過緊張で注射や採血で手が震える・・・

過緊張で手が震える・・・

過緊張で注射や採血で手が震える・・・

採血や注射で緊張しすぎるあまりに手が震えてしまう・・・と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

新人看護師,過緊張,採血,注射,手の震え

 

患者さんに手が震えているのを見られて、患者さんが不安に思っているのではないかと思ったり、細い血管で入れにくそうと思えば思うほど、緊張状態に陥って手が震えてしまう方も多いようですね。

 

これは、新人看護師だけではなく、経験のある看護師でも突然、精神的なストレスなどから手の震えが始まることがあるようです。

 

手の震えで悩むあまりに、さらに過緊張状態になってしまい悪循環となっている方も多いですね。

 

あまりに手が震えてしまうと、患者さんに不安を与えるのではないかと余計にドキドキしてしまいますよね。

 

そんな過緊張による手の震えで悩まされ続けてきた看護師さん達がどのように克服していったのか、克服方法につてまとめていました。

 

深呼吸と自己暗示

注射や採血をする前に、まずは大きく深呼吸をしてみましょう。

 

その後、自分には「絶対にできる、できる、できる、できる。」と、何度も何度も言い聞かせてあげることで、自分自身が落ち着いていくはずです。

 

患者さんに横を向いてもらう

患者さんに採血の間、見つめられていることによってプレッシャーに感じて緊張してしまう方は、患者さんに「チクッ」とするので見ないように横を向いてもらうようにしましょう。

 

横を向いてもらうことで、視線を感じなくて済むので比較的に楽になりますよ。

 

周りの先輩看護師に相談してみる

職場の誰かに手の震えについての悩みを打ち明けてみましょう。

 

同じ職場の人に悩みを聞いてもらったことで、少し安心できたり楽になったりすることもあるはずです。

 

失敗したら代わってもらおうと思うこと

絶対に自分が入れなければいけないと思い込みすぎないことも大切です。

 

もし失敗したらあの先輩に代わってもらおうと予め思っておくことで、プレッシャーがある程度少なくなるはずです。

 

細い血管や入れにくい血管は、経験豊富な看護師に任せましょう。

 

新人の間は回数をこなす

新人看護師の間は、まだ慣れていないから不安があがって震えてしまっていることも多いです。

 

先輩や同僚の腕を借りて練習をしてみたりすることで、徐々に慣れていけば自信も持てるはずです。

 

手が震える間は、ある程度慣れるのにも時間はかかりますから、回数をこなせば大丈夫!と思うようにしておきましょう。

 

 

 

こうした過緊張にならないようにいろいろ工夫してみたものの、手が震えが続いているような方もいるかもしれませんね。

 

あまりに手の震えが気になって、業務に支障をきたしてしまっているようなら、一度、心療内科を受診してみましょう。

 

過度な職場のストレスなどから過緊張や手の震えとなって表れている場合もあります。

 

医師から処方されたデパスをしばらく飲んで、手の震えを調整しているというような方も多いですよ。

 

 


人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先