知らないと損!新人看護師の病棟選び方

知らないと損!新人看護師の病棟選びのポイント

知らないと損!新人看護師の病棟選びのポイント

 

新人看護師が転職する場合、次の転職先ではどのように病棟選びをすればいいのでしょうか?

 

新人看護師,病棟選び

 

適当に選んでしまっては、転職に失敗して早期退職に…ということにもなりかねないので危険です。

 

新人看護師が病棟選びで失敗しないためには、次のことをおさえましょう。

 

自分に合った科目は何だろう?何科を希望するのか考えよう

 

新人看護師の転職では希望している科や学びたい科、興味のある科について面接で質問されることになるでしょう。

 

何も分からずに、どこに配属されても一生懸命頑張ります!という答え方もできると思いますが、せっかくなら希望したい科ややってみたい科に配属してもらえるように希望を伝えてみるのも一つだと思います。

 

「配属はどこでもいい」と伝えたことで、本当に忙しくて激務なところに配属されても困りますし、自分の性格に合わないところになってしまったとしても少々問題です。

 

自分には内科系か外科系か、はたまた、精神科なのか…と、希望がなくても大まかでもいいので考えておきましょう。

 

新人看護師,病棟選び

 

内科系

 

新人看護師に最も人気のある科で、病気について知識を幅広く身に付けることができます。

 

患者さんの状態や様態をじっくり観察して、アセスメントすることから洞察力も高まります。

 

内科で学ぶことで、患者さんの全身状態をみることができるようになります。

 

性格的には、比較的おっとりした性格の方に合っています。

 

先輩看護師でも外科系に比べれば、雰囲気や物腰がやらかい方が多いですよ。

 

外科系

 

外科はサバサバしていたり性格がさっぱりしている方やテキパキと動くのが好きという方に合っています。

 

清潔・不潔から検査や術前術後の経過から、合併症までといった一通りの処置を学び、患者さんの回復を見ることができるので、やりがいにもつながりやすいです。

 

手術が頻繁にあったり、緊急入院が多い外科病棟おでは、回転自体ははやくて忙しいこともあります。

 

そのため、看護師はルーティン業務に対応しながら、臨機応変に術前術後の準備などの対応する力が身に付きます。

 

内科より病状が目に見えるので分かりやすいです。

 

循環器科

 

循環器について専門的に学びたいという意欲のある方、勉強が好きな方には合っています。

 

循環器内科の病棟は、常に勉強も必要な場所です。

 

でも、循環器内科での対応する力や心電図を学ぶことによって、将来的にも看護師として幅が広がり転職もしやすくなります。

 

厳しい環境に身を置いてスキルアップしていきたいという方であればいいでしょう。

 

精神科

 

精神科自体に興味があり、専門的に学びたいという方にはいいでしょう。

 

仕事自体は比較的落ち着いていて、コミュニケーションを通して患者さんに寄り添いたい方には向いています。

 

薬での治療が中心になるため、新たに看護技術を学んでいくといった環境ではありませんが、残業は比較的少ないので仕事よりもプライベート重視したい方に合っています。

 

整形外科

 

捻挫や骨折といったケガをした患者さんに、処置やリハビリを行います。

 

患者さんの命に関わることがほとんどなく、精神的な負担が少なくなります。

 

患者さんも話ができる元気な人が多いので、コミュニケーションがとりやすいです。

 

術前術後のケアができたり、患者さんが回復して退院する過程がみることができ分かりやすい点でも人気です。

 

どちらかというと細かいことが苦手だったり、大雑把な気質の方に合っています。

 

ICUや救急センター

 

診断をつく前の患者さんの状態を見る事ができます。

 

患者さんをみて初動するので、新人看護師であればさまざまな疾患や症状、薬などの知識や、フィジカルアセスメントの能力が身に付きます。

 

最初にいろんな科の重症な患者さんをみるので、将来的にどの科へ行っても役に立ちます。

 

また、緊急入院をすることになった患者さんのご家族へのフォローも大切となってきます。

 

救急は一般病棟と比べて、どちらかというと、気が強くて性格もドライな方が多く、そういう方が向いています。

 

小児科

 

小児科に興味がある方も多いですよね。小児科を専門的に勉強したい人にとってはいいでしょう。

 

小児といっても外科や内科、皮膚科・・・、小児であれば様々な疾患について幅広く勉強することがきます。

 

子どもに接することが好きだったり、元気よくお明るい方に多いです。

 

病棟見学で次のポイントを押さえよう

 

転職時の面接では、面接後に病棟全体を見学をして回れることがほとんどです。

 

この機会を最大限に活用して、病棟の雰囲気を確認しておきましょう。

 

では、実際に何にポイントを置いて見学すればいいのでしょうか?

 

新人看護師,病棟選び

 

看護師の年齢層は?

 

病棟で働く看護師に、同じ年代の人がいるのかや、どれくらいの年齢層の人が働いているのかチェックをしましょう。

 

自分と同じくらいの年齢層の人が働いているのかどうかや、ママさんナースであれば、ママさんでも働きやすい職場かどうかも分かります。

 

転職後にギャップがないように見ておくことは大切ですよ。

 

機械類や設備は古すぎないか、物品は生理整頓されているか

 

設備が古すぎると、もしかするとその病院自体に新しい機械類もを買い揃える力がないということも考えられます。

 

こうした病院では、病院の経営自体が赤字で賞与もあまり出ていないといったこともあり得ます。

 

また、設備などが古い病院であっっとしても、院内が清潔かどうかや、物品がきれいに整頓されているかなどもチェックしておくといいですね。

 

紙カルテ?電子カルテ?

 

最近ではほとんどが電子カルテですが、まだ病院によっては紙カルテを使用しているところもあります。

 

新人看護師さんの場合、今はほとんどが電子カルテを経験してきていると思うので、念のため確認しておきましょう。

 

電子カルテでもどんなシステムを使っているのか見せてもらえることもあるので、以前と同じかどうも参考になりますよ。

 

勤務中の看護師に質問してみよう

 

病院の見学時には、採用担当者から病棟で勤務中の先輩看護師の仕事を止めて何人かを紹介してくれることがあります。

 

そうした機会があれば、せっかくなので質問をしてみるといいですよ。

 

聞きたいことが思いつかないという方は、その先輩看護師がその病院で働き始めてどれくらい経過しているのかや、新卒で入職したのか、中途で入職したのかといったことを聞いてみるのもいいかもしれません。

 

中途採用の看護師が長く働き続けている場合には、中途でも働きやすい環境があるということです。

 

チャンスがあれば、積極的に聞いてみましょう。

 

 

働いている看護師は殺伐としていないか?

 

病棟見学においては、必ず病棟で働いている看護師の様子をチェックしておくといいですよ。

 

病棟自体がばたばたしていて緊張感が張り詰めているというような状態でないか、働いている看護師はイキイキと働いているかどうかも見学時にチェックしてみるとよくわかります。

 

ナースステーションに通してもらうことがあれば、看護師同士の会話にも注目してみてもいいかもしれませんね。

 

少なからずあなたを笑顔で迎え入れてくれるようなところの方がいいですよね!

 

 

こうした病棟選びのポイントを知っておくと、ただ単純に見て回る病棟見学と比べて格段に発見できることがたくさん出てくるでしょう。

 

もちろん病棟の雰囲気だけでなく、採用担当者や事務長、師長や部長といった方々の話から得られる情報とギャップがないかも確認しつつ、最終的な判断をするようにしてみましょう。

 

 

病院や病棟選びに悩んでいる方へ

 

自分に合った病院や病棟がどこか分からない・・・という方には、転職サイトのコンサルタントへの相談がオススメです。

 

新人看護師,病棟選び

 

転職サイトでは、転職することにまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

事前に知りたい病院の情報を教えてもらえたり、自分に合う病棟はどこか探してもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

 

 

 

 

よく読まれる記事

新人看護師が「3カ月で辞める」とどうなる?【※3カ月退職の心得】
入職して3カ月で「すぐにでも辞めたい!」と早期退職に踏み切る新人看護師さんも少なくありません。新人看護師が3か月辞めたい理由って?辞める前に必要なことがあります!3カ月退職の心得。
人間関係の良い病院の探し方
新人看護師さんの初めての転職するなら、人間関係の良い病院で働きたいですよね。でもどうやったら人間関係の良い病院だと分からるのでしょうか?もう人間関係で悩まない!
新人看護師が辞めない病院の探し方
新人看護師が辞めない病院ってある?やっぱり新人看護師の離職率が低い病院は、働きやすい良い病院なのでしょうか?新人看護師が辞めない病院を探している方へ。
転職エージェントを利用する意味
経験やキャリアがある看護師だけが利用できると思っていませんか??新人看護師さんでも利用することができる転職エージェントのメリットや転職エージェントを利用する流れについて説明しています。
転職エージェントは悩み相談だけでもいい?
今の職場を辞めたいけど、まだ退職して転職することを迷っている状態で、転職エージェントに登録をしてもいいのでしょか?転職エージェントに早めに登録しておくメリット。
3カ月以内で退職はどう見られる?
新人看護師が3カ月以内で早期退職してしまった場合、転職するときにどのように見られるのか?早期退職した新人看護師でも大切に育ててくれる病院の探し方。
新人看護師の転職は複数の病院を受ける方がいい
新人看護師の初めての転職は、必ず病院を2つか、3つか受けることをお勧めします。できれば、少しタイプの違う病院を選択して、受けてみることで働きたい場所が明確になりますよ。
新人看護師でも転職サイトの「非公開求人」に応募できる?
非公開求人の中身、気になりませんか?元転職カウンセラーが非公開求人の中身について教えちゃいます。非公開求人って実はこんな求人なんです。新人看護師でも「非公開求人」に応募できるのか?
年間休日のウソ・本当?
年間休日120日以上!年間休日の中に、有給休暇はどれくらい含まれているの!?看護師が求人を見るにあたって、押さえておきたい年間休日の真実に迫ります。
転職サイトは複数登録するべき?
看護師の転職サイトは複数登録するべきなのか?元コンサルタントとしては、転職サイトに複数登録をしてその後に一つに絞って利用するのがオススメです。転職サイトがありすぎて、どこがいいか迷っている方へ。
新人看護師の転職成功のカギ
半ば強引に希望もしていない病院の面接を組まれた!一方的に1つの病院を紹介してくる!!新人看護師の転職成功のカギを握るのは、紹介会社選びから始まっています。あなたの紹介会社は大丈夫?
転職サイトへの登録後の流れ
看護師の転職サイトに登録したらどんな流れで進めていくの?新人看護師で初めての転職なら、疑問や不安も出てきて当然ですよね。元転職サイトのコンサルタントとして、分かりやすく流れのポイントをまとめています。
退職と転職のタイミング
新人看護師は退職してしばらく休んでから転職活動を始めてもいいの?新人看護師が押さえておきたい退職と転職のタイミングについて、元転職コンサルタントがお答えします。
看護師が病院を選べる時代の終わりが迫っている!?
病院側が看護師を選ぶ時代がもうすぐ迫ってきています!今の職場で働き続けることは考えられないという方は、できるだけ早い段階で転職する方が、結果的により良い転職先を選べることになりますよ。
ブラック病院の見分ける方法
あなたはブラック病院で働いていませんか?新人看護師なら一番最初に入職した病院が全てだと思って当然です。そんな新人看護師のために、ブラック病院の特徴と、効率的に見分ける方法についてまとめています。
転職が怖い
新人看護師の転職は怖くて当たり前!?転職が怖くて辞めないのは、結局自分にとってマイナスなこともあります。嫌な職場でこのままずっと働けますか?ほんの少しの勇気があれば、情報収集からスタートすることだってできるんです。
条件交渉する為の方法
新人看護師が転職で条件交渉するのは、やっぱり不利なの?夜勤の有無、夜勤回数、休日、入職時期、給料面…あなたにとっての譲れない条件を上手く交渉するためのたった一つの方法をお伝えします。
給料未払い病院
大阪の大正区にある病院で、給料未払いの病院に警察の捜査が入りました。看護師は、間違っても転職でこのような経営状態が悪い病院に転職しないように気を付けなければいけません。見極め方とは?
ハローワークのメリット・デメリット
新人看護師は転職でハローワークを利用するべき?しなくてもいい?新人看護師にとってのハローワークのメリット・デメリットについてまとめています。デメリットも理解した上での利用を心がけましょう。
ハローワーク求人を探す前に
第二新卒の看護師として転職をする時に、ハローワークで求人を探すならその前に押さえておくべきことについてまとめています。ハローワーク求人で絶対に転職に失敗したくない看護師さんは要チェック!
辞める勇気
新人看護師が辞めたくてもなかなか辞める勇気が持てないのは当然のことです。激しい雇い止めにあったり、短期間で辞めることの怖さがありますよね。でも、あなたは本当にそのままでいいのですか?
第二新卒の看護師としてクリニックへ転職
第二新卒の看護師としてクリニックに転職するなら、事前に押さえておくべきことがあります。安易に転職するとすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先