新人看護師が精神科に転職するメリット・デメリット

新人看護師が精神科に転職するメリット・デメリット

新人看護師が精神科に転職するメリット・デメリット

 

精神科で働くことに興味があるけれど実際にどうななのかな?と気になっている方もいるかもしれませんね。

 

まだ精神科で働いたことがない看護師にとってみれば、看護師の仕事内容についてもよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

新人看護師,精神科

 

ここでは新人看護師が精神科へ転職した場合のメリット・デメリットについて押さえていきましょう。

 

精神科は一般科に比べてれば楽だと考えられている方も多いのですが、安易に転職してしまうことでギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。

 

メリットだけではなくてデメリットになる点についてもしっかりと押さえておきまそう。

 

精神科で働く看護師の仕事内容って?

 

まずは、精神科で働く看護師の仕事についてみていきましょう。

 

精神科は、うつ病や認知症、統合失調症といった心の疾患を治療するための診療科です。

 

精神科でも慢性期の病棟であれば、10年、20年以上にわたって入院生活を続けている患者さんもいるほどです。

 

一般科と同じように、診察介助、患者さんの観察、医療処置、患者さんへの指導やそのご家族への説明、患者さんの身体管理なども行いますが、精神科では、薬物療法が中心となることがほとんどです。

 

そのため、看護師としてしっかりとした服薬管理も大切になってきます。

 

精神的に不安定な状態にある患者さんとコミュニケーションを取りながら寄り添い、精神的なバランスを保てるように日常生活の援助を行うことが看護師としての大切な役割です。

 

 

ただ、精神科といっても精神科の専門病院であれば、スーパー救急病棟、開放病棟、慢性期病棟など様々な病棟に分かれているところもあります。

 

最近では、慢性期病棟で長期入院している精神科の患者さんの高齢化が進んでいることもあって、看護師が力仕事や介護的な仕事もしなければいけないことが多くなってきているようですね。

 

また、高齢化にともなって認知症が進んでいるというケースも増えています。

 

そのため、看護師は患者さんの体力や思考力の低下を防ぐための計画を作業療法士と共に考えたりといったこともしています。

 

また、力が必要な介護的な仕事も増えていることから、精神科での男性看護師の需要も拡大していて積極的に採用もされています。

 

精神科病院によっては、看護師の世界では珍しく男性が師長をしているというような病院もありますよ。

 

 

では、精神科へまだ経験の浅い新人(第二新卒)の看護師が転職するメリット・デメリットはどんなことがあるのでしょうか?

 

メリット

 

患者さんの退院後を見通した関わりがやりがいに

 

コミュニケーションを通して患者さんの不安な気持ちに気付いたり、いかに気持ちを汲み取るかということも看護師の大事な役目です。

 

精神的なサポートを通して、患者さんと上手く関わりを持つことができることがやりがいにつながります。

 

比較的落ち着いていて体力的にも精神的にも楽に働ける

 

自立しているような患者さんが多い病棟であれば、介助が必要な患者さんも少なく体力的にも楽に働くことができます。

 

また、一般科に比べれば、やはり落ち着いた環境の中で働けるので一般病棟とは全く違うゆっったりとした時間が流れています。

 

常に、慌ただしく緊張感を持って働くことが苦手な看護師にとっては、精神的にも働きやすい環境があるでしょう。

 

また、命にすぐに直結するような急変などもほとんどないことから、精神的にも命を預かるというプレッシャーが少なくすみます。

 

一般科と変わらないくらいの給与をもらえる

 

精神科の看護師は給料が安い?と思われている方もいるのですが、実はそれほど一般科とも変わりはありません。

 

病院病棟であれば精神科は夜勤もあるので、一般病棟とさほど変わらない給与をもらえることがほとんどです。

 

精神科ナースとしての手当てが付く場合もあり、通常よりも多くなるケースもあります。

 

残業が少なめで長く働きやすい

 

精神科は一般科に比べて落ち着いているので、急変対応などもほとんどなく残業時間が比較的少ない傾向にあります。

 

残業が少なめなことで、プライベートが充実させやすくなりますよ。

 

精神科では、一般科に比べて長く在籍して働く看護師も多く、長い方だと5年、10年と働き続けています。

 

それだけ、仕事とプライベートの両立がしやすい環境があるのでしょう。

 

デメリット

 

では、新人看護師が精神科で働くデメリットには何があるのでしょうか?

