師が内分泌・代謝内科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師として内分泌・代謝内科に配属された方、興味があって働きたいと考えている方もいるのではないでしょうか?

 

新人看護師,内分泌代謝内科

 

ここでは、看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについて分かりやすくご紹介していきます。

 

内分泌・代謝内科って?看護師の仕事内容は?

 

内分泌・代謝内科で扱う疾患は、糖尿病、甲状腺疾患、副腎疾患などが主になります。

 

その中でも、中心となっているのが糖尿病です。

 

糖尿病の患者さんに対しては、投薬治療や食事や運動療法によって改善をはかっていきます。

 

患者さんとコミュニケーションを取りながら、退院した後も患者さんが継続して自宅で取り組めるように生活の調整が求められます。

 

時には、糖尿病認定看護師が中心となって、糖尿病の患者さんを集めた教室を開催し、インスリンの自己注射や自己血糖測定ができるように指導や教育も行っていきます。

 

患者さんのやる気を上手く引き出してあげながら、生活指導していく力が看護師には求められます。

 

内分・泌代謝内科で働くメリット

 

患者さんに向き合った看護ができる

 

内分・代謝内科の患者さんは長期入院の方も多く、看護師が1人1人に向き合った看護ができるという点ではやりがいがあります。

 

コミュニケーションを取りながら、患者さんとの信頼関係を築き、生活指導をしていく能力が磨くことができます。

 

看護師の残業が少ない傾向にある

 

糖尿病はインスリンが不足すれば、慢性的な高血糖症となり、場合によっては失明や腎不全などの合併症を引き起こすこともあります。

 

とはいえ、患者さんの管理や投薬治療、生活指導を行っている間は、頻繁に急変が起こるようなことはあまりありません。

 

そのため、看護師の残業自体も少ない傾向にあるのが特徴です。

 

糖尿病について学ぶことでスキルアップにつながる

 

糖尿病は、生活習慣病の一つとされていて、今後もその患者数は増えていくものと言われています。

 

内分泌・代謝内科で糖尿病について学ぶことで、必要とされていく看護を学ぶことができ、糖尿病内科や透析といった分野でもその知識を役立たせることができるので転職には有利です。

 

意欲のあるなら、糖尿病認定看護師を目指すことでスキルアップもしていくことができます。

 

内分泌・代謝内科で働くデメリット

 

患者さんの指導がうまくいくとは限らない

 

患者さんは治療のために、食事制限を受けています。

 

そのため、イライラしていたりストレスが溜まっていることもあるので、看護師にぶつけてくるような患者さんも中にはいることでしょう。

 

また、自宅でも継続的に自己管理ができるように指導は行うものの、すべての患者さんが素直に聞き入れてくれるということもありません。

 

退院したものの結局悪化して出戻ってくるようなこともあるので、根気強い指導を続けていかなければいけません。

 

コミュニケーションを取ることが苦手な人には苦痛になる

 

患者さんへの指導を日頃から取っていかなければいけないので、普段からあまりコミュニケーションを取るのが好きではない人にとっては、難しい環境かもしれません。

 

 

いかがでしたか?

 

どこの科で働くにしても、メリット・デメリットは必ずあります。

 

内分泌・代謝内科は、比較的落ち着いている部署ではあるので、慌ただしい雰囲気の中で仕事をしたくない方にとってはいいかもしれませんね。

 

 

内分泌・代謝内科に興味があってもっと詳しく知りたい!という方には、看護師の転職サイトの利用がオススメです。

 

新人看護師,内分泌代謝内科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>内分泌・代謝内科の求人を看護師の転職サイトで探す

 

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師が押さえておきたい循環器内科の仕事内容と循環器を学ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。デメリットも理解した上で転職しなければギャップを感じてしまうこともありますよ。
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
小児科
新人看護師が小児科で働くときに知っておきたい小児科の特徴やメリット・デメリットについて押さえておきましょう。ただ単純に子どもが好き!だけでは務まらない!?は本当なのでしょうか?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方や産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをする!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師で配属された場所がオペ室だったり、オペ室への転職を考えている方のために、メリット・デメリットについてまとめてみました。オペ室の看護師の仕事は奥が深い!単純に機械を覚えるだけでもありません。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先