これって不眠症?新人看護師が不眠症に!

眠れない!不眠症の新人看護師がうまく眠れるコツ10

疲れているのに眠れない…これって不眠症?

最近、なんだか

 

「疲れているのに眠れない」

 

「明日は仕事が早いのに眠れない」

 

新人看護師,不眠症

 

布団に入ってみたけれど、なかなか寝付けなくて気付いたら1時間以上も経っている。

 

眠れて朝になっても浅い睡眠が原因で、疲れが残ったまま…。

 

あー今日はこれから日勤だ…。

 

このように看護師さんの中には、眠れない…不眠症で悩んでいる方も多いのです。

 

不眠症とは、

  • 布団に入っても寝つきが悪くて眠れなかったり、眠れた場合でも途中で起きてしまいその後再び眠ることができない
  • 朝早くに目覚めてしまう
  • 睡眠が浅く、熟睡できている感覚がない

といった、不眠の症状が現れることです。

 

看護師で不眠症に悩まされている方はたくさんいます。

 

不眠の原因は、うつ病などの精神的疾患や、ストレスなどが原因になって不眠症になってしまうことがあるとされています。

 

特に新人看護師の場合は、入職後しばらくすると夜勤に入ることになります。

 

今まで、夜に働くという経験をしたことがない新人看護師さんにとっては、これが精神的にも体力的にもハードですよね。

 

慣れない不規則な夜勤のある生活で自律神経が乱れてしまったり、仕事ができないストレスや人間関係のストレスなどによって不眠症になってしまうケースがあるのです。

 

夜勤で寝る時間が毎日バラバラになってしまうことによって、睡眠の量や質を低下させてしまっているのです。

 

毎日、充分な睡眠が取れていないと頭が一日中ボーっとしたままで、集中力が低下してしまいミスにつながる恐れがあります。

 

だからといって、今日こそは眠ろうとはりきって早めに布団に入って思も、やっぱり眠れない…と繰り返してしまうのです。

 

 

不眠が続く看護師さんの中には、夜に眠れなかったことが原因で、朝方に寝坊をしてしまい寝すぎてしまったりと、不眠と過眠を繰り返してしまい仕事にも影響が出てきて悩んでいる方も多いのです。

 

本人はコントロールができずに悩んでいるにも関わらず、状況が分からない現場の看護師からしてみれば、ただ怠けているだけと捉えられてしまうことになります。

 

あまりにも症状がひどい人の中には、不眠症のお薬、睡眠薬を飲んでコントロールしている方もいらっしゃいますが、同じ眠剤を飲み続けていると抵抗がなくなり、また眠れなくなるというようなことを繰り返してしまっている方もいます。

 

怖いのは、不眠症になると、疲れもしっかりとれないので過労にも繋がっていってしまうこともあるのでとても危険です。

不眠症かんたんセルフチェック

 

最近、疲れているのに寝付けなくて…と、眠れなくて不眠症かな?と思ったら、まずは、不眠症かんたんチェックをしてみましょう。

 

次の項目に当てはまるものがいくつありますか?

 

布団に入ってから30時間以上は眠れないことが多い

 

朝方に思ったよりも早く起きてしまうことが多い

 

寝ていてもトイレで何度も目覚めてしまう

 

朝起きても疲れが取れていないと感じる

 

集中力が持続せず、いつもイライラしがちである

 

睡眠時間が毎日平均すると5時間以下しか取れてない

 

身体が常にだるくて仕事に行きたくない

 

最近、休みの日でも何もやる気が起きない

 

日中、仕事をしている時などに急な眠気に襲われることがある

 

もし、上記のような項目に4〜5個以上当てはまったのであれば、不眠症になる恐れがあるかもしれません。

 

このままこの状態が長く続いてしまうことがないように、うまく眠れるように良質の睡眠を取れるように対策をしていきましょう。

 

ほとんどチェック項目がついてしまった!という方は、もしかすると、既に不眠症になっている可能性も考えられます。

 

気になることがあれば、早期に医師に相談してみることがおすすめです。

良質な睡眠を取るためにうまく眠れるコツ

新人看護師,不眠症

 

うまく眠るようになるためには、寝る前の準備が大切です。

 

とはいっても、あれもこれもしなきゃと考えてしまうと、脳が活発に働いてしまうので、普段、何気なく行動してしまっていることを止めたり、ちょっとしたことをすることでうまく眠れるようにもなります。

 

  • お風呂は、布団に入る時間の約1時間くらい前が理想です。あまりに早く入ってしまうと逆に身体が目覚めてしまうことがあります。お風呂の湯船でしっかり身体を温めて、ゆっくり30分くらいの入浴がおすすめです。
  •  

  • 眠る直前まで、テレビを見ていたり、パソコンを付けたり、スマホ画面をブルーライトを浴びるのはやめましょう。副交感神経を刺激してしまい、脳が活発にな働いてしまう原因になるので睡眠を妨げてしまいます。
  •  

