休職は次の転職で不利になるの?

休職は次の転職で不利になるの?

新人看護師が休職を取ると不利になるの?

 

うつ病や不安障害、パニック障害、適応障害といった診断を受けたり、何かしら体調を壊してしまって身体が思うように動かなくなり、休職を取らざる負えなくなってしまった…という新人看護師さんもいることでしょう

 

新人看護師,休職,不利

 

そんな新人看護師さんから、休職を取ってしまったことで次の転職の時に不利になるのかどうか?と聞かれることがよくありました。

 

 

現在の職場に籍を置きながら休職を取り、同じ職場への復帰を考えていないのであれば、体調がよくなれば他の職場への転職を考えなければいけません。

 

その時に、休職を取ってしまったことがあとあとになって不利になるのではないか?と心配になるのは当然です。

 

休職をどれくらいの期間取ったかにもよりますが、数か月の休職であれば、有利になることはありませんが、必ずしも不利になるということもありません。

 

 

私はこれまで、7年間の転職サイトでコンサルタントをしていましたが、心を壊してしまったり、体調を壊してしまって休職している新人看護師さんの転職サポートもしてきました。

 

しばらくストレスの原因になった職場を離れたことで、すっかり回復し、今なら新たな気持ちでやっていけるかもしれないと思った時に転職を皆さん転職も決めていかれます。

 

もちろん、転職先は新人レベルの看護師さんを受け入れる体制が整っている医療機関への転職になるので、どんなところでも採用が絶対に通るということもありませんが、面接で落ち続けてしまったという方は看護師さんにお会いしたことはありません。

 

もしあなたが一般の民間企業で働いていた場合であれば、転職において体調を壊して休職を取ったことが不利になってしまい、あとあとの転職でも思うようにいかなくなることがよくあります。

 

しかし、看護師という資格職は本当にまだまだ恵まれた環境にあるので、そういったことはほぼありません。

 

新人看護師,休職,不利

 

だからといって、経験が1年以上ある看護師と比べれば、不利にはなってしまいます。

 

1年未満の転職であれば、まだまだ新人看護師としての扱いを受けることが転職においては多いので、次の転職先への熱意をアピールしなければいけません。

 

履歴書には、休職を取っていたことや退職理由を書く必要はありませんが、休職を数か月でも取っていたということであれば、次の転職時の面接でどうして休職をしたのか?ということは必ず聞かれます。

 

心を病んでしまったことによるのであれば、正直に話すことが必要になりますが、どのように話すかは事前に対策が必要です。

 

できれば、休職をしてからの転職を考えているのであれば、転職サイトのサポートを受けながらの転職が安心です。

 

書類選考においても、転職サイトのコンサルタントが間に入ってうまく退職理由について事前に話すこともできます。

 

理解のある医療機関であれば、採用担当者によっては、看護師への配慮をして面接時には突っ込んで休職したことについて聞かないところもあるくらいです。

 

 

また、これまで休職から転職を決めた看護師さんが、どのような質問を受けたのかという情報もあるので事前に準備することができるようになります。

 

新人看護師さんで、休職を取るほどに辛くて退職に至ったのであれば、次の転職は失敗しないように慎重にしなければいけません。

 

現在は医師から働いても問題ないという診断を受けているということが分かれば、心と身体を病む原因となったストレスの元になるものがない転職先を慎重に選んで、理解のある医療機関と出会えるとベストですね!

 

どういう職場が受け入れ体制があるのかということをお知りになりたいのであれば、転職サイトをうまく活用してください。

 

休職をすることは決して悪いことではありません。

 

休職せざる負えないくらいの原因が職場にあったのであれば、それはあなたの問題ではないのですから。

 

自分にとっての次への充電期間なんだ!!と前向きにとらえて、体調が良くなるまでしっかり休まれてくださいね。

 

休職は自分にとっての充電期間です。あまり先のことを気にしすぎずに、今はしっかり休むことに専念しましょう。しばらく休んで体調がよくなれば、転職サイトでサポートを受けながらの転職活動を始めましょう。

 


新人看護師,休職,不利

 

 

休職後に転職を考えている看護師さんへ

 

転職先で不利にならないようにサポートを受けたい方は、転職サイトでのコンサルタント相談を受けてみるといいですよ。

 

新人看護師,休職,不利

 

転職サイトでは、転職することにまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

復帰しやすい職場について探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報も教えてもらえます。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

よく読まれる記事

休職後にラダーに乗り遅れてしまったら?
新人看護師が体調を壊して休職をしたものの、復帰をしても辛い現実が待っていることがあります。ラダー研修にも乗れずに、周りの同期から1年以上も技術的に後れを取ってしまうようなこともありますよ。
休職を繰り返す
新人看護師さんが休職を繰り返す原因と、そのような場合の解決策とは?自分にはどんな職場で働けばいいのか分からなくなってしまう。
休職から復帰しやすい職場
うつ病や適応障害などの病気によって休職をした新人看護師は、どんな職場が復帰しやすいのでしょうか?うつ病や適応障害を再発させたくないなら、ストレスの根本的原因から離れよう。
休職中の過ごし方
看護師の仕事のストレスが原因で、うつ病や適応障害、パニック障害を患って新人看護師が休職に追い込まれてしまった。休職中の過ごし方で大切な4つのこととは!?
うつ病で休職
うつ病で休職した後の職場復帰は、不安や心配がつきません。無理に常勤で働くことで、自分でストレスを抱え込んでうつ病が再発してしまう事もあるので注意が必要です。もし不安が強い場合には、最初は、非常勤から始めてみるということもリハビリになるのでいいですよ。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先