家庭との両立ができない・・・ - 30代新人看護師の悩み

家庭との両立ができない・・・ - 30代新人看護師の悩み

家庭との両立ができない・・・30代新人看護師の悩み

 

「家庭との両立ができない…」と悩んでいませんか?

 

新人看護師,30代,家庭との両立

 

30代の新人看護師さ家庭のある看護師さんの中には、家庭との両立ができない・・・と悩みを抱えている方が少なくありません。

 

病院勤務がどれだけ辛くても、家に帰れば旦那さんの為にごはんを作ったり、掃除をしたり家事をしなければいけません。

 

子どもがいればなおさら忙しくて、自分の時間なんてないという方も多いでしょう。

 

本当は、自分の時間があれば、今日の振り返りをして分からなかったことを調べたりしたいのに、そんな時間は当然なく家事をして寝るだけで精一杯な方がほとんどです。

 

急性期では家庭との両立が特につらい?

 

特に、新人看護師で急性期病院に勤めている方にとっては、日勤が終わって残業をして家に帰れば夜の21時や22時になっている方もいるので、そこから家事をして育児をしてというのは本当に大変です。

 

だから、家庭のことは後回しで、毎日出来合いのご飯を買って帰ったり、洗濯物も休日にまとめて洗ったり、時短、時短でなんとか毎日を乗り切っているという方も多いでしょう。

 

 

また、新人看護師で夜勤を入るようになれば、不規則な生活から子どもや旦那さんとすれ違って、顔を合わす時間もなかなか持てずに悩む方もいるほどです。

 

中には、旦那さんからもう少し家事をやってほしいとか、家庭のことを考えてほしいなどと言われて、口論になってしまったり夫婦仲が悪くなったりする方もいるほどです。

 

 

新人看護師は、自己学習をしたりその日の復習や次の日の予習、課題が出されれば調べものをしてレポートを書いたりと勉強の時間も取らなければいけません。

 

もう、余裕なんて言葉は皆無で、この生活をいつまで続ければいいのか…途方に暮れてしまう方もいるかもしれませんね。

 

家庭との両立がなかなか難しくて、この生活をなんとか変えたい!という新人看護師さんも、転職サイトのコンサルタント相談に来られる方の中では実はとても多いんです。

 

 

あなたは家庭を優先したい?仕事を優先したい?

 

新人看護師として急性期でデビューをしたのであれば、仕事を優先に考えられる人でないとついていくことはなかなか難しいかもしれません。

 

ある程度、子供が大きかったり、子どもが小さくても旦那さんが子どもの面倒を見てくれたり、両親が近所に住んでいて力を借りれるという方であれば、なんとか続けていくことはできるかもしれません。

 

でも、旦那さんからは仕事に対しての理解がない…、両親からの助けは求められない…となるとこのまま常勤で夜勤も入って急性期病院で働き続けるという生活は、相当な根性も必要です。

 

経験のある看護師であっても、結婚をして子供が小さいうちは、急性期を離れる方がほとんどですから、新人看護師のあなたが苦労するのも無理はありません。

 

 

家庭との両立ができない…と悩んでいるということは、家庭にもっと時間を割きたいと考えているという事の裏返しでもあるでしょう。

 

一度、自分の悩みの根本的な部分について落ち着いて考えてみて、本当に大切にしたいのは何かを明確にしてみるといいですよ。

 

新人看護師,30代,家庭との両立

 

家計年収はどれくらい必要か見直そう

 

家庭のある看護師で、家庭との両立ができない…と悩んでいるなら、家計年収はどれくらい必要かということも改めて見直してみましょう。

 

例えば、旦那さんの収入が生活するだけに十分あるのであれば、今、あなたが家庭をないがしろにしてでも看護師の仕事を常勤交代勤務でする必要はないのかもしれません。

 

でも、生活するには旦那さんの収入だけでは不十分で、自分も常勤で働かなけれれば生活が成り立たないとなると話も変わります。

 

 

後者の方なら、旦那さんと話し合っていかに家事を協力してもらうかや看護師の仕事に対しての理解をしてもらうか話したりする必要があります。

 

でも、旦那さんも忙しくて協力してもらえそうにないという方なら、残業の少ない慢性期病棟で働いたり、あるいは、日勤常勤の仕事に変えるという方法を取るのも選択肢として出てきます。

 

 

家庭を優先したいなら、職場環境や働き方についても見直してみる

 

もしあなたが、家庭にもっと時間を割いて優先して働きたい考えているなら、今すぐ働き方や職場環境の見直しもしてみましょう。

 

場合によっては、夜勤を辞めて日勤常勤で働ける職場へ変えたことによって、随分と生活が整ったという方もいます。

 

 

また、常勤ではなくて非常勤(パート・アルバイト)という働きかたを選択したことによって、うまくバランスを取って働いているという方もいます。

 

お子さんがまだ小さい方などは、非常勤(パート)になることで、責任という意味での負担が比較的少なくなりますし、毎日入るのではなくて週に数日入って残業もなく帰れるので保育園のお迎えにも間に合うからちょうどいいという方もいますよ。

 

 

いずれにしても、あなたにとって何がベストで何が幸せかは、本当にお一人お一人のご家庭の事情で異なります。

 

 

家庭と両立ができる職場や働き方を見直したい方には、看護師の転職サイトがオススメです。

 

新人看護師,30代,家庭との両立

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽にコンサルタントに相談ができます。

 

必要であれば、自分とって働きやすい職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

 

 

 

よく読まれる記事

プライドが耐えられない!
10以上年下の先輩看護師に、毎日厳しくため口で指導を受けたり、怒られたり、時には陰口を言われたりしてプライドが傷ついていませんか?30代新人看護師にとって、もうプライドが耐えられない!という瞬間はよくあることです。
30代後半の転職
30代後半の新人看護師が転職する時には、40代を見据えての転職が必ず必要です。その理由についてや、転職で気を付けておきたい視点についてまとめています。病院側が看護師が選ぶ時代になる前にできること。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先