看護師の面接は逆質問が効果的!【※採用率アップのための逆質問】

看護師の面接は逆質問が効果的!【※採用率アップのための逆質問】

看護師の面接は逆質問が効果的!【※採用率アップのための逆質問】

 

看護師の免許さえあればどこでも受かる・・・という時代は既に終わろうとしています。

 

結局、採用してもすぐに辞めてしまうような人物であれば、医療機関側も採用をしたくない・・・というのが本音です。

 

看護師,面接,逆質問

 

だからこそ、看護師の面接もある程度の事前対策が必要になってきているのがここ最近です。

 

面接での逆質問が効果的なのはなぜ?

 

面接で採用率を少しでも上げたい!という方は、一番簡単な方法があります。

 

それは、面接で逆質問をすることです!

 

たったそれだけで、面接でのあなたの印象はグン!とアップするので採用率も高まりますよ。

 

面接で採用する側から何か質問はありますか?と聞かれたならそれは、あなたにとっての大チャンス!

 

たとえ聞かれなかったとした場合でも、積極的に面接で逆質問してみるのがおススメですね。

 

なぜなら、積極的に面接を受けている病院について質問することで、採用側に本気で働きたいんだな・・・という思いが伝わるからです。

 

質問も何もない人よりも、積極的に質問をして職場のことについて理解しようとしてくれる人の方が断然一緒に働きたいと思いますよね。

 

採用率アップのための逆質問ってどんな質問がいい?

 

では、一体どんな逆質問をすればいいのでしょうか?

 

もちろん、あなた自身が本当に気になっていることを聞く!というのが当然ですが、転職後にあなたが働くイメージができるような質問がベストです。

 

例えば、

 

  • どんな患者さんが多いのでしょうか?オペはどのくらいの件数なんでしょうか?
  • もし採用されたのであれば、配属先はどの部署になるのでしょうか?
  • もし採用されたのであれば、いつから働くことができるのでしょうか?
  • 中途入職の看護師に対して、どのような教育体制があるのでしょうか? etc

 

こうした質問は、前向きな質問なのであなたが働きたいという良いイメージが伝わるのでおすすめです。

 

でも、本当はもう少し突っ込んだことも聞きたいということもありますよね。

 

  • 有給休暇は消化できているの?
  • 退職金制度はあるの?
  • 残業時間はどれくらいなの?
  • 休み希望はどれくらい通るの? etc

 

本当は聞きたくても聞きにくいというような質問であれば、その時の聞き方にちょっとしたコツがあります。

 

それは、「長く腰を据えて働き続けたいと思っているのでお尋ねしたいのですが・・・」と前につけることです。

 

これだけで、ちょっと聞きにくい質問や採用側にとって必ずしも答えたいといった質問ではない場合でも印象自体がよくなりますよ。

 

これから面接を控えているという方は、積極的に逆質問をしてあなたの印象をあげてみてくださいね。

 

必ずあなたの採用率もアップすることは間違いないですよ。

 

転職の面接対策が心配・・・という方へ

 

  • 面接でいつも緊張してしまい自分が出せない・・・
  • 面接でどう答えていいのか分からない・・・

 

と面接対策に不安があるなら、看護師の転職サイトがおススメですよ。

 

看護師,面接,逆質問

 

転職サイトのコンサルタントを付けての転職であれば、事前に面接対策をしてもらえるので本番で緊張する心配もいりません。

 

当日の面接でコンサルタントがあなたと一緒に同席できる場合も多くあり、そのような場合にはコンサルタントがフォローしてくれることも可能です。

 

少しでも不安な方や採用率を上げたいという方はぜひ相談してみてくださいね。

 

>>>看護師の転職サイトを使って面接対策をお願いしてみる

 

 

よく読まれる記事

使える退職理由まとめ
新人看護師が人間関係、パワハラ、長時間労働、早期退職…様々な理由で辞めた場合、転職時の面接で退職理由をどのように伝えればいいのでしょうか?使える例文集をまとめてみたので、チェックしてみよう!
志望動機
新人看護師が転職時に今すぐ使える志望動機の例文を集めています。経験でどうしても不利になってしまう新人看護師や第二新卒の看護師は、事前の履歴書や面接対策が必要不可欠です!

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先