30代後半の新人看護師の転職で気を付けたいこと

30代後半の新人看護師の転職で気を付けたいこと

30代後半の新人看護師の転職で気を付けたいこと

 

30代後半の新人看護師さんで、辞めたい・・・と転職を考えているという方に、30代後半の新人看護師が転職で気をつけたいポイントについてまとめてみました。

 

新人看護師,30代後半,転職

 

安易に考えて転職してしまうと、すぐに辞めてしまうということもにもなってしまうので、30代後半での転職は慎重にいきましょう。

 

30代後半の新人看護師の転職は40代を見据える?

 

あなたが、30代後半の看護師なのであれば、必ず40代になったことも考えて転職が必要です。

 

なぜなら経験豊富な看護師であっても、40代ともなれば体力的にきつく急性期がついていけなくなってきたりする方が増えてきます。

 

今はまだまだバリバリ働けているので、急性期で頑張れる、むしろ新人だから頑張りたい!という方も多いと思いますが、実際には40代になれば急性期から回復期や慢性期、あるいは介護施設に移る人も多いという現実にも目を向けておく必要がありそうです。

 

また、夜勤に入るのは20、30代が限界だと言われることもあり、40代になれば夜勤を辞めるという選択をするような人もいます。

 

 

だからこそ、あなたが今30代後半の新人看護師であるのであれば、40代のことも考えて長く働き続けられるかどうかを考えての転職が大切です。

 

新人看護師,30代後半,転職

 

現時点では、たとえ短期間で看護師を辞めたとしても、看護師の免許さえあれば必ず次の転職先は見つかります。

 

でも、今後様々な国の施策によって病院での看護師の人数が今までのように必要なくなってきたり、看護師の人数自体が増えてくる可能性があります。

 

※詳しいことは、こちらのページ 看護師は将来充足するのか!? で書いています。

 

そうなれば、今まで以上に年齢や経験の浅さというところが不利になってしまうということがあります。

 

経験がある看護師が欲しい、20代、30代の若い看護師がほしい、あるいは、今すぐ即戦力になるような経験のある看護師しか採用しないというような状況が来る可能性もあります。

 

もちろん、いま30代なのであれば、引く手あまたです。

 

でも、あまりに短期間で転職を繰り返してしまっていては、今後、病院側が看護師を選べる時代になり、条件の良いところへの転職がなかなか厳しくなってしまうというようなことも考えられるでしょう。

 

だからこそ、経験の浅い新人看護師の30代後半での転職は、40代も見据えて長く働き続けることができるかどうかの目線で転職をするのが望ましいのです。

 

 

 

もちろん、今のうちに、急性期での経験をしっかり付けておくということも大切ですし、40代を見据えて長く働き続けられるような職場へ転職するという視点も大切です。

 

30代後半の転職でどんな職場が自分にとって適正か分からないという方には、看護師の転職サイトがオススメです。

 

新人看護師,30代後半,転職

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽にコンサルタントに相談ができます。

 

必要であれば、自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

 

 

よく読まれる記事

プライドが耐えられない!
10以上年下の先輩看護師に、毎日厳しくため口で指導を受けたり、怒られたり、時には陰口を言われたりしてプライドが傷ついていませんか?30代新人看護師にとって、もうプライドが耐えられない!という瞬間はよくあることです。
家庭との両立ができない・・・
30代の新人看護師さんの多くは、看護師の仕事と家庭との両立ができなくて悩んでいます。家庭との両立がもう限界だ…と思ったら、あなたが本当に大切にしたいものを見つめなおすチャンスと捉えてみてはいかがですか?家庭と両立しながら看護師を続けるにはどうすればいいのか?

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先