新人(第二新卒)看護師が眼科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が眼科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が眼科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師で眼科に配属されたり、これから第二新卒の看護師として眼科に転職して働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

新人看護師,眼科

 

ここでは、眼科で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについて簡単にご紹介していきます。

 

ギャップを感じてすぐに辞めてしまうことがないように、眼科で働くメリットだけではなくデメリットになる部分も押さえておくようにしましょう。

 

眼科病棟の看護師の仕事内容って?

 

眼科は、主に白内障や緑内障、網膜剥離といった眼に関する病気を扱っている診療科です。

 

眼科病棟の看護師は、眼科の専門病院や規模の大きい大学病院などでは単科病棟となっていて、民間病院などではほとんどの場合が他の科との混合となっているような病棟が中心となっていることが多くなっています。

 

眼科病棟では、看護師は術前、術後の患者さんへの指導や、点眼、処置、観察などを行います。

 

また、眼科病棟の看護師は手術を受けた後の患者さんは、視界が妨げられていることがほとんどで、患者さんが目が見えずに不安になったている心のケアをしたり、転倒したりしないように看護師が十分に注意をして日常生活のケアを行います。

 

目が見えていない患者さんの立場に立って、誤って薬を飲み間違えたり、袋ごと飲んでしまわないようにも注意しなければいけません。

 

視界が見えていないことで起こる様々なことに、看護師側が常に気を配らなければいけません。

 

また、循環器系の他の疾患があるような患者さんの場合、使用してはいけないような点眼薬もあるので、患者さんを間違えてしまったり、薬を間違えてしまうことによって大事故になってしまうことも考えられます。

 

どこの科の病棟でも同じですが、こうしたミスのないように十分注意をして看護にあたる必要があります。

 

新人(第二新卒)看護師が眼科で働くメリット

 

急変が比較的少なく、残業は比較的少ない傾向に

 

眼科の患者さんんは、眼以外は健康な方も多いので急変も少なくなります。

 

そのため、眼科の単科病棟で働いている看護師は、比較的残業も少なく帰れることが多くなります。

 

混合病棟になると、他科がどれくらい忙しいかによって変わるため一概には言えません。

 

患者さんとのコミュニケーションが取りやすい

 

眼以外は健康的な患者さんばかりなので、患者さんとのコミュニケーションも比較的スムーズです。

 

命にかかわることが少ない

 

眼科病棟では、患者さんがすぐに命に関わるような疾患を抱えていることは少ないため、精神的プレッシャーが比較的他の科に比べて少なくなります。

 

眼科専門の知識が身に付く

 

眼科における看護スキルを身に付けることができ、将来眼科をもっと学びたいと思った場合には、眼科で有名な専門病院などもあることからスキルアップも可能です。

 

新人(第二新卒)看護師が眼科で働くデメリット

 

手術の件数が多く回転が速い

 

眼科では、手術件数が非常に多く、一日のうちに7、8件くらいは最低でも行われます。

 

手術の時間も30分から1時間程度で終わり、長い手術の場合でも3時間ほどで終了します。

 

そのため、手術の時間は短く数が多いので、手術後の観察に追われることはあるでしょう。

 

特殊な分野なため、他科に移ると大変なことも

 

眼科の単科病棟で働く看護師になると、眼科の疾患についてや、術前術後のケアや観察についての仕方については一通り学ぶことができても、それ以外の疾患についてはあまり見る機会がありません。

 

また、急変などもあまりないことこから、急変対応における看護が身に付きません。

 

そのため、眼科から他の科に移った時についていくことが大変なこともあるでしょう。

 

他病棟以外の疾患についても学ばなければいけない

 

単科の眼科病棟となっていても、働く病院によりけりですが、ベッドに余裕がある場合には他病棟から転棟してくることもよくあります。

 

そのため、眼科以外の疾患を持っている患者さんのケアにもいきなり当たらなければいけないため、眼科以外のことを勉強する必要が出てくることもあります。

 

 

元転職コンサルタントより伝えたいこと

 

眼科病棟は、非常に専門的な分野になるので、新人看護師として眼科病棟に配属されたことで落ち込んでしまっている方もいるかもしれませんね。

 

でも、眼科病棟でも、眼科の病棟看護や周手術期看護の一部を学ぶことができますし、他の忙しすぎる診療科よりもこれらをじっくり学んでいくことができる場所です。

 

また、他の疾患を抱えた患者さんもいることから、眼科以外の知識も学んでいく必要もあります。

 

新人時代はただでさえ覚えることも多くて大変なのに加えて、忙しすぎる病棟では疲弊してしまう方も出てくるくらいですから、眼科病棟に配属されたらラッキーとポジティブに捉えて目の前の業務を覚えられるようにしていきましょう。

 

 

一方、これから眼科病棟で働くことに興味を持っているという看護師は、精神的プレッシャーが比較的少なくなるので今忙しすぎる病棟で働いている方にとっては働きやすくなると思いますよ。

 

眼科に興味があってもっと詳しく知りたい!という方には、看護師の転職サイトの利用がオススメです。

 

新人看護師,眼科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)の看護師が働ける眼科のある職場を探してみる

 

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を学んでおくといいと言われることもありますよね。新人で内科に配属されたり、これから第二新卒で内科希望で転職を考えている人は、働くメリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。仕事への理解を少しでも深めておくとギャップが少なくなりますよ。
外科
新人看護師として外科病棟に配属されたり、あるいは、これから第二新卒の看護師として外科病棟で働くことを希望している場合には、ギャップを感じない為にもメリットになることだけではなく、デメリットになることも押さえておくようにしましょう。
精神科
新人(第二新卒)看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。つぶしが効かない精神科なだけに、将来的なことも考える必要がありますよ。
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
消化器外科
新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。急変も多い忙しい病棟になるので、メリットだけではなくしっかりとデメリットになることも把握しておきましょう。
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
整形外科
新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。整形外科はオペ対応に追われて忙しくなりがち・・・、臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。患者さんの回復していく過程が見たいという人はチェックしておきましょう。
脳神経外科
脳外はそれなりに体力のいる部署なので、精神的にも肉体的にもタフでないと続けていけない部署なの!?新人看護師として脳外の病棟に配属されたり、これから第二新卒として脳外を学びたい人へ。仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。第二新卒として転職を考えている人もデメリットになることを押さえておかないと、ギャップを感じて早期退職してしまうこともあるので注意が必要です。
泌尿器科
新人看護師として泌尿器科に配属になったり、あるいは、これから第二新卒の看護師として泌尿器看護を学びたい!と考えている人のために、泌尿器科で働くメリット・デメリットをまとめてみました。デメリットになることもしっかり理解しておかないと、ギャップを感じてすぐに辞めてしまうことにもつながるので注意しましょう。
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属されたり、第二新卒の看護師として糖尿病内科を学びたいという人はメリットだけではなく、デメリットになることも押さえておきましょう。残業は少ない部署ですが、患者さんとのコミュニケーションが難しいところも・・・。
血液内科
新人看護師として血液内科に配属されたり、第二新卒の転職で血液内科を学びたい人もいるのでは?血液内科では、患者さんに寄り添った看護がしやすい反面、神経をすり減らしてしまう部分も・・・。ギャップを感じてしまわない為にも、メリットではなくデメリットになることもしっかりと押さえておくようにしましょう。
内分泌・代謝内科
新人看護師として内分泌・代謝内科に配属になったり、第二新卒の看護師として学びたいと考えている人のためにメリット・デメリットをまとめてみました。患者さんとのコミュニケーションを取るのが難しい・・・ところもあるので、ギャップを感じない為にもしっかりとデメリットになることも押さえておきましょう。
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師としてNICUに配属になったり、これから第二新卒として転職を考えているという人のために、メリットだけではなくデメリットになる点もまとめてみました。NICUでは、看護師にとって精神的な負担も大きい・・・といったところもあるので注意が必要です。NICUで働きたい人はチェックしておきましょう。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先