新人看護師がオペ室で働くメリット・デメリット

新人看護師がオペ室で働くメリット・デメリット

新人看護師がオペ室で働くメリット・デメリット

 

新人看護師でオペ室に配属された方や、オペ室への転職に興味を持っている人もいるのではないでしょうか?

 

新人看護師,オペ室

 

ここでは、オペ室の看護師の仕事内容と、新人看護師としてオペ室で働くメリット・デメリットについてもまとめています。

 

オペ室への転職を考えている方は、転職後にギャップを感じないためにもデメリットになることも理解した上での転職が大切ですよ。

 

オペ室で働く看護師の仕事内容って?

 

オペ室の看護師の仕事として、手術室内での「機械出し(直接介助)」と「外回り」があります。

 

「機械出し」の担当の看護師は、その名の通り、医師が手術で遣うメスなどの手術器具を渡すことが仕事です。

 

手術室では、心臓血管外科、脳神経外科、消化器外科、婦人科、眼科、泌尿器科、耳鼻科などのすべての外科的手術が行われるため、手術が異なれば医師が扱う器具も違うために、器具や機械を覚えるだけでも新人の頃は一苦労するかもしれません。

 

看護学校でもあまり教わったこともないようなことも多いので、一から勉強することが必要です。

 

新人看護師,オペ室

 

手術の進行具合を見ながら、必要に応じて先回りして器具を渡せるようになれば、医師からも信頼をされていくことでしょう。

 

一方、「外回り」は手術中に必要となる機械を出したり、患者さんの介助を行うことが仕事となります。

 

手術中に緊急に必要となった機械を出したりするのも外回りの看護師の仕事で、使用された医薬品などの記録も行います。

 

また、麻酔中の患者さんは自分の気持ちを訴えることができませんよね。

 

だから、外回りの看護師がモニターで血圧や心拍数の変化を見たり、患者さんの顔色をみたり、発汗や体温、尿量などを測りながら、言葉を発せない患者さんが痛みや訴えていることはないかということを判断したりします。

 

また、手術中の出血や輸液の量、心拍数などの変化にも注意深く観察することが求められます。

 

外回りの看護師は、全身麻酔で手術中に何も訴えることができない患者さんの「代弁者」として働くことになります。

 

新人看護師がオペ室で働くメリット

 

オペ室看護のスキルアップができる

 

オペ室で働く看護師は、その特殊性から逆に言えばスペシャリストにもなれるということです。

 

手術で扱う診療科も多いことから、それぞれの術式に応じて、必要な機械や器具を準備をしたり、機械出しを行うことができるようにまずは機械の名前から学んでいきます。

 

様々な外科的手術を知っていくことで、あとあと外科病棟などで働くことになった時には、いろいろなオペ室からの病棟への繋がりを感じられて役立つこともあるでしょう。

 

カレンダー通りの休みが取りやすい

 

ほとんどの手術は、月から金曜日に行われるため、土日や祝祭日はオペ室の看護師は休みやすくなります。

 

月に数回、当直があったり、オンコール体制となることはあっても、土日にしっかり休みが取れることが多いので、プライベートを充実させやすいということが言えると思います。

 

不規則な病棟勤務が苦手だという看護師さんからは人気がありますよ。

 

新人看護師がオペ室で働くデメリット

 

患者さんとの関わりが少なくなってしまう

 

総合病院での手術は、全身麻酔の下で手術が行われていることが多いので、オペ室の看護師が患者さんと関わるのは、術前訪問の時とオペ室に患者さんが入室してから麻酔が効くまでのわずかな時間となります。

 

手術が終わってからも、まだ麻酔が完全に切れていないことから、意識がもうろうとしているようなことも多いので、あまり患者さんも看護師のことを覚えているということが少ないのです。

 

そのため、寄り添った看護がしたいと思っていた看護師さんにとっては、少し物足りなさを感じてしまうこともあることでしょう。

 

オンコールや当直が大変

 

新人看護師さんの場合、業務になれるまでしばらくは、オンコール当番や当直当番をしていないので日勤のみということも多いでしょう。

 

でも、ある程度業務がこなせるようになってくれば、病院によって異なりますが、休日でもオンコール当番をして自宅待機、あるいは、病院で当直といった形で、緊急オペがあれば呼び出されてすぐにかけつける体制でいなければいけません。

 

それが、休みなのになんだか休めていないような気がして嫌だという方もいるのが現実です。

 

これも、向き不向きがあるので、それでも慣れればオペ室の方が楽という方もいれば、オンコール体制が嫌で辞めたいという方もいるので自分にとってはどうなのか?と考えてみることが大切です。

 

オペ室看護に興味がある看護師へ

 

オペ室への転職をお考えの方は、オペ室で働く看護師のメリットだけではなく、デメリットもしっかりと理解した上で転職をしてみましょう。

 

病院によって、自宅待機のオンコール体制なのか、当直体制を取っているかも違うため、自分にはどちらがいいのかということも考えた上で職場を選ぶといいですよ。

 

また、オペ室に新卒で配属された看護師さんの中には、本当は病棟で働きたかった…という方もいるかもしれませんね。

 

病棟看護が早く学びたい〜!という方にとっては踏ん張りどころかもしれませんが、1つずつ目の前の業務をこなせるようになれば、オペ看の面白さも発見できるのかもしれませんよ。

 

どうしても早く病棟へ異動したいということなら、ダメ元でも師長に異動の相談をしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

オペ室勤務があっても異動できそうにはなかったり、他の病院のオペ室に興味があるという方には、看護師の転職サイトの利用がオススメです。

 

新人看護師,オペ室

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>オペ室の求人を看護師の転職サイトで探す

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師が押さえておきたい循環器内科の仕事内容と循環器を学ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。デメリットも理解した上で転職しなければギャップを感じてしまうこともありますよ。
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
小児科
新人看護師が小児科で働くときに知っておきたい小児科の特徴やメリット・デメリットについて押さえておきましょう。ただ単純に子どもが好き!だけでは務まらない!?は本当なのでしょうか?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方や産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをする!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先