新人(第二新卒)看護師が外科病棟で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が外科病棟で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が外科病棟で働くメリット・デメリット

 

処置をたくさん学びたい!患者さんの回復していく姿をみたい!という人は、外科病棟で働くことを考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

新人看護師,外科

 

ここでは、外科における看護師の仕事内容と、働くメリットだけではなくデメリットになることも理解を深めておきましょう。

 

なんとなく外科がいい?で決めてしまうと、いざ外科で働いてみたらギャップを感じていしまうことも少なくありません。

 

外科には、整形外科、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科・・・と細分化されていて、それぞれの専門分野で看護師が必要な知識も変わってきます。

 

ここでは、外科でも一般外科についてまとめてみました。

 

新人看護師として外科病棟に配属になったり、あるいは、第二新卒の転職で外科病棟で働きたいと考えている人はチェックしておきましょう。

 

外科の特徴ってどんなこと?

 

外科というと、言うまでもなく外科的手術を行って治療していくところが外科になります。

 

病気になった患者さんが投薬などによって治療するところが内科で、外科的手術におって治療する場合が外科になります。

 

外科に来る患者さんは、子供から中高年、高齢者までといった幅広い方が中心になっています。

 

外科治療が必要な方は年齢層の幅が広いので、看護師として様々な年齢層の方を看護していくことになります。

 

外科病棟での看護師の仕事って?

 

外科では日頃のルーティンワークに加えて、オペ前後の処置や手術の説明も患者に対して行います。

 

また、これから手術がある患者さんはどうしてもこれから待ち受けている手術に不安になってしまうもの・・・です。

 

そんな時に看護師が、手術の説明をするだけではなく、患者さんの不安を取り除くために声掛けをしたり精神的なフォローをしたりすることがとても大切です。

 

そして、患者さんだけではなくて、大きな手術であればあるほど、患者さんのご家族に対してのフォローも必要となります。

 

手術が行われて動揺があるご家族のフォローにも看護師は追われることもありますよ。

 

新人看護師,外科

 

看護師は、患者さんをオペに出した後は、オペ戻りの準備でベッドメイキングをしたり、手術後に呼吸器といった医療機器など必要であれば、そういった必要なものの準備も行います。

 

もちろん、手術の患者さんだけでなくて、受け持ちをしている他の患者さんに対する業務もあるため、オペ前後では忙しくなりがちです。

 

オペ出しを始める前にどの業務をどこまでを終えるのか、オペが終わった後にどの業務を片付けるのかといった臨機応変な仕事の仕方が求められてきます。

 

新人(第二新卒)看護師が外科病棟で働くメリット

 

では、外科で働く看護師のメリットには何があるのでしょうか?

 

処置の経験を多く積むことができ、スキルアップにつながる

 

清潔・不潔・検査や、術前術後の患者さんの経過、合併症といった一通りの看護で必要な処置について学ぶことができる場所です。

 

高齢者が多い病棟であれば、急変も多くあり対応力も付くことでしょう。

 

外科を経験していないベテラン看護師さんが新人に戻って学びたい科でも外科を挙げる方が多いです。

 

外科を学んでおくことで、今後、様々な分野で活かして働くことができるようになるので、看護師として役に立つスキルが身に付きます。

 

患者さんの回復していく過程を見る事ができる

 

外科病棟では、手術をして患者さんの状態が良くなれば、患者さんは退院していきます。

 

患者さんと関係ができていれば、元気になった患者さんからは感謝されることもあるでしょう。

 

回復過程が目に見えて分かるので、やりがいを持って仕事に取り組むことができるはずです。

 

新人(第二新卒)看護師が外科病棟で働くデメリット

 

一方、デメリットには何かあるのでしょうか?

 

勉強会や研修が多くなりやすい

 

医療は常に新しいものへと進化していますよね。

 

新しい治療が導入されれば、看護師もそれに合わせて必要な処置なども勉強していかなければいけません。

 

そのたびに、勉強会や研修も開かれるために、最新の治療を積極的に行っているような病院ではこうしたことが負担となってしまうこともあるでしょう

 

展開がはやくて病棟はバタバタしている

 

比較的おっとりした性格の看護師であれば、入退院が多い外科ではついていくことも大変に感じてしまうこともあるようです。

 

患者さんの入院期間も短いので、早い方は数日、長くても数か月です。

 