  • お風呂から上がったら、できるだけ、部屋を暗くして過ごすようにしましょう。蛍光灯のようような明るさよりも、間接照明などの暗めの光に夜だけ切り替えるのもいいですね。
  •  

  • 休日に寝だめをしようと思ってたっぷり昼寝をしない。もしお、昼寝をする場合でも20分程度の短い時間にとどめるようにするのがベストです。
  •  

  • 夕食は寝る2時間くらい前には食べるようにしましょう。直前に食べてしまうと目が覚めてしまうことになりますよ。
  •  

  • 朝起きたら、部屋のカーテンを開けて外の光をできるだけ浴びるようにしてください。脳や身体に朝が来た!と覚えさせます。
  •  

  • コーヒーにはカフェインが含まれているので控えましょう。意外と思われるような、緑茶、抹茶、紅茶にもカフェインが含まれているので気を付けてくださいね。寝る前にはノンカフェインのものや白湯を飲むと寝つきがよくなりますよ。
  •  

  • 身体を締め付けないゆったりとした寝具を着るように心がけましょう。締め付ける寝具は、呼吸を乱したり、身体を冷やしてしまうこともありますよ。
  •  

  • 眠る前に軽いストレッチを取り入れてみるのもおすすめです。筋力を使う腹筋などをするとかえって、脳と身体が起きてしまいますから、軽めのストレッチ程度が寝る前には効果的です。
  •  

  • 根本的なストレスの原因を改善する。仕事のことが気になって不眠に悩まされているという方は、ストレスのない職場に変えて働く必要があるかもしれません。

以上のように、脳を刺激するような事は避け、できるだけリラックスをするようにして布団に入るようにしましょう。

 

続いて、夜勤明けに良質な睡眠をとりたい…、夜勤明けに良質な睡眠をとるためのうまく眠れる方法です。

 

  • 夜勤が終わった後は、太陽の光をできるだけ浴びないように気を付けましょう。
  • 部屋に外の光を入れないように、遮光カーテンなどを利用して暗めに保ちます。
  • 30分くらいの入浴をして夜と同じように気持ちよく眠るようにしましょう。

 

それでも、夜勤明けで興奮してしまい、眠れない方もいますよね。

 

夜勤明けで疲れているけれど眠れないといった場合には、身体を休めるためにも横になってゆっくりしておくだけで十分です。

 

無理に眠ろうと思って焦る必要はありませんよ。

 

休日で睡眠のタイミングを整えることができれば、また普段の生活に戻せるようになるはずです。

 

 

 

不眠症で毎日が辛いと感じている方へ

 

どんなに対策をしても毎日が辛いと感じているなら、一度、夜勤のある生活から離れてみてもいいのではないでしょうか?

 

  • クリニック
  • オペ室
  • 介護施設
  • 美容外科
  • 病棟日勤
  • 透析室
  • 外来  etc

 

看護師として働ける職場は、交代勤務だけではありませんよ。

 

夜勤のない日勤だけで働ける職場を探しているなら、看護師の転職サイトがオススメです。

 

新人看護師,不眠症

 

転職サイトでは、転職することにまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全です。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)看護師が働ける日勤のみの求人を転職サイトで探す

 


よく読まれる記事

熱を出した時に休む基準
看護師だって突然、熱を出すことだってあるんです!!仕事に穴を空けてはいけないと無理して倒れてしまっては、結局周りの人に迷惑をかけてしまうということもあります。では、熱がある場合に何度以上の熱があれば、休んでもいいの?
吐き気がする
新人看護師が朝起きた瞬間や、病院のことを考えるだけで、ひどい吐き気に襲われるということがあります。吐き気の原因とは!?知らず知らずのうちに、仕事でストレスをため込んでしまっているかもしれません。
胃痛になる
毎日、病院に行くのが辛くて胃が痛くなってしまっている方はいませんか?胃痛の原因はストレスから?ストレスからくる胃痛は放っておくと、病気に繋がることもあります。そのストレスの原因はどこからきているのでしょうか?
貧血
看護師の仕事をしながら、フラフラしてめまいや立ちくらみがある。動悸や息切れで苦しい。疲労感がある…。こんな貧血の症状で悩まされている方へ。貧血の原因と忙しい看護師でもできる治し方。
頭痛
疲れて家に帰ったらほっとして頭痛に!?看護師の仕事をしている最中でもズキンズキンと激しい頭痛に襲われることがある!?頭痛に悩む新人看護師さんへ【自分でできる頭痛の対処法】
生理がこない・・・
あまりの忙しさで、ふと気付けば2カ月、3カ月以上生理が来ていない…。そんな新人看護師さんの切実な悩みを解決するには?
腰痛
患者さんの体交やトランスファーで初めて腰痛になる看護師が大勢います。でも実は、重い物を持つだけが腰痛の原因ではないことが分かってきました。腰痛の原因と改善させる3つの方法とは!?
ヘルニア
腰にピキッ!!と激痛が…!!椎間板ヘルニアになった新人看護師でも復帰できる職場ってあるのでしょうか?腰に負担をかけたくない!だからといって、経験もない…。その中でもできることを探していこう。
自立神経失調症
新人看護師の体調の乱れは自立神経が原因かも?最近やる気がなかったり、めまいや下痢、胃痛…などがあるのは、自立神経の乱れが原因かもしれません。自律神経失調症の原因や症状とは?
動悸
病院のことを考えるだけで胸がドキドキ…動悸が止まらない…と悩んでいる新人看護師さんへ。動悸が止まらない時は、職場で受けるストレスが原因では?動悸の原因と対処法についてまとめています。
適応障害
ストレス原因がはっきりしている新人看護師の適応障害の症状って?適応障害の症状と解決策とは!?原因から離れれば本当に改善される?自分に合った職場を見つけるために。
うつ病
新人看護師さんがうつ病を発症してしまうケースが増えています。毎日、病院のことを考える度に胸が苦しくなったり、やる気がなくなったり、涙が溢れてくるならうつ病かもしれません。うつ病になった新人看護師の取るべき行動とは!?
不安障害・パニック障害
激しい動悸やめまい、過呼吸で仕事が手につかない!?もしかしたら不安障害かもしれない!?看護師の不安障害やパニック障害の症状について。発作に悩む看護師さんへのアドバイス。
過呼吸
職場のストレスによって過呼吸を繰り返していませんか?過呼吸に悩む新人看護師も少なくありません。身体が悲鳴を上げているサインかもしれません。一度でも過呼吸を経験したことがある人は、何が原因になっているのか調べて早めの対処をしておきましょう。
ストレスから過食
看護師の仕事の大変さ、職場の人間関係の辛さから、ストレスで過食に走っていたりしませんか?過食が進むと、自分を責めて嘔吐を繰り返すこともあり、注意が必要です。ストレス過食には要注意!
トラウマを抱えてしまったら
大きな精神的なショックを受けたことがきっかけで心に深い傷を負い、トラウマになってしまう新人看護師さんがいます。トラウマを抱えて辛い新人看護師さんへ。トラウマから逃れるためにするべきこと。
燃え尽き症候群
ある日突然、やる気が出なくなる…。今日も仕事に行きたくない…身体がだるい…。やる気が出ないのは、燃え尽き症候群かもしれません。燃え尽き症候群の具体的な症状と原因、対処法について。
体重の激減
休みの日でも病院の事が頭から離れない!ご飯を食べることが義務的になり、食べようとすると吐き気もする…。職場のストレスで急激な体重減少がみられたら、疑った方がいい病気はこちらから。
更年期障害
最近なんだか仕事でイライラが止まらない!身体がほてったり、手足にしびれや冷えがある。40代、50代で更年期障害に悩まされている看護師さんも少なくありません。更年期障害の具体的な症状って?そのままにしておくと、うつ病を併発してしまうこともあるので注意が必要です。
無気力状態から抜け出せない・・・
無気力で仕事に対する意欲が落ちている・・・休みの日もぼーっと過ごして一日が終わる。そんな無気力状態の新人看護師が抜け出すための方法とは?あまりに無気力が続く場合には、病気を疑った方がいい?
メンタルサポート
メンタルケアをしてくれるはずのプリセプターが、ストレスの原因だったり、過酷な業務で心が病んでしまっていませんか?看護師のメンタルサポートの実態に迫ります。
五月病
新人看護師が5月の連休明けごろから、なんだか身体がだるい…もしかしたら五月病かも!?と思うことはよくあることです。しかし、症状が続く場合には、適応障害やうつ病などの病を疑った方がいい場合もあるので注意が必要です。
オリエンで緊張しすぎて…
新人看護師のオリエンテーションで緊張のあまり、吐き気や動悸がしたり、お腹を壊したり、泣いてしまったり、既に体調を壊してしまう看護師さんが大勢います。決してあなた1人だけではありませんよ。
憂鬱な気分
憂鬱な気分が続いている新人看護師さんへ。少しでも憂鬱な気分を紛らわす方法についてまとめてみました。あまりにも長く憂鬱な状態なのであれば、うつ病の危険性もあるので注意が必要ですよ。
夏バテの原因と対処法
新人看護師さん!夏バテで身体がだるくて、仕事に行きたくない・・・となっていませんか?夏バテのメカニズムを知って、対処法について知っておきましょう。忙しい新人看護師でもできることって何かある?
朝が起きれない
朝がなかなか起きれない・・・と悩んでいませんか?起きれない原因とスッキリ目覚める為のポイントをまとめています。夜勤のある生活が体質的に合わないなら、新人看護師でも日勤だけで働く生活にチェンジすることもできますよ。
ストレスからの不妊
看護師は仕事のストレスから不妊になりやすいの?夜勤による生活の乱れ、精神的プレッシャーが大きいとストレスが生殖ホルモンに影響を与えてしまうことがあります。なかなか赤ちゃんが授からない…と悩んでいる人は、できるだけ早く対策を取りましょう。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先