新人看護師が小児科に転職するメリット・デメリット

新人看護師が小児科に転職するメリット・デメリット

新人看護師が小児科に転職するメリット・デメリット

 

子供が好きな看護師にとっては、小児科で働きたい!と考える人も多いのではないでしょうか?

 

でも、ただ単純に子供が好きだけでは務まらないと言われているのが小児科での看護師の仕事です。

 

新人看護師,小児科

 

ここでは、小児科の特徴や小児科での看護師の仕事内容、新人看護師が小児科へ転職するメリット・デメリットを中心にまとめてみました。

 

小児科で働きたいならメリットだけではなくて、デメリットになる部分も押さえておきましょう。

 

 

小児科の特徴って何がある?

 

診療科目に関係なく0歳〜15歳の患者を治療する診療科が「小児科」になります。

 

年齢で分けられているのは、15歳以上になると身体も大人の身体に近くなり治療方法が異なってくるため年齢で分かれています。

 

アレルギーや喘息、髄膜炎などの内科的な疾患の子もいれば、外科的治療が必要な子まで様々です。

 

看護師は小児といっても小児にまつわる科であれば、幅広い知識が必要となってきます。

 

小児科の看護師の仕事内容って?

 

子どもがまだ小さければ、ほんのちょっとした異常を見逃してしまうことで、命にもすぐに関わってくることがあります。

 

新人看護師,小児科

 

子どもは自分の口で何かを訴えることも難しいことが多く、看護師が子どもの表情や全体をよく観察して読み取らなければいけません。

 

そして、治療が順調に進むように、日頃から安静にしてもらうように気を付けたり、飲食の制限をしたり、時には痛みを伴う検査などで押さえつけたりといったことをしなければいけないこともあります。

 

嫌がる子どもや泣いて暴れる子どもに対しての処置も多いので、ただ子供が可愛いからと甘やかしいるだけでは治療も思うように進んでいかないことがほとんどです。

 

さらに、小児科では、子供だけの対応ではなく治療方針の方向性の判断については、子供の親が責任を負うために、親とのコミュニケーションも何より重要視されています。

 

治療方針についても何か質問があれば、はっきりと明確に答えなければ、あとあと親からクレームになってしまうこともあるため慎重に応える必要もあります。

 

親は、自分の子供が重い病気になってしまったことで精神的にも不安定になってしまいがちです。

 

一方、子供も親と離れて入院生活するのであれば、親がいない中で入院生活を送らなければいけないために寂しさを感じています。

 

そうした親や子供の心のケアや精神的なサポートも看護師が行いながら、親と上手く関係を築いて一緒に協力しあって子どもの看護をしていくという気持ちで看護にあたることができれば理想的ですね。

 

小児科で働く看護師のメリット

 

では、新人看護師が小児科へ転職するメリットはどんなところがあるのでしょうか?

 

看護師としてのスキルアップができる

 

内科や外科といった区別なく、小児科にはすべての診療科の患児が集まってきます。

 

看護師としては様々な診療科の知識が必要となり幅広く学ぶことがでできるので、スキルアップにつながります。

 

また、子供の腕の細い血管を見つけ出して穿刺することもあることから、細かな技術も自然と身につけられているはずです。

 

子どもの笑顔で癒される

 

看護師として忙しく働いていても、病棟の子どもの笑顔で癒される瞬間は誰にでもあるでしょう。

 

辛い治療を受けて泣いたり、看護師のあなたを困らせたりすることもあるかもしれませんが、逆に看護師として励まされることもあるはずです。

 

 

小児科で働く看護師のデメリット

 

子どもの親との関係が嫌になることも

 

小児科で働く看護師は、「親」との関係を切り離すことはできません。

 

子供に対して指導のつもりで伝えたり、叱ったりしたつもりが、親からしてみれば、クレームとして捉えられてしまうこともあるので十分気を付けなければいけません。

 

時には、わが子を思うあまりにモンスターピアレント化してしまう人もいるので、親との関係が嫌になってしまうこともあるでしょう。

 

緊急入院が多く、病棟が慌ただしくなりやすい

 

成人病棟や老年病棟と比べても、小児科の病棟では緊急入院が多くなりがちです。

 

緊急入院があれば、どうしても他のルーティン業務の時間配分も難しくなってしまいます。

 

小児科ではほとんどの子供で、おむつ交換や食事介助も必要なために、それだけで病棟は忙しく慌ただしくなってしまいやすいです。

 

小児にとのコミュニケーションが難しい

 

まだ幼い子供であれば、コミュニケーションがとることができずに意思疎通も思うようにできません。

 

これからの治療のこと、必要な薬や点滴のことなど、処置のこと、幼い子供には説明してもなかなか理解してもらうことが難しく、時間もかかることが出てきます。

 

なかなか理解してもらえないことで、看護師の方がストレスをためないようにしなければいけません。

 

小児に対する穿刺が難しい

 

小児は成人に比べて血管も細く、腕も小さいことから血管が分かりづらいことがよくあります。

 

注射が嫌いな子どもはたいていは、泣いて暴れることがほとんどなので、全力で子供押さえつけてその細い血管を見つけなければいけません。

 

子どもの苦痛を最小限にするためにも、先輩看護師の穿刺を見せてもらったりしながらコツをつかんでいかなければいけないでしょう。

 

小児の経験だけでは将来的に転職が不利に

 

経験の浅い新人看護師が小児科を希望するのであれば、成人看護と老年看護はいつどこで勉強するのかと計画を予め立てておくことが理想的です。

 

将来的には、施設や療養、クリニックでの勤務もするかもしれないというのであればなおのことです。

 

小児科の経験だけであれば、どうしても看護師のスキルが偏りがちになってしまうので、将来的につぶしが効かないということもあるので注意が必要です。

 

小児看護を学びたい看護師さんへ

 

小児科では、子供が好き、子供がかわいいという理由だけで選んでしまうと、なかなか勤まらないほど大変な部署でもあります。

 

看護師さんの中には、小児が好きで小児のある病棟で働いていたけれど、子どもが辛い思いばかりしている姿を見続けなければいけないことに可愛そうで耐えられないという方もいました。

 

時には子どもから嫌われる存在となって、治療のためには厳しく指導したり、食事をとらせなかったり、暴れて転倒しないように怒ったりといったことも必要になってくる仕事です。

 

可愛い部分だけを見て仕事ができるわけではないということに注意しておきましょう。

 

 

 

それに加えて、親への対応にも神経を使わなければいけないため、看護師にとっては精神的にも気を遣うことが多いです。

 

ただ単純に子どもが好きというだけでなく、こうした小児科で働く大変な部分を理解した上で、それでも小児看護を学びたいかどうかよく考えてみましょう。

 

 

もし、あなたが小児科の単科病棟で働いたいと考えているなら、民間病院よりも大学病院や小児の専門病院の方がより専門的に小児看護を深く学んでいくことができます。

 

一方、民間の総合病院などでは、小児の単科病棟の数は少なく、ほとんどのところで、成人病棟と混合病棟となっているところが中心です。

 

将来、小児だけで進むよりも、小児も成人も両方できるという看護師を目指すなら民間病院の混合病棟がおすすめです。

 

まだ経験の浅い新人看護師さんの場合には、できれば「小児」だけという限られたスキルしか学べないところではなく、他科への異動もできるような病院の方が将来的にも選択の幅広がりますよ。

 

 

 

デメリットになることも理解した上でも小児科で働くことに興味がある!という方は、看護師の転職サイトを使えば効率的に探せますよ。

 

新人看護師,小児科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから小児科で配属可能な病院を探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>小児科の求人を看護師の転職サイトで探す

 

 

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師が押さえておきたい循環器内科の仕事内容と循環器を学ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。デメリットも理解した上で転職しなければギャップを感じてしまうこともありますよ。
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方や産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをする!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師で配属された場所がオペ室だったり、オペ室への転職を考えている方のために、メリット・デメリットについてまとめてみました。オペ室の看護師の仕事は奥が深い!単純に機械を覚えるだけでもありません。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先