その度に、患者さんの入退院の準備や、処置の追われて病棟はすぐに忙しくなってしまいます。

 

オペもあればオペ前後の対応もあるため、どうしても病棟はバタバタしがちです。

 

優先順位を考えながら、何でも臨機応変にテキパキこなすことの方が好きな看護師の方が、外科には向いているでしょう。

 

患者さんとは長いコミュニケーションは取りづらい

 

外科では展開が速いということもあり、一人ひとりの患者さんとゆっくり会話をしていると処置や日々の業務が追い付きません。

 

患者さんには伝えるべきことを端的に伝えて、はい!次!と切り替えができる方の方が働きやすくなります。

 

要領よくポイントを伝えられるように工夫しながら働く必要も出てきます。

 

新人(第二新卒)看護師が外科病棟で働きたいならどうする?

 

外科で働くことを希望しているなら、メリットもデメリットも両方理解したうえで、自分には向いているのか?と考えてみましょう。

 

新人看護師で外科を経験しておけば、どんな場所でも将来的に活躍できるスキルを身に付けることができます。

 

年齢を重ねてからの看護師は内科を希望する方が多くなるので、興味のある方はできるだけ若いうちに外科病棟を経験してみるといいですね!

 

 

外科で働きたい思いがあるなら、看護師長に相談して外科へ移るということができそうでしょうか?

 

もし、今の病院では将来的にも異動ができそうになかったり、ほかの病院の外科病棟について知りたいと考えているのであれば、看護師の転職サイトを使って効率的に探してみましょう。

 

新人看護師,外科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を学んでおくといいと言われることもありますよね。新人で内科に配属されたり、これから第二新卒で内科希望で転職を考えている人は、働くメリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。仕事への理解を少しでも深めておくとギャップが少なくなりますよ。
精神科
新人(第二新卒)看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。つぶしが効かない精神科なだけに、将来的なことも考える必要がありますよ。
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
消化器外科
新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。急変も多い忙しい病棟になるので、メリットだけではなくしっかりとデメリットになることも把握しておきましょう。
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
整形外科
新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。整形外科はオペ対応に追われて忙しくなりがち・・・、臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。患者さんの回復していく過程が見たいという人はチェックしておきましょう。
脳神経外科
脳外はそれなりに体力のいる部署なので、精神的にも肉体的にもタフでないと続けていけない部署なの!?新人看護師として脳外の病棟に配属されたり、これから第二新卒として脳外を学びたい人へ。仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。第二新卒として転職を考えている人もデメリットになることを押さえておかないと、ギャップを感じて早期退職してしまうこともあるので注意が必要です。
泌尿器科
新人看護師として泌尿器科に配属になったり、あるいは、これから第二新卒の看護師として泌尿器看護を学びたい!と考えている人のために、泌尿器科で働くメリット・デメリットをまとめてみました。デメリットになることもしっかり理解しておかないと、ギャップを感じてすぐに辞めてしまうことにもつながるので注意しましょう。
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属されたり、第二新卒の看護師として糖尿病内科を学びたいという人はメリットだけではなく、デメリットになることも押さえておきましょう。残業は少ない部署ですが、患者さんとのコミュニケーションが難しいところも・・・。
血液内科
新人看護師として血液内科に配属されたり、第二新卒の転職で血液内科を学びたい人もいるのでは?血液内科では、患者さんに寄り添った看護がしやすい反面、神経をすり減らしてしまう部分も・・・。ギャップを感じてしまわない為にも、メリットではなくデメリットになることもしっかりと押さえておくようにしましょう。
内分泌・代謝内科
新人看護師として内分泌・代謝内科に配属になったり、第二新卒の看護師として学びたいと考えている人のためにメリット・デメリットをまとめてみました。患者さんとのコミュニケーションを取るのが難しい・・・ところもあるので、ギャップを感じない為にもしっかりとデメリットになることも押さえておきましょう。
眼科
新人護師で眼科に配属になったり、これから第二新卒として眼科を学びたいと考えている人は、ギャップを感じてすぐに辞めてしまわない為にも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。眼科病棟の看護師の具体的な仕事内容やメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師としてNICUに配属になったり、これから第二新卒として転職を考えているという人のために、メリットだけではなくデメリットになる点もまとめてみました。NICUでは、看護師にとって精神的な負担も大きい・・・といったところもあるので注意が必要です。NICUで働きたい人はチェックしておきましょう。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先