 

看護師としてのスキルアップが難しい

 

精神科では基本的にコミュニケーションを通して患者さんと関わったり、薬を使って普段と変わらないような日常生活を送ってもらえるように援助していくことが役割です。

 

そのため、医療処置といったことをする機会がなく、看護技術を向上させることはできません。

 

新人看護師として精神科に配属されたことによって、一般科で学ぶような基本的な看護技術も学べないので中には焦りを感じてしまう人もいるほどです。

 

これから精神科への転職を考えるのであれば、本当に今のタイミングで精神科へ転職してもいいのかどうかということをよく考える必要がありますよ。

 

精神科の慢性期病棟は介助が多く体力を使う

 

ひと昔前までは、精神科の慢性期病棟は楽だと言われていたのですが、最近では高齢化にともなって、長期入院している患者さんでも高齢者が多くなってしまいADLが落ちている人が多くいるようになっています。
そのため、全介助や半介助が必要な方が増えたり、認知症になっている人も増えています。

 

看護師が食事や排泄、入浴での介助をしなければいけないこともあり体力を使う仕事も増えています。

 

精神的にストレスがかかることもある

 

精神科は心の患者さんの心のケアを行う中で、看護師が患者さんの話を聞いているうちに自分も引き込まれてしまうこともあります。

 

また、精神的に病んでしまっている患者さんから暴言を吐かれて傷ついてしまうことがあれば、あなた自身が精神的に疲れてしまうこともあるかもしれません。

 

精神科で働く場合には、仕事は仕事として捉えて、仕事とプライベートをはっきりと割り切って働ける看護師が向いています。

 

心を柔軟に切り替えられる人の方が精神科では働きやすいですよ。

 

スーパー救急病棟は楽ではない

 

24時間患者さんの受け入れをしているようなスーパー救急では、精神的に錯乱状態にある症状が激しい患者さんも入院してくることがあります。

 

力を使って時には患者さんの身動きができないように押さえつけたりといったことも必要になることがあります。

 

救急に特化した精神科病院であれば、入院も多いのでそれなり忙しくなることも多いですよ。

 

 

新人看護師として精神科へ転職したいならどうする?

 

精神科看護に興味があるという方は、まずはデメリットになる部分もしっかり押さえた上で転職するようにしましょう。

 

この先も本当にずっと精神科ナースとして続けていきたいかどうかというところまでよく考える必要があります。

 

将来的に一般科に戻ることを考えているのであれば、年齢を重ねてしまった分、あとあと辛かったり大変になってしまいますよね。

 

だからこそ、本当に今のタイミングでいいのかどうかをよく考えて結論を出してみるといいですよ。

 

 

精神科は、仕事よりもプライベートの時間も大切にして働きたいと考えている看護師にとって働きやすい環境があります。

 

腰を据えて一つのところで働き続けたいと考えている看護師にとっては、働きやすい良い環境は十分あります。

 

 

精神科の病院の中でもどんな病院が自分に合うのか探したい方は、看護師の転職サイトを利用すれば効率的です。

 

新人看護師,精神科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができ、コンサルタントがあなたに合った病院を探し出してくれます。

 

事前に病院の情報がもらえたり、必要であれば、あなたが希望する配属先の交渉も行ってもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>精神科のある病院を看護師の転職サイトで探す

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師が押さえておきたい循環器内科の仕事内容と循環器を学ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。デメリットも理解した上で転職しなければギャップを感じてしまうこともありますよ。
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
小児科
新人看護師が小児科で働くときに知っておきたい小児科の特徴やメリット・デメリットについて押さえておきましょう。ただ単純に子どもが好き!だけでは務まらない!?は本当なのでしょうか?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方や産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをする!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師で配属された場所がオペ室だったり、オペ室への転職を考えている方のために、メリット・デメリットについてまとめてみました。オペ室の看護師の仕事は奥が深い!単純に機械を覚えるだけでもありません。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先