夜勤による慢性疲労・・・ - 新人看護師の悩み

夜勤による慢性疲労・・・ - 新人看護師の悩み

夜勤による慢性疲労・・・

 

夜勤に慣れていない新人看護師が、夜勤を入るようになることで体内時計がくるってしまいやすく、疲れが抜けずにそのまま慢性疲労に陥ってしまうことがあります。

 

あなたも、疲れが抜けずになんだか身体がだるい…という状態が続いているということはありませんか?

 

新人看護師,夜勤,慢性疲労

 

もしかすると、夜勤に入ることで生活リズムが乱れてしまっていることが原因ではないでしょうか?

 

人によっては、どうしても夜勤が体質的に合わないという方もいて、無理に夜勤に入る生活を続けていたことで疲労が抜けずに身体をそのまま壊してしまう方も少なくありません。

 

特に、30代や40代となってくると、よりいっそう夜勤が身体に堪えてきます。

 

夜勤明けでリフレッシュできるようにゆっくりお風呂に入ったり、ストレッチなどをしてから十分な睡眠を取ったりすることで、疲労が回復することができればいいのですが、そういった対処をしても疲れが抜けないまま…ということなら、一度内科を受診してみてもいいかもしれません。

 

看護師さんの中には、なんだか疲れが取れない…と感じて内科を受診してみると、鉄欠乏症だと言われることがあります。

 

いわゆる、貧血状態ということですね。

 

原因が分かれば、鉄分が豊富な食材をしっかり取ったり、薬やサプリメントで補ったりなどの対処もできますよね。

 

もし、本当に夜勤明けにしっかりとした休息を取っても、身体がだるいな…しんどいな…というときは、内科受診を考えてみるといいと思います。

 

それでも、夜勤に入ることで身体のだるさが続くのであれば、いっそのこと夜勤のない生活をしてみてはいかがでしょうか。

 

夜勤のある生活がどうしても体質的に合わないという方もいるので、もしかするとその可能性もありますよね。

 

看護師として働ける職場は、病棟勤務だけではありません。

 

他にも、日勤常勤で働ける職場はあるので、普通の生活を送りたい!という方は検討してみてもいいかもしれませんね。

 

夜勤が体質的に合わなくて、日勤常勤の仕事に変える方はたくさんいるので、決してあなただけではありませんよ。

 

新人看護師でも夜勤のない仕事はできるの?

よく読まれる記事

夜勤に入れない・・・
自分だけ夜勤に入らせてもらえない…と悩んでいる新人看護師が取るべき行動とはどんなこと?夜勤が入れない新人看護師は基本的な、○○と○○ができていないことがあるのかもしれません。
夜勤が不安・・・
患者さんに急変があったらどうしよう…業務でミスをしないだろうか…夜勤が不安なのは、経験不足だけが原因ではない!?夜勤が不安な新人看護師のための4つの解決策!!
夜勤が嫌!
朝起きて夜眠る普通の生活がしたいと願う新人看護師さんが急増中!!新人看護師でも夜勤のない仕事への異動や転職はできるのでしょうか?夜勤がやりたくない新人看護師さん必見です。
苦手な先輩と夜勤
苦手な先輩との夜勤前は、憂鬱で辛くて行きたくないと思ってしまう。そんな新人看護師のための「苦手な先輩との夜勤を乗り越える5つの方法」についてまとめてみました。嫌な先輩さようなら!
夜勤で肌荒れ
新人看護師だって乾燥肌やニキビといった肌荒れで悩まされることだってあるのです。最近肌が荒れてやばいかも?と思った人は、夜勤中、夜勤後にすぐにでもできる【4つの美肌対策】を実践してみて!
夜勤中の眠気対策
夜勤中はどうしても眠くなってしまう…。眠くてヒヤリをしそうになったり、ミスを起こしてしまいそう。新人看護師にとって慣れない夜勤はきつくて当然です。夜勤中の効果的な眠気対策をまとめてみました。
良質な睡眠をとるコツ
睡眠時間が取れない!仕事と勉強の毎日に追われる新人看護師の睡眠の実態とは?そして、夜勤もあって不規則な生活でも【良質な睡眠をとるためのコツ】をご紹介。目覚めが悪くて、疲れが取れない人は必見です!

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先