新人看護師の苦手な先輩と夜勤!【5つの乗り越える方法】

新人看護師の苦手な先輩と夜勤!【5つの乗り越える方法】

新人看護師の苦手な先輩との夜勤【5つの乗り越える方法】

 

看護師としてしばらく働いていると、どうしても苦手な先輩看護師も出てくるものです。

 

そんな苦手な先輩との夜勤があって嫌だなーと思ったり、夜勤前に今日は嫌な先輩との一緒の夜勤で憂鬱になっていたり辛かったりしませんか?

 

新人看護師,夜勤,苦手な先輩

 

新人看護師さんの中には、苦手な先輩との夜勤が嫌なあまりに、不安や緊張が高まって夜勤前に涙が出てきてしまいうという方もいるほどです。

 

ただでさえ緊張の夜勤なのに、苦手な先輩看護師と一緒の2人夜勤ともなれば、精神的なストレスはピークに高まりますよね。

 

今回は、そんな苦手な先輩との夜勤の乗り越える方法についてまとめてみました。

 

苦手な先輩との夜勤を乗り越える方法

 

挨拶とお礼だけは忘れない

 

苦手な先輩看護師がいれば、仕事がまだできないような状態なのであれば、とにかく挨拶やお礼といった礼儀を忘れないことです。

 

早い段階で、今度いついつ同じ夜勤なのでよろしくお願いします!と伝えておいたり、夜勤前に不安があれば、患者Aさんが急変する可能性があるので、その時はよろしくお願いしますといったように声をかけておくと安心です。

 

苦手な先輩看護師とできるだけ事前にコミュニケーションをとっておくことによって、いざ何かあったときには報告しやすくなるはずです。

 

もし、夜勤中に先輩看護師から仕事を教えてもらった場合には、忙しくてその時にお礼ができなかったときでも、後になっても「ありがとうございました。」と必ずお礼を伝えておけばあなたの印象も良くなりますよ。

 

人として、礼に始まり礼に終わること徹底しておくとスムーズな人間関係が築けます。

 

発想の転換をしてみよう

 

苦手な先輩館g蘇飛のことばかりに気を取られてしまうなら、自分の発想を変えてみて「一人夜勤よりの怖さよりまだマシ」と思うようにしてみてはどうでしょうか?

 

一人での夜勤なら、患者さんの急変があってもすべて自分一人の責任において対応しなければいけません。

 

そんなこと、新人看護師にとってはできないですよね。

 

そう考えると、たとえどんなに嫌な苦手な怖い先輩看護師であっても、何かあったときに聞ける相手がいるということで少しの安心材料にはならないでしょうか?

 

仕事をできるだけ淡々とこなす

 

先輩看護師が嫌だ、苦手だ、怖い…という感情が自分の中で沸々と湧き上がってきても、いったんそれを忘れるくらい目の前の仕事に集中してみる!と自分に言い聞かせてみてください。

 

一心不乱に仕事をこなしていることによって、先輩看護師が怖いといった気持ちも自然と忘れてしまいます。

 

仕事は仕事として割り切って、分からないことは聞いてできるだけ淡々と仕事をこなしてしまいましょう。

 

苦手な先輩看護師とは必要最低限しか話さずに、仕事に集中していることによって相手のことなどいつの間にか気にならなくなっていくはずです。

 

仕事をなるべく早く覚えて「できる状態」にする

 

先輩看護師の中には、自分よりも仕事ができない新人看護師や性格が合わないと感じる相手に対してきつい口調で指示をだしたり、きつくあたるような人もいますよね。

 

そんなちょっと怖い苦手な先輩看護師との夜勤を乗り越えるためには、自分ができるだけ早く仕事を覚えてできる状態に努力していくということが最も現実的です。

 

相手に対して性格がもっと優しく変わってほしい・・・とどれだけ願っても、他人の性格をあなたが変えることはできません。

 

自分が仕事が「できる」状態になってしまえば、相手とは必要最低限での関わりで済みますよ。

 

もしかすると、仕事ができるようになったことで認めてくれるような場合もあるかもしれませんね。

 

いずれにしても、他人にもっと優しくなってほしい・・・と変わってほしいと期待をせずに、自分の受け止め方を変えてまずは業務を覚えることに集中してみましょう。

 

師長に相談してシフト調整してもらう

 

苦手な先輩との夜勤がつらかったり、その先輩看護師から適切な指導を受けていない、いじめなどのひどい仕打ちを受けている・・・といった何かしら業務に差しさわりがあるようなことはありませんか?

 

もし仕事に支障があるようなことがあるのであれば、それは看護師長に相談するべき内容です。

 

性格的にきつい先輩看護師がいることが原因となって、退職してしまう看護師も増え続けたことから、そういった看護師に対して問題視している病院も増えてきています。

 

看護師長に相談することで、あまりにひどい内容であれば注意をしてくれたり、改善されないようであれば、その人との夜勤を組まないように調整してくれるような場合もあります。

 

新人看護師,夜勤,苦手な先輩

 

ここまで、苦手な先輩との夜勤の乗り越え方5つをお伝えしてきましたがいかがでしたか?

 

自分にとって取り入れられそうかな?と少しでも思うものがあれば実践してみてくださいね!

 

 

でも、先輩看護師からイジメを受けていたり、業務に支障が出ているのにも関わらず、師長に相談しても何の解決もしてくれないような状況なら、あまり職場環境が良いとは言えません。

 

あなた自身が辛いのも、業務に支障が出てその先の患者さんに迷惑が掛かっているのであれば本末転倒です。

 

転職サイトでは、職場で悩みを抱えている看護師の相談にも応じてくれます。

 

自分の働いている職場環境が客観的に見て良いか悪いか判断してもらうこともできるので、第三者の意見を聞いてみてはいかがですか?

 

 

一人でも多くの看護師がより良い環境で業務にあたることができることを祈っています。

 

新人看護師,夜勤,苦手な先輩

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽にコンサルタントに相談ができます。

 

必要であれば、自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

 

よく読まれる記事

夜勤に入れない・・・
自分だけ夜勤に入らせてもらえない…と悩んでいる新人看護師が取るべき行動とはどんなこと?夜勤が入れない新人看護師は基本的な、○○と○○ができていないことがあるのかもしれません。
夜勤が不安・・・
患者さんに急変があったらどうしよう…業務でミスをしないだろうか…夜勤が不安なのは、経験不足だけが原因ではない!?夜勤が不安な新人看護師のための4つの解決策!!
夜勤が嫌!
朝起きて夜眠る普通の生活がしたいと願う新人看護師さんが急増中!!新人看護師でも夜勤のない仕事への異動や転職はできるのでしょうか?夜勤がやりたくない新人看護師さん必見です。
夜勤による慢性疲労
夜勤に慣れていない新人看護師が、夜勤に入り始めると体内時計が乱れて、慢性疲労になってしまいやすいです。夜勤明けでゆっくり寝てもだるさが取れない状態が続くのは、一体何が原因なの!?
夜勤で肌荒れ
新人看護師だって乾燥肌やニキビといった肌荒れで悩まされることだってあるのです。最近肌が荒れてやばいかも?と思った人は、夜勤中、夜勤後にすぐにでもできる【4つの美肌対策】を実践してみて!
夜勤中の眠気対策
夜勤中はどうしても眠くなってしまう…。眠くてヒヤリをしそうになったり、ミスを起こしてしまいそう。新人看護師にとって慣れない夜勤はきつくて当然です。夜勤中の効果的な眠気対策をまとめてみました。
良質な睡眠をとるコツ
睡眠時間が取れない!仕事と勉強の毎日に追われる新人看護師の睡眠の実態とは?そして、夜勤もあって不規則な生活でも【良質な睡眠をとるためのコツ】をご紹介。目覚めが悪くて、疲れが取れない人は必見です!

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先