新人看護師が産婦人科で働くメリット・デメリット

新人看護師が産婦人科で働くメリット・デメリット

新人看護師が産婦人科で働くメリット・デメリット

 

看護師の中で人気のある科目の1つに、産婦人科があります。

 

あなたももしかすると、産婦人科への転職をして産婦人科看護を学びたいと考えているのかもしれませんね。

 

新人看護師,産婦人科

 

産科であれば、命の誕生という瞬間に立ち会えたり、産まれたばかりの新生児のケアもすることができる特殊な環境です。

 

でも、実際に産婦人科看護は難しい部分も多いので、メリットだけではなくデメリットになることも理解した上での転職が必要となってきます。

 

一般科に比べて特殊な病棟でもあるので、ギャップがないように心がけましょう。

 

ここでは、産婦人科の特徴や看護師の仕事内容、新人看護師として産婦人科へ転職するメリット・デメリットについてご紹介しています。

 

産婦人科の特徴って?

 

産婦人科は産科と婦人科に分かれていて、産科では妊娠、出産、産後を扱い、婦人科では女性生殖器の疾患を扱っています。

 

女性の臓器である子宮筋腫や子宮頸がん、性感染症から、更年期障害、不妊、生理不順、月経前症候群といった内分泌疾患を扱っているのが婦人科です。

 

また、産婦人科は、外科系の診療科になるため、外科的治療が多く執り行われていて、大学病院や規模の大きい総合病院では、手術件数がかなりの数にのぼる病院もあります。

 

産科では帝王切開術、流産、産後膣などの傷の手術などを行い、婦人科では、子宮筋腫や子宮頸がんの治療のための手術、卵巣や子宮がんの手術、不妊症に対する手術などが主に行われています。
さらに、婦人科系のがんについても扱うことこから手術時間も長時間に及ぶものも多かったり、抗がん剤治療も同時に行われていたりもします。

 

一方、病院とは違って、クリニックや医院の場合は、妊娠や出産を扱っていている産科が中心になっているところと、お産は扱わずに妊婦健診だけをしているところ、あるいは、不妊治療もあわせて行っているところと様々なところがあります。

 

新人看護師,産婦人科

 

産婦人科の看護師の仕事って?

 

産婦科病棟では、妊婦さんのお腹の張りに十分に気を付けながら、必要以上に妊婦さんの身体を動かしたりしないようにゆっくりと日常生活の援助をします。

 

そのほかにも、ほかの病棟でも行うような、採血、ルート確保、内服管理、内服確認といったことも覚えていきます。

 

また、子宮筋腫や帝王切開などの術前術後の準備や対応、分娩後や退院後の指導、赤ちゃんの授乳指導、赤ちゃんの沐浴指導、新生児の看護なども看護師が行っていきます。

 

一方、外来の場合であれあば、医師の診察や検査介助、妊婦健診の介助、ホルモン剤の注射といったことが看護師の主な仕事となってきます。

 

産婦人科で働く新人看護師のメリット

 

命の誕生の瞬間に立ち会える

 

産科であれば、子どもが産まれる瞬間に立ち会うこともできるのが、産科で働く看護師の魅力の一つです。

 

生まれたあとも看護を通して関わることで、幸せな気持ちを味わうことができるでしょう。

 

精神的ケアを学ぶことができる

 

妊婦さんの中には、流産してしまったり、赤ちゃんが生まれても未熟児だったり、何らかの障害を抱えて生まれてくることもあります。

 

また、婦人科の患者さんであれば、手術によって子宮を摘出したことによって、女性としての尊厳が奪われたと感じて心に深い傷を負ってしまう方もいたり、悪性の腫瘍があるために妊娠が望めないといった方まで実に様々なことで悩んでいる方が入院しています。

 

こうした場面での、看護師としての精神面のケアを通して支えることで学ぶことも可能です。

 

急性期からターミナルまで幅広い知識とスキルが身に付く

 

婦人科では、子宮癌や卵巣の患者さんもいることから、癌看護や手術についての基礎疾患を学ぶことができます。

 

急性期のオペが必要な患者さんから、抗がん剤治療を行っているようなターミナルの患者さんもいるので、幅広い知識とスキルを身に付けることが可能です。

 

産婦人科だから特殊とはいっても、他の科に行っても充分通用する基礎看護を学ぶことができるのです。

 

看護師から助産師へのスキルアップが可能

 

産科のある病院によっては、働いている看護師に対して助産師の資格取得に向けた助産師奨学金制度を設けているというような病院もあります。

 

助産師に将来的になりたいと考えている看護師とっては、こうした制度を利用すれば非常にメリットが大きくなりますね。

 

産婦人科で働く新人看護師のデメリット

 

看護師としての業務に物足りなさを感じることも

 

産科病棟では、妊婦さんの実際の診察やお産などは、主に医師や助産師が行います。

 

基本的には、外来で話をきいてバースプランを立てるのも助産師で、産前産後も乳房ケアなども助産師がメインとなって患者さんを見ていくことがほとんどです。

 

助産師と看護師とでは圧倒的にお産に関わる知識量が違うために、どうしても産科で働く看護師は肩身の狭い思いをしてしまったり、仕事上で物足りなさを感じてしまうことが出てきます。

 

産科病棟で働いて妊産褥婦さんに深く関りたい!と思っていても、結局は、助産師がメインになってくるために思っていたほどに関われないということが起きてしまうので注意が必要です。

 

女性しかいない職場で人間関係に悩むこともある

 

産婦人科は働いている助産師も看護師も、患者さんも含めて、医師以外は女性ばかりというところがほとんどです。

 

女性ばかりの職場はどうしても、ギスギスしてしまうことがあるので職場によっては人間関係で悩んでしまうこともあるかもしれません。

 

また、看護師と助産師のそれぞれの立場違いから、仕事の面でやりにくく感じてしまう看護師も中には多いですよ。

 

予測できない忙しさがある

 

産婦人科では、正常分娩だけではなく、緊急カイザーや妊婦さんの急変、死産など、様々なことが起こります。

 

手術や分娩件数が多い産婦人科であれば、その分いつ何時そのような事態が起こるかは分かりません。

 

そのため、突発的な残業も多くなりやすく仕事が終わる時間が読めないということもあるでしょう。

 

厳しい現実を冷静に受け止めなければいけないことも

 

いつも元気な赤ちゃんが産まれてくるとも限りません。

 

妊娠中に流産してしまったり、死産してしまったりしたり、未熟児だったり、障害を抱えて産まれてくることもあります。

 

また、妊婦さんが出産に伴って合併症を引き起こして亡くなってしまうこともあるのです。

 

どんなにつらい現実が待ち受けていても、看護師として冷静に受け止めなければいけないですし、どんなに辛い状況下でも本人やご家族に対しての精神的サポートを看護師としてしなければいけません。

 

産婦人科で学びたいと考えている看護師へ

 

ここまで、産婦人科で働く看護師の仕事内容やメリット、デメリットについてみてきましたがいかがでしたか?

 

産婦人科はやりがいがありそう!配属されて良かった!と思った方、なんだか厳しい世界かもしれないと思った方など様々だと思います。

 

一度、産婦人科の看護師を経験をしてみて、もっと深く学びたい、もっとお産や内診なども携わりたいという思いが出てきたのであれば、将来的に助産師を目指してみてもいいかもしれませんね。

 

 

産婦人科での看護に興味がある!もっと詳しく知りたいという方には、看護師の転職サイトを使って効率的に職場を探しましょう。
新人看護師,産婦人科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから産婦人科で働ける病院を探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>産婦人科の求人を看護師の転職サイトで探す

 

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器内科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師が押さえておきたい循環器内科の仕事内容と循環器を学ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。デメリットも理解した上で転職しなければギャップを感じてしまうこともありますよ。
整形外科
新人看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が整形外科への転職を安易に考えて転職するのは危険です。整形外科の仕事内容、特徴のすべて。
脳神経外科
新人看護師が脳神経外科で転職するときに知っておきたい仕事内容から、メリット・デメリットについて押さえておきましょう。脳外で働く看護師のデメリットも理解した上での脳外への転職はおすすめです。
小児科
新人看護師が小児科で働くときに知っておきたい小児科の特徴やメリット・デメリットについて押さえておきましょう。ただ単純に子どもが好き!だけでは務まらない!?は本当なのでしょうか?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師がICUで働くうえで押さえておきたい仕事内容やメリット、デメリットについてまとめています。ICUに配属された方やICUへの転職をお考えの方へ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師で配属された場所がオペ室だったり、オペ室への転職を考えている方のために、メリット・デメリットについてまとめてみました。オペ室の看護師の仕事は奥が深い!単純に機械を覚えるだけでもありません。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先