知らないと損!新人看護師のメンタルサポート・メンタルヘルス

知らないと損!新人看護師のメンタルサポート・メンタルヘルス

知らないと損!新人看護師のメンタルサポート・メンタルヘルス

 

転職コンサルタントとして働いていた頃、新人看護師がメンタルを壊してしまい退職に至ってしまう・・・という人を数多く見てきました。

 

新人看護師,メンタルサポート

 

もしかすると、あなた自身も何かしらメンタルがやられてしまっているのかもしれませんね。

 

看護師という職業は、いろいろとある職種の中でも精神的なストレスがかかりやすい職種の1つと言われています。

 

ここでは、新人看護師がメンタルを病んでしまう理由とメンタルヘルスを保つためのセルフケア方法、また、職場におけるメンタルサポート体制についてまとめてみました。

 

新人看護師としてこれから看護師を続けていく上でも知っておくといいので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

新人看護師がメンタルを病んでしまう理由って?

 

新人看護師が看護師の仕事をしていく上で、メンタルを病んでしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

私がこれまで転職サポートをしながら向き合ってきた新人看護師さんでメンタルを病んでしまった人の中には、こうしたことが理由でメンタルを壊してしまっていました。

  • 先輩看護師に必要以上に厳しい指導を受けて、いじめのように毎日罵倒されていた人
  •  

  • 新人看護師の長時間の残業が当たり前で日勤でも21時くらいまで働くことが当たり前で、新人は残業代もつけさせてもらえなかったという人
  •  

  • プリセプターから丁寧な指導が受けられずに、仕事についていくことができずに悩んでいたという人 
  •  

  • 上司から他の同期と比較をされ続けて、看護師に向いてないなどと言われた人
  •  

  • ミスは絶対に許されない、人の命を預かっているという責任感に耐えられない
  •  

  • 患者からのクレームで傷ついてしまった人
  •  

  • 病棟の人手不足の影響から新人でも早い段階で責任の重い仕事を任される

ごく一部ではありますが、こうした様々な理由から、毎年必ずといってどこかの病院でメンタルを壊してしまう新人看護師が後を絶たなかったのを覚えています。

 

特に、新人看護師の場合には、職場でストレスを抱えていてもなかなか周りに相談ができなかったり、無理をして頑張りすぎてしまうという人がほとんどです。

 

もともと真面目な性格で人に頼ることが苦手だったりするタイプの人は特に注意してくださいね。

 

看護師としてこれくらいはみんな頑張っているという思いこみから、気づかないうちに自分のキャパ以上のストレスでメンタルを壊してしまう人が多いですよ。

 

新人看護師ができるメンタルヘルスのセルフケア方法

 

では、新人看護師が日ごろからできるメンタルヘルスのケア方法はあるのでしょうか。

 

親しい人・信頼できる人に相談する

 

一人で問題や悩みを抱え込んでしまう前に、身近な自分の家族や友人、同僚などにまずはあなたが悩んでいることを相談するようにしましょう。

 

人に相談することでその問題に対しての別の視点から見えたり、あなた自身の気持ちが整えられてそれだけですっきりすることもよくあります。

 

自分の中だけで悩んで落ちてしまわないようにするように、日ごろから家族や友人たちと会うことを予定に組み込むようにしておくといいですね。

 

毎日に一息つける自分だけの時間を作る

 

新人看護師は忙しい日々が続きますが、毎日の中にほっと一息できる瞬間を意識的に作るようにしましょう。

 

例えば、

  • お風呂の湯船につかっている5分間は仕事のことを忘れてリラックスすることに意識を向ける
  • 寝る前にコップ一杯の白湯をゆっくり飲んで、その時間は自分の心と身体に意識を向けてリラックスさせる

といったこともオススメです。

 

忙しい毎日の中でも簡単に取り入れられるようなことで工夫してみましょう。

 

質の良い睡眠時間を確保する

 

また、日々の睡眠でなるべく質の良い睡眠を心掛けるようにします。

 

寝る前にはテレビやスマフォなどのブルーライトを浴びない、間接照明にして部屋を暗く保つ、軽くストレッチを取り入れるなど、良い睡眠を取れるように少し気を付けてみることでも違ってきますよ。

 

新人看護師,メンタルサポート

 

上記のようなことを取り入れて日ごろからストレスをため込みすぎないように気を付けてくださいね。

 

新人看護師が知っておきたい職場のメンタルサポート体制

 

ちなみに、最近では病院でもメンタルサポート体制を整えている病院が増えてきました。

 

看護師の離職を防ぐといったことも目的に、病院で臨床心理士とのカウンセリングができるようなところもあったり、新人看護師の教育プログラムの中に組み込まれているといったところもあります。

 

ただ、病院によっては、そういったサポート体制は全くなく、プリセプターだけにまかせっきり・・・といったところもまだまだあります。

 

気になる人は自分の病院のメンタルサポート体制について確認しておくと安心ですよ。

 

ちなみに、どうしてもメンタルが弱ってい辛い・・・という人は、限界がきてしまう前になるべく上司に報告をして休みをもらうようにしましょう。

 

あなたが倒れてしまってからでは、それこそ職場にも迷惑がかかってしまいます。

 

その前に、どういう理由から自分がもう精神的に限界にきているのかということをはっきりと伝えて、休息をもらうようにしてくださいね。

 

入職してから半年以上勤務している新人看護師なら基本的には有給休暇ももらえますから、理解のある師長なら消化させてもらえることもありますよ。

 

職場環境を見直したい新人看護師へ・・・

 

今の職場ではメンタルがついていかない・・・という人は、看護師の転職サイトでコンサルタント相談を受けてみましょう。
新人看護師,メンタルサポート

 

転職サイトでは、まだ転職自体に迷いがある人や将来の転職で考えているといった人でも気軽に利用ができるようになっています。

 

必要であれば、あなたのストレスの原因になっていることを取り除けるような職場があるのか探してもらえたりといったこともできますよ。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安心で、決して無理な転職を勧められるといったことはありません。

 

>>>看護師の転職サイトを使ってストレスの少ない職場を探してみる

知らないと損!新人看護師のメンタルサポート・メンタルヘルス

 

医療業界では、なんと約5%の人がうつ病や不安障害やパニック障害といった心の病を抱えている傾向にあると言われています。

 

新人看護師,メンタルサポート

 

特に看護師は、専門即である業務の過酷さからストレスがかかりやすく、精神的にも負担になる仕事なのです。

 

 

看護師に対するメンタルサポートの対策は非常に遅れています。

 

一般企業よりも遅れている医療業界のメンタルサポート

一般企業では、社員のメンタルサポートのために、産業医や看護師を会社におき、メンタルや健康面でのカウンセリングを行ったり、ケアをしたりといったサポートしている企業が大手企業を中心に増えています。

 

一方、医療業界では、大規模な病院にも関わらず、看護師に対するメンタルヘルスに関するサポートをしていないというようなところも多く、新人看護師のメンタル面のサポートはプリセプター任せというようなところも少なくありません。

 

対外的には、ホームページなどでプリセプターが新人看護師に一人つき、新人看護師の精神的な面も支えていると謳っているにも関わらず、現状ではほとんどプリセプターのサポートが機能していないというところも見受けられます。

 

新人看護師の中には、性格が悪いプリセプターが原因でストレスを抱え込んでしまって退職してしまうということもよくあるくらいです。

 

プリセプター個人に任せてしまっては、新人にどのプリセプターが付くかによっても異なりますし一概に公平とは言えませんよね。

 

実際には、医療業界にも関わらず、一般企業よりもメンタルサポートへの対策が遅れていいるという現状があります。

 

こうした関心の薄さが原因で、看護師の離職が相次いでしまうという事が起こってきたのです。

 

 

医療業界でもメンタルケアが広がってきている?

 

看護師の離職が続くと、慢性的な看護師不足に陥ってしまいさらなる悪循環をまねくことが分かってきた病院では、医療従事者のメンタルに対するサポートを強化する取り組みが始まっています。

 

最近では、病院によっては臨床心理士を看護支援室において、看護師のメンタルサポートにあたるというところも出てきました。

 

いざというときにこうした体制が整っているところでは、すぐに連絡を取って臨床心理士の個人カウンセリングが受けることができます。

 

また、必要時には院外の臨床心理士の個別のカウンセリングができるようにしている病院もあったり、ストレスマネージメントの研修があったりといったところもあります。

 

根本的に解決するには、転職をして職場のストレスから離れること

いろいろとカウンセリングで適切なアドバイスを受けて、上手く自分で対処することができるのであればいいのですが、改善しない場合にはどうすればいいの?

 

心や身体に無理が生じているのにも関わらず、仕事を頑張り続けてしまうことで身体を壊してしまいかねません。

 

 

本当に病気になってしまうと、休職をせざる負えなくなってしまうこともあるでしょう。

 

職場のストレスで体調不良が続いている状況なら、看護師の転職サイトがオススメです。

 

新人看護師,メンタルサポート

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽にコンサルタントに相談ができます。

 

必要であれば、自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

 

よく読まれる記事

熱を出した時に休む基準
看護師だって突然、熱を出すことだってあるんです!!仕事に穴を空けてはいけないと無理して倒れてしまっては、結局周りの人に迷惑をかけてしまうということもあります。では、熱がある場合に何度以上の熱があれば、休んでもいいの?
吐き気がする
新人看護師が朝起きた瞬間や、病院のことを考えるだけで、ひどい吐き気に襲われるということがあります。吐き気の原因とは!?知らず知らずのうちに、仕事でストレスをため込んでしまっているかもしれません。
うつ病
新人看護師でうつ病になってしまう人をこれまでたくさん見てきました。あなたももしかすると、うつ病かも・・・と悩んでいるのかもしれませんね。うつ病かもと思ったらチェックしておきたい症状と、その後に考えるべきことをまとめてみました。できるだけ早い段階で気づくことがポイントになりますよ。
パニック障害・不安障害
新人看護師で「私、パニック障害かも・・・」と思ったらどうすればいいのでしょうか?実際に、パニック障害で悩む看護師はどんなことで苦しんでいるの?自分ももしかしたらパニック障害かもしれないと思った時の対処法をまとめてみました。
胃痛になる
毎日、病院に行くのが辛くて胃が痛くなってしまっている方はいませんか?胃痛の原因はストレスから?ストレスからくる胃痛は放っておくと、病気に繋がることもあります。そのストレスの原因はどこからきているのでしょうか?
インフルエンザ
看護師がインフルエンザかもと思った場合の対処法って?職場によって、1週間休む場合や解熱して2日後に出てきていい場合もあります。また、欠勤扱いになったり、有給が勝手に使われことも・・・。
貧血
看護師の仕事をしながら、フラフラしてめまいや立ちくらみがある。動悸や息切れで苦しい。疲労感がある…。こんな貧血の症状で悩まされている方へ。貧血の原因と忙しい看護師でもできる治し方。
頭痛
新人看護師で職場のストレスから頭痛に悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?ズキン!ズキン!とひどい頭痛をなんとかしたい!という人のために、頭痛の原因と今すぐできる対処法をまとめてみました。頭痛がひどくて仕事にも支障をきたしてしまっては大変ですよ。
生理がこない・・・
あまりの忙しさで、ふと気付けば2カ月、3カ月以上生理が来ていない…。そんな新人看護師さんの切実な悩みを解決するには?
腰痛
新人看護師で腰痛になってしまったらどうすればいいの?日ごろから意識することでできる腰痛の予防策と、実際に腰痛が辛い人のための対処法についてまとめてみました。辛い腰痛のまま働きたくない・・・という人はチェックしておきましょう。
ヘルニア
腰にピキッ!!と激痛が…!!椎間板ヘルニアになった新人看護師でも復帰できる職場ってあるのでしょうか?腰に負担をかけたくない!だからといって、経験もない…。その中でもできることを探していこう。
自立神経失調症
あなたは大丈夫?なんだか最近やる気がなかったり、めまいや下痢、胃痛がある・・・という新人看護師は自立神経失調症かもしれません。新人看護師に多い自立神経失調症の症状や原因についてと忙しくてもできる対処法をまとめてみました。
動悸
病院のことを考えるだけで胸がドキドキ…動悸が止まらない…と悩んでいる新人看護師さんへ。動悸が止まらない時は、職場で受けるストレスが原因では?動悸の原因と対処法についてまとめています。
適応障害
転職コンサルタントとして働いていた頃、適応障害になった看護師の転職サポートを毎年必ずといって何人かは担当することがありました。新人看護師が適応障害で退職することになったら、どんな職場へ復帰するのがいいのでしょうか?適応障害の症状や新人看護師が適応障害になってしまう理由なども含めてまとめてみました。
円形脱毛症
コンサルタントをしていた頃、看護師さんから、実は・・・と「円形脱毛症」を告白されることがありました・・・。看護師が円形脱毛症になる原因は?症状・原因・対処法についてをまとめてみました。
不眠症
なんだか最近、眠れない…。夜勤で不規則な生活になってしまったり、職場のストレスによって眠れなくて悩む新人看護師さんが増えています!!【かんたん不眠症チェック】と【うまく眠れるコツ】
過呼吸
職場のストレスによって過呼吸を繰り返していませんか?過呼吸に悩む新人看護師も少なくありません。身体が悲鳴を上げているサインかもしれません。一度でも過呼吸を経験したことがある人は、何が原因になっているのか調べて早めの対処をしておきましょう。
ストレスから過食
看護師の仕事の大変さ、職場の人間関係の辛さから、ストレスで過食に走っていたりしませんか?過食が進むと、自分を責めて嘔吐を繰り返すこともあり、注意が必要です。ストレス過食には要注意!
トラウマを抱えてしまったら
大きな精神的なショックを受けたことがきっかけで心に深い傷を負い、トラウマになってしまう新人看護師さんがいます。トラウマを抱えて辛い新人看護師さんへ。トラウマから逃れるためにするべきこと。
体重の激減
休みの日でも病院の事が頭から離れない!ご飯を食べることが義務的になり、食べようとすると吐き気もする…。職場のストレスで急激な体重減少がみられたら、疑った方がいい病気はこちらから。
無気力状態・燃え尽き症候群
新人看護師でここ最近無気力な状態が続いているということはありませんか?場合によっては、燃え尽き症候群(バーンアウト)に陥っていることも・・・。看護師が陥りやすい燃え尽き症候群の症状や原因とは?ひどい場合には、適応障害やうつ病になる可能性もあるので注意が必要ですよ!無気力状態・燃え尽き症候群から抜け出すための9つの方法をまとめてみました。
五月病
新人看護師が5月の連休明けごろから、なんだか身体がだるい…もしかしたら五月病かも!?と思うことはよくあることです。しかし、症状が続く場合には、適応障害やうつ病などの病を疑った方がいい場合もあるので注意が必要です。
オリエンで緊張しすぎて…
新人看護師のオリエンテーションで緊張のあまり、吐き気や動悸がしたり、お腹を壊したり、泣いてしまったり、既に体調を壊してしまう看護師さんが大勢います。決してあなた1人だけではありませんよ。
憂鬱な気分
憂鬱な気分が続いている新人看護師さんへ。少しでも憂鬱な気分を紛らわす方法についてまとめてみました。あまりにも長く憂鬱な状態なのであれば、うつ病の危険性もあるので注意が必要ですよ。
夏バテの原因と対処法
新人看護師さん!夏バテで身体がだるくて、仕事に行きたくない・・・となっていませんか?夏バテのメカニズムを知って、対処法について知っておきましょう。忙しい新人看護師でもできることって何かある?
手荒れがひどい
手荒れがひどくて仕事に支障をきたしていませんか?辞めたいほどにひどい手荒れで悩む看護師は一体どうすればいいの!?看護師の手荒れ対策と手荒れで辞めたい場合の対処方をチェック!
朝が起きれない
朝がなかなか起きれない・・・と悩んでいませんか?起きれない原因とスッキリ目覚める為のポイントをまとめています。夜勤のある生活が体質的に合わないなら、新人看護師でも日勤だけで働く生活にチェンジすることもできますよ。
ストレスからの不妊
看護師は仕事のストレスから不妊になりやすいの?夜勤による生活の乱れ、精神的プレッシャーが大きいとストレスが生殖ホルモンに影響を与えてしまうことがあります。なかなか赤ちゃんが授からない…と悩んでいる人は、できるだけ早く対策を取りましょう。
疲れ・疲労
新人看護師で仕事に疲れた・・・休んでも疲労感がなかなか取れない・・・と悩んでいませんか?早めに疲れを対処しないとうつ病などの精神的な疾患になってしまうこともありますよ。疲れを取る為の対処法とは?
発達障害
新人看護師で「私、発達障害かも…」と思ったらどうすればいい?発達障害のある看護師は、働き続けられるの?働き辛さや生き辛さを抱えている人の中には、大人の発達障害を抱えている人も増えているようです。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先