新人(第二新卒)看護師が心臓血管外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が心臓血管外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が心臓血管外科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師として心臓血管外科に配属になったり、あるいは、第二新卒の看護師として心臓血管外科を学んでスキルアップを考えている人もいるのではないでしょうか。

 

新人看護師,心臓血管外科

 

でも、安易に考えて心臓血管外科で働くと、ギャップを感じてしまい早期退職に繋がってしまうことも・・・あるので注意が必要です。

 

ここでは、心臓血管外科の特徴や看護師の仕事内容、新人(第二新卒)の看護師として働くメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

ギャップをできるだけ少なくするためにも、心臓血管外科で働くメリットだけではなく必ずデメリットになる部分も押さえておくようにしてくださいね。

 

心臓血管外科の特徴って?

 

心臓血管外科では、狭心症・心臓弁膜症・動脈瘤や静脈瘤といった疾患に対して主に外科的手術によって治療を行います。

 

また、解離性大動脈瘤などの降圧治療や血栓症に対する治療を行っている診療科が心臓血管外科でうs。

 

大学病院などでは、心臓血管外科の単科病棟はありますが、民間の総合病院では、単科病棟よりも、循環器内科や呼吸器内科といった他の科と混合になっている病棟が中心です。

 

民間病院のような混合病棟になっている場合には、循環器の患者さんが8割で、心臓血管外科の患者さんが2割などと分かれているので、働く場合には、どちらがメインで患者さんか多いのかなど確認しておくと働く上でギャップが少なくなるでしょう。

 

新人看護師,心臓血管外科

 

心臓血管外科病棟の看護師の仕事内容って?

 

看護師の間では、心臓血管外科のことを「心外(しんげ)」と略して呼ぶことも多いのですが、ここでは、この「心外」の病棟の看護師の仕事についてお伝えします。

 

心臓血管外科病棟の看護師は、狭心症や心臓弁膜症といった急性期の患者さんの術前術後の準備や対応から、退院後の生活を考えた指導などを行います。

 

心臓血管外科では、開胸オペといった大掛かりな手術も行うことから手術が終わった後も観察をしっかりと行う必要が出てきます。

 

何か少しでも異常があれば、看護師が瞬時に対応しなければならず、少しでも遅れてしまうことによって患者さんの命にも関わってしまうことのある大変な現