新人看護師が混合病棟で働くメリット・デメリット

新人看護師が混合病棟で働くメリット・デメリット

新人看護師が混合病棟で働くメリット・デメリット

 

新人看護師が単科病棟に配属されることもあれば、混合病棟に配属されることもよくあることでしょう。

 

ここでは、混合病棟に配属された場合のメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

 

新人看護師,転職

 

混合病棟のメリット

 

看護師として幅広い経験を積むことができる

 

やはり混合病棟になれば、それだけ多くの経験を積むことができます。

 

扱う疾患は広く、手術件数も多い混合病棟であれば、それだけ学ぶことも多くなるということです。外科系と内科系が混合していれば、それぞれについて学びを深めることも可能です。

 

看護師としてのスキルアップが一つの病棟でできることはメリットが大きいですよね。

 

 

自分の興味のある分野が発見できる

 

新人看護師は混合病棟で働くことで、自分のもっと学びたい科目について発見できるきっかけとなることがあります。

 

一つの科についてもっと学びを深めたい、専門的に学びたいという意欲が出てきたら、希望している科の単科病棟への転職をしたり、専門病院に転職することで専門的に学んでいくことも可能です。

 

異動や転職をしなくても様々な科を学べる

 

単科であれば、その科目の患者さんのことしか学ぶことができないため、他の科を学ぼうと思った場合には、異動をして一から新しい病棟で学ぶか、転職して新たな環境で学ぶかのどちらかになってしまいます。

 

一方、混合病棟にいれば、1つの同じ病棟で、消化器を学べれば、整形も学べる…といったように、病棟をわざわざ異動や転職をしなくてもたくさんの知識を身に付けられるようになります。

 

混合病棟のデメリット

 

新人看護師にとっては勉強の幅が広すぎる

 

何科の混合病棟によっても異なってきますが、科目が多ければ多いほど、それだけ疾患のことや、疾患に対しての看護ケアを学んでいく必要があります。

 

勉強量も単科病棟に比べて多くなってしまうので、新人看護師にとっては、最初は大変なこともあるでしょう。

 

専門分野が身に付かない

 

主科目がないような混合病棟であれば、浅く広く科目全体を学ぶため、一つの科について専門的な分野が身に付かなくなってくることもあるでしょう。

 

いろいろな医師とのコンタクトが面倒に

科によって医師も異なってくるため、それぞれの医師とコンタクトを取る必要が出てきます。

 

全員が穏やかで関わりやすい医師であればいいのですが、そうとも限らないですよね。

 

1人であれば、だんだんと慣れてきて性格についても理解できてやりやすくもなりますが、いろんな医師と関わることでやりにくい医師も出てきて、なかなか性格もつかめずに苦労することもあるようです。

 

リーダー業務に入るのが単科病棟に比べて遅くなりやすい

 

看護師3年目でリーダー業務を任されることも多いのですが、単科病棟の看護師はそれよりも早く任されることもあります。

 

単科よりも混合病棟の方が、範囲が広いために学ばなければいけないことは多いのです。

 

 

混合科が激しい病棟は分かりにくい

あまりに病棟の混合科が進み、何でもありの混合病棟になってしまっているところもあります。

 

その場合、あまりに多い診療科でいろんな疾患の患者さんをとにかく受け入れていると、幅は広いけれど観察のポイントもそれぞれで分かりにくく、曖昧になりがちになってしまうこともあるのです。
結局、いろんな科の混合病棟で働いていたけれど、それぞれの浅い知識しか身に付かないということも起きてしまうのです。

 

新人看護師,転職

 

 

病院や病棟でも異なってきますが、混合病棟で学ぶことは様々な勉強になるので看護師としてのスキルアップにつながりますね

 

その分、学ぶことが多くなって大変ということもありますが、今後の長い看護師人生においてはきっとプラスとなることでしょう。

 

混合病棟だから忙しい、単科病棟だから楽ということはなく、単科でも忙しい病院は忙しいですし、混合病棟でも比較的のんびりしているところもたくさんあります。

 

転職希望先が混合病棟であるのであれば、どんな患者さんが多いのか、オペは多いのか、緊急入院はどれくらいかなどの具体的なことを転職サイトのコンサルタントから教えてもらうといいですよ。

 

でももし、集中的にゆっくりと一つの科を学びたいのであれば単科の病棟を希望しましょう。

 

 

どこの転職サイトがおすすめ?

 

新人看護師で転職を考えているなら転職サイトのコンサルタント相談がおすすめです。

 

 

新人看護師,転職

 

転職サイトでは、転職することにまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全です。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

 

 

よく読まれる記事

病院以外への転職は逃げ?
もう病院で働きたくない…病院から離れたい!!!新人看護師が病院以外の職場へ転職するのは、逃げになるの?病院以外へ転職することは、逃げです。でも、大切な逃げが時としてあるのです。
クリニック
新人看護師ってクリニックへの転職はできないのか!?体調が回復するまでの間はクリニックで働きたい!病院で看護師はもう嫌だ…!という新人看護師さんへ。クリニックへ転職がしにくい理由と、新人看護師でもクリニックに転職する方法。
美容外科クリニック
新人看護師が美容外科クリニックで採用されるコツを知りたい!美容外科クリニックについて、メリット・デメリットを知ったうえでの転職をしよう!経験の浅い看護師が美容外科へ転職するときのポイント。
美容皮膚科クリニック
新人看護師が美容皮膚科クリニックに転職するメリット・デメリットは?美容外科や皮膚科の違い、美容皮膚科の看護師の仕事内容についてチェックしてみましょう!新人看護師として美容皮膚科はまだ早い?
健診センター
採血には自信がない…病棟経験も浅い新人看護師が健診センターに転職することはできるのか!?健診センターの仕事内容と働くメリット・デメリットについてもまとめています。
人間ドック
経験の浅い新人看護師が人間ドック専門クリニックに転職することはできるのでしょうか?健康診断と人間ドックとの違いや、求められているスキル、人間ドックの看護師の求人の探し方についてまとめています。気になる方は、チェック!
企業看護師
新人看護師だって企業看護師として働きたい!経験が浅い看護師は、やっぱり企業内医務室や診療所、健康管理室では採用されない?元転職エージェントのキャリアカウンセラーがその真実をお伝えします。
急性期病院
新卒看護師として急性期以外のところで働いているという人にとっては、このままでいいのかな?と将来が不安になってしまうこともあるかもしれませんね。スキルアップのために急性期病院へ転職する場合に気を付けておきたいこと。
介護施設
介護施設への転職は危険!?これさえ読めば、新人看護師の介護施設への転職がまるわかり!介護老人保健老健、老人ホーム、それぞれの仕事内容の違いや、メリット・デメリット、新人看護師が転職で気をつけることなど、元転職コンサルタントが徹底解説しています。
回復期リハビリテーション
新人看護師の回復期リハビリテーション病院への転職で知っておくべきメリットとデメリットについて。急性期に未練はもうないなら、回復期への転職もオススメです。
デイサービス
デイサービスの看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについて見ていきましょう。経験の浅い新人看護師がデイサービスに転職することは早すぎて危険なのでしょうか?デイサービスに興味のある方は要チェック!!
病院の外来
病棟はもう嫌だ!!看護のスペシャリストは目指していないから、病院の外来に転職をしたいという新人看護師さんへ。経験が浅い新人看護師が病院の外来勤務への転職を成功させる方法。
急性期⇒慢性期の療養型病院・病棟
新人看護師が急性期から慢性期の療養型病院・療養病棟へ転職するのは早すぎる?メリット・デメリットは?療養型の仕事内容と、療養型病院への転職を迷ったときに取るべき行動について。
透析室
新人看護師が透析室への転職で失敗に陥りやすいパターンを4つご紹介しています。安易に決めて透析室への転職を失敗させない為にはどうすればいいのでしょうか?
訪問看護
本来、訪問看護ステーションへの就職は、病棟経験が少なくとも3年以上ある看護師が望ましいとされてきましたが、最近では事情が変わっていました。今や新卒でも訪問看護ステーションへの就職ができる時代となりつつあるのです。
緩和ケア病棟
時間に追われることなく、じっくりと患者さんに向き合いたい、終末期医療に興味のある新人看護師さんへ。新人看護師が緩和ケア病棟で働くときに、知っておいた方がいい心得についてお伝えしていきます。
地域包括ケア病棟
2014年に新設された地域包括ケア病棟って何?新人看護師で地域包括に配属されたり、転職で考えている人のために、看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
大学病院から民間病院へ
大学病院と民間病院への違いを知らずに安易に転職するとギャップを感じて危険です。大学病院から民間病院への転職で気を付けておきたいことって?
民間病院から大学病院へ
民間病院の新人看護師だけど、教育環境が整っている大学病院への転職にチャレンジしたい!!民間から大学病院への転職ってできるの?大学病院の採用の時期や転職を成功させる秘訣についてご紹介しています。
企業立病院
企業立病院で働く予定の方や、興味があって転職したいと考えている方のために、新人看護師が企業立病院で働くメリット・デメリットについてまとめてみました。企業立病院でも、企業ごとでカラーが違います。
重症心身障害児(者)施設・病棟
重症心身障害児者の看護って?看護師の仕事内容は?新人看護師として重症心身障害児者施設や病棟で働くなら、メリットだけではなく、デメリットになる部分も理解した上での転職が必ず必要です。
保育園
まだ経験の浅い新人(第二新卒)看護師が保育園へ転職できるの?保育園看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。安易に転職すると危険なので、じっくり考える必要がありますよ。
ケアミックス病院
入職した病院が合わなかったり、ついていけなかったような新人看護師さんにとって実はオススメなのがケアミックス病院です。第二新卒レベルの看護師がケアミックス病院で働くメリット・デメリットについてまとめています。ステージの変化に合わせて柔軟に仕事を変えることができるって素晴らしい!
専門病院
特定の分野に興味がある!専門病院でスキルアップがしたい!経験の浅い新人看護師が専門病院に転職するメリット・デメリットについてまとめています。デメリットもきちんと理解した上で転職を決めましょう。
規模の小さい病院
新人看護師が規模の小さい病院へ転職するときに気を付けること。 中規模病院と小規模病院とではどちらがいいの?
地方から東京の病院へ転職
新人看護師が地方の病院を辞めて東京で転職する理由とは!?都会と田舎の病院の違いや、失敗しない地方から東京への転職の仕方について。
地方から大阪の病院へ転職
地方から大阪の病院へ転職したい看護師さんへ!!地方から大阪に出たいと大阪を選んだ理由と、楽な転職の仕方。
楽な科
もっと楽な科に移りたい!新人看護師にとっての楽な科って、何科になるのでしょうか?楽な科は人によって違うので、自分にとっての「楽」について考えよう。
土日休みの職場
不規則なシフト勤務がつらかったり、子供と休みを合わせたいといった様々な理由から、新人看護師でも土日休みで働きたいという方もいることでしょう。土日休みで働ける看護師の職場ってどんなところがあるのでしょうか?経験の浅い新人看護師にとってオススメの土日休みの転職先について考えてみました。
転職先を聞かれたときの答え方
新人看護師が退職を申し出た時に転職先を聞かれて迷ったら、どう答えるのがいいのでしょうか??新人看護師さんによく聞かれる質問ですが、迷ったくらいならこう答えるといいですよ。
新築移転した病院
新築オープンしたばかりの病院は、施設も設備も真新しい!!そんな新築移転したばかりの病院へ、新人看護師が転職するのは実は危険も伴うことを知っていますか??
「辞めて地元に帰りたい」新人看護師が取るべき選択は!?
都会の病院はもう嫌だ…、仕事も人間関係も疲れた…地元に帰って地元の病院で働きたい…。今の職場を続けるべきか、辞めて地元に帰るか悩んでいる新人看護師が取るべき選択はどっち?
治験コーディネーター
第二新卒の看護師として治験コーディネーターに転職することはできるの?仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。病院以外で働きたいと思ったらCRCもおすすめです。
年収アップできる病院
経験の浅い看護師が転職で年収アップさせることはできるのでしょうか?看護師の収入アップの方法と、高給与を出している病院の特徴についてまとめてみました。給与をUPさせたい看護師必見です!
訪問入浴
看護師として訪問入浴の仕事をするメリットデメリットって何がある?日勤のみで残業も少なく高収入も可能ですが、体力勝負でしんどいことも・・・。 訪問入浴の看護師の具体的な仕事内容について。
「転職サイト」を選ぶ前に
転職サイトへの登録はちょっと待った!新人看護師が【転職サイトを選ぶ前に押さえおきたいこと】についてまとめています。安易に選んでしまうと、希望していない病院の面接に連れていかれるってことも!?

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先