新人看護師はパート・アルバイトとして転職できる?3つの注意点

新人看護師はパート・アルバイトとして転職できる?3つの注意点

新人看護師はパート・アルバイトとして転職できる?3つの注意点

 

新人看護師として常勤からパートやアルバイトに働き方を変えて転職したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

新人看護師,パート,アルバイト

 

どんな理由で新人看護師がパート・アルバイトを選択して働くのかというと、

 

  • 新卒看護師として常勤交代勤務で働いていたけれど、とてもじゃないけれど家庭と両立することができない・・・
  •  

  • 体調を壊してしいるため、パート・アルバイトとしてなるべく負担をかけずに働きたい・・・
  •  

  • 体調を壊して求職していたが、パートやアルバイトから復帰して働きたい・・・
  •  

  • プライベートに重きを置きたい為、日勤のみのパートやアルバイトで生活をしていきたい・・・
  •  

  • 看護師以外にほかにやりたいことがあるので、そのために時間を割きたいからパート・アルバイトで働きたい

 

こうした様々な理由から、パートやアルバイトに働き方をシフトさせています。

 

今は様々な働き方ができる時代ですから、看護師だからといって常勤だけで働くことがすべてではありませんよね。

 

何かしら理由があって自分自身でパートやアルバイという働き方を選ぶことも選択肢の一つです!

 

 

看護師としてパートやアルバイトで働く場合でも十分生計が成り立つ!

 

看護師のパート・アルバイトの平均時給も都会であれば、時給2000円以上になるところも多いです。

 

そのため、仮にあなたが看護師として時給2000円のパート・アルバイトで、

 

一日6時間勤務で週4日働いた場合では、月に192,000円です。

 

一日8時間勤務で週4日働いた場合では、月に256,000円です。

 

家庭のある方で旦那さんのサブであなたが働いている場合には、週4日でも十分な稼ぎになりますし、独身の場合でも一日8時間働けば月に25万以上を稼ぐことができるので生活が成り立ちます。

 

こう考えると、時給も高く働ける看護師は、パートやアルバイトで働く方がメリットが大きいと感じる方もとても多いんですよね。

 

だからこそ、子供が小さいうちは看護師としてパートやアルバイトでむしろ働きたい!と望む看護師の方がとても多くなってくるのです。

 

新人看護師,パート,アルバイト

 

常勤看護師であれば、早朝の情報収集のために30分から1時間も前に行くのは当たり前ですし、休みの日でも何かと研修などに出席しなければならない為に出勤になることも多くなります。

 

一方、パートやアルバイトであれば、それなりに休みの融通もきいてもらえて研修にも参加する必要がないことの方が多くなります。

 

もちろん、賞与や退職金がないといったデメリットもありますが、それ以上にメリットも大きくなります。

 

あなたが今何を優先して働きたいのかによって、看護師としてパート・アルバイトで働くことも

 

新人看護師がパート・アルバイトとして転職する場合の注意点

 

ただ、まだ即戦力とまではいかない新人看護師がパート・アルバイトで転職する場合、注意したいこともあるので押さえておきましょう。

 

経験の浅い第二新卒の看護師でも可能な求人を選ぶ

 

新人看護師としてまだ経験が3年未満の場合であれば、第二新卒の看護師としての転職になってきます。

 

まだ一人前として即戦力としては見られないので、まずは自分の希望している求人先が第二新卒の看護師でも働くことができるのかということを確認する必要が出てきます。

 

パート・アルバイトの求人を出している医療機関の多くは、すぐにでも働けるような即戦力の看護師を求めているところがほとんどなので気を付けましょう。

 

即戦力でしか働けないような職場であれば、パート・アルバイトとしてあなたが働き始めてもなかなか指導体制もなくて苦労してしまうことになります。

 

パート・アルバイトだからといって適当に選ぶのではなく、自分の今のスキルでどこまでできるのか、どれくらい教えてもらえるのか、プリセプターはつくのかといったことは事前に確認しましょう。

 

パート・アルバイトでも常勤のように扱われることも!?

 

せっかく休みの融通をつけたり、残業なく帰れるところに魅力を感じてパート・アルバイトを選択したのにも関わらず、常勤と同じように働かなければいけない職場もあります。

 

シフトの融通を全くきいてもらえなかったり、残業も常勤と同じようにさせられたり、休みの日の研修まで参加させられるというような現場もあるのです。

 

こうした職場では、主に常勤の看護師の人数が不足していて、パート・アルバイトでなんとか仕事が回っているというような状態の職場です。

 

あなたがパート・アルバイトでも残業もOK!研修参加もOK!休みもいつでもいい!というのであればいいのですが、そうではないのであれば、十分に注意して転職先を選ばなければいけません。

 

パート・アルバイト求人はすぐに埋まるので即動く!

 

看護師のパート・アルバイトの求人は、良い求人であればあるほどすぐに採用枠が埋まります。

 

人気のある日勤のみで高時給の求人は、特に多くの看護師からの応募が殺到してしまうこともあります。

 

そのため、自分がいいな!と思う求人に出会えたら、まずは、コンサルタントから情報を聞いてすぐにアクションを起こすことをおすすめします。

 

タッチの差で別の看護師に取られてしまうことのないようにしてくださいね!

 

 

 

新人看護師がパート・アルバイトで働きたいと考えている方は、条件さえ合えばどこでもいい!というのではなくて、上記の3つの注意点を押さえて転職先を選びましょう。

 

まずは、転職サイトのコンサルタントにあなたの譲れない希望条件を伝えておき、それに合った求人があるかどうか探してもらいましょう!

 

 

 

看護師の転職サイトもたくさんありますが、転職サイトによっては、常勤しか転職サポートをしていないところもあるので注意が必要です。

 

全国対応でパート・アルバイトの求人が多く、転職サポートも常勤と変わらず徹底してくれる転職サイトはこちら、

ナースではたらこ

 

新人看護師,パート,アルバイト

 

全国対応で非常勤での転職サポートも徹底サポート


「ナースではたらこ」は全国対応で常勤だけでなく非常勤の転職サポートも充実しています。他のサイトにはない非常勤求人が豊富にあるので、希望している求人がなくて困っている方でも見つかりやすいです。

 

非公開求人が多数!


サイトに登録して初めて紹介してもらえる特別な非公開求人も多数あるのが特徴です。人気のあるクリニックや外来求人なども豊富です。

 

>>>ナースではたらこでパート・アルバイト求人を紹介してもらう

 

(※クリック後、30秒で登録完了)

 

 

よく読まれる記事

派遣で働くメリット・デメリット
好きな時に好きな分だけ働きたい!新人看護師で派遣として働くことはできるの?派遣として働ける職場や、新人看護師が派遣として働くメリット・デメリットについてご紹介します。
離島でのんびり働く方法
都会に疲れた…、毎日の満員電車にも疲れた…、都会から離れて離島でのんびり働きたい!離島応援ナースとして働けば、海や緑に囲まれた環境で働きながら住むということが可能です。新人看護師が離島で働く方法は?
非常勤で働くメリット・デメリット
新人看護師が非常勤という働き方を選択する理由にはどんなことあるの?非常勤で働くメリットやデメリットについてや、非常勤の求人探しのコツについて具体的に押さえておきましょう!
日勤常勤求人の見つけ方
新人看護師が日勤のみで働きたい場合、求人はすぐに見つかるの?日勤常勤求人は少ない傾向にあるので、新人看護師は不利になりがち!でも、裏技的な方法で日勤常勤求人の見つけ方があります。
夜勤専従のメリット・デメリット
新人看護師も知っておいて損はない「夜勤専従」という看護師の働き方とは!?夜勤バイトや夜勤専従の常勤ナースとして働くメリット・デメリットについて。給料面や仕事の面からまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先