新人(第二新卒)看護師が脳神経外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が脳神経外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が脳神経外科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師として脳神経外科の病棟に配属になったり、これから第二新卒として脳外のある病院へ転職したいと考えている人もいるかもしれませんね。

 

でも、実際には脳外の病棟はそれなりに忙しく体力も使う病棟でもあります。

 

新人看護師,脳神経外科

 

ここでは、脳神経外科の特徴や看護師の仕事内容、新人(第二新卒)看護師として脳神経外科で働くメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

脳神経外科への転職を安易に考えているとギャップを感じてすぐに辞めてしまうことにもなりかねません。

 

メリットだけではなく、きちんとデメリットになる部分も押さえておきましょう!

 

脳神経外科の特徴って?看護師の仕事内容は?

 

脳神経外科では、その名前の通り脳に関係している疾患を診察したり治療する診療科になります。

 

脳梗塞やくも膜下出血、脳腫瘍、てんかん、パーキンソン病、顔面痙攣、頭部の外傷・・・といった脳にまつわる疾患を治療しているところです。

 

脳神経外科の看護師の仕事内容としては、診察の介助、点滴、検査(CT、MRI、血流検査、血管造影検査など)といったことから、手術前後の対応まで行います。

 

脳外の患者さんには、脳に疾患がある患者さんも多いため、中には意識がはっきりしていない患者さんもいることから、コミュニケーションが取ること自体が難しい方も多いです。

 

看護師が、言葉を自ら発することが難しい患者さんでも、全身状態をよく観察しながら医師とも協力しあってケアしていくことが何よりも大切となってきます。

 

術後の急変も見逃せないことから、ちょっとしか異常にはすぐに気づけけなければいけません。

 

また、くも膜下出血などで倒れた人が運びこまれてくると、一分一秒を争って緊急オペが行われることもあります。

 

オペが多い脳外では、看護師が臨機応変に対応して業務をこなしていくことが求められる現場です。

 

病棟であれば、忙しい中でも受け持ちの患者さんの観察をして、異変にも気づかなければいけないため、忙しいながらも冷静さを保つことが必要な病棟と言えるでしょう。

 

これからオペを受ける患者さんには、基本的には医師がオペの説明を行っていますが、患者さんから質問をされたりした場合には応えられなければいけないですし、手術に対して不安な気持ちも取り除いであげられるようにフォローしなければいけません。

 

また、本人だけではなく、大きな手術であれば、患者さんのご家族の不安も取り除けるように気を配る必要も出てくるのでコミュニケーション能力は必須です。

 

 

看護師が脳神経外科で働くメリットって?

 

新人(第二新卒)護師が脳神経外科で働くメリットにはどんなところがあるのでしょうか?

 

脳外の豊富な知識と経験、高度なスキルを身に付けることができる

 

脳外に関する専門的な知識を身に付けることができ、重症な患者さんの緊急入院やオペも多いことから、看護師は臨機応変な対応力が身に付きます。

 

脳外を学ぶと看護師はその後も転職に有利に

 

脳外での経験は、意識のない患者さんをモニターを通したり、患者さんの全身状態をみてアセスメントしていくことから、脳外の病棟で働いていることによって看護師としても非常に高度なスキルが自然と身に付きます。

 

脳外で経験を積むことで、他科からも引っ張りだこになるくらい信頼される看護師になることもできるでしょう。

 

リハビリについても学ぶことができる

 

脳に障害を抱えているために、歩くことが困難でリハビリが必要な患者さんもいます。

 

摂食や嚥下障害を持った患者さんもいるため、そうした方の介助や看護スキルも他職種と協力しながらリハビリにあたります。

 

こうしたリハビリについての知識や技術も合わせて身に付けることが可能です。

 

給与が高い傾向に

 

患者さんは急変しやすく、何かあったら集中的に看護が必要となることもある環境です。

 

そのため、突発的な残業も発生しやすいので、残業が多くなりがちではありますがその分、給与は他の病棟の看護師よりも高めです。

 

また、脳外に力を入れているような専門病院であれば、中途採用の看護師に対してもともと給与設定自体を高い傾向にあります。

 

給与をもっとアップさせて働きたいと考えている看護師にとっては、選択肢の一つといえるのではないでしょうか。

 

 

看護師が脳神経外科で働くデメリットって?

 

ではその一方で、新人(第二新卒)看護師が脳外で働くデメリットには何かあるのでしょうか?

 

知識量が膨大になってしまうので常に勉強が必要

 

脳の疾患に関わることはもちろん、患者さんは脳の疾患を抱えているため、モニターを通して観察する必要があります。

 

モニターの扱いになれていればいいですが、新人看護師で初めての方の場合は、モニターの扱い方から、数値の読み方まで学ばなければいけません。

 

モニターに異常があれば、どのように対応するかも含めて覚えることはたくさんあります。

 

学ばなければいけないことは多いので、新人看護師にとって最初のうちは勉強に追われることになります。

 

精神的・体力的にきついこともある

 

脳外の患者さんは脳疾患を抱えた重症な患者さんが多く、気を抜けない看護が必要となります。

 

さらに、脳に疾患があることから、患者さんの体交や褥瘡処置といったことも、頭を動かさないように気を遣って行わなければいけません。

 

慣れるまでは、普通よりも神経が使うことも多いので、精神的にも体力的にもきつくなることはあるでしょう。

 

 

新人(第二新卒)看護師が脳神経外科で働きたいならどうする?

 

脳外での看護師は、それなりに体力も必要になるためタフでなければ勤まりません。

 

また、専門的に学ぶこともたくさんあることから、常に勉強し続けなければいけない科で一人前になるにもそれなりの時間を要します。

 

でも、すぐにできない・・・、ついていけない・・・からといって、あきらめる必要は全くありません。

 

興味があれば、どこへでも通用する看護師としてのスキルが身に付くので、脳外に興味があるという人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

デメリットになることも理解した上で、それでも脳外を学びたいという人は、まずは自分の病院で脳外病棟へ異動できないか師長に相談してみてくださいね。

 

それでも異動ができそうになかったり、自分の病院には脳外の病棟がそもそもないという人は、転職サイトを使って脳外のある病院jを探してみましょう。

 

新人看護師,脳神経外科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>脳神経外科のある病院を転職サイトを使って探してみる

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を学んでおくといいと言われることもありますよね。新人で内科に配属されたり、これから第二新卒で内科希望で転職を考えている人は、働くメリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。仕事への理解を少しでも深めておくとギャップが少なくなりますよ。
外科
新人看護師として外科病棟に配属されたり、あるいは、これから第二新卒の看護師として外科病棟で働くことを希望している場合には、ギャップを感じない為にもメリットになることだけではなく、デメリットになることも押さえておくようにしましょう。
精神科
新人(第二新卒)看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。つぶしが効かない精神科なだけに、将来的なことも考える必要がありますよ。
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
消化器外科
新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。急変も多い忙しい病棟になるので、メリットだけではなくしっかりとデメリットになることも把握しておきましょう。
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
整形外科
新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。整形外科はオペ対応に追われて忙しくなりがち・・・、臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。患者さんの回復していく過程が見たいという人はチェックしておきましょう。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。第二新卒として転職を考えている人もデメリットになることを押さえておかないと、ギャップを感じて早期退職してしまうこともあるので注意が必要です。
泌尿器科
新人看護師として泌尿器科に配属になったり、あるいは、これから第二新卒の看護師として泌尿器看護を学びたい!と考えている人のために、泌尿器科で働くメリット・デメリットをまとめてみました。デメリットになることもしっかり理解しておかないと、ギャップを感じてすぐに辞めてしまうことにもつながるので注意しましょう。
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属されたり、第二新卒の看護師として糖尿病内科を学びたいという人はメリットだけではなく、デメリットになることも押さえておきましょう。残業は少ない部署ですが、患者さんとのコミュニケーションが難しいところも・・・。
血液内科
新人看護師として血液内科に配属されたり、第二新卒の転職で血液内科を学びたい人もいるのでは?血液内科では、患者さんに寄り添った看護がしやすい反面、神経をすり減らしてしまう部分も・・・。ギャップを感じてしまわない為にも、メリットではなくデメリットになることもしっかりと押さえておくようにしましょう。
内分泌・代謝内科
新人看護師として内分泌・代謝内科に配属になったり、第二新卒の看護師として学びたいと考えている人のためにメリット・デメリットをまとめてみました。患者さんとのコミュニケーションを取るのが難しい・・・ところもあるので、ギャップを感じない為にもしっかりとデメリットになることも押さえておきましょう。
眼科
新人護師で眼科に配属になったり、これから第二新卒として眼科を学びたいと考えている人は、ギャップを感じてすぐに辞めてしまわない為にも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。眼科病棟の看護師の具体的な仕事内容やメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師としてNICUに配属になったり、これから第二新卒として転職を考えているという人のために、メリットだけではなくデメリットになる点もまとめてみました。NICUでは、看護師にとって精神的な負担も大きい・・・といったところもあるので注意が必要です。NICUで働きたい人はチェックしておきましょう。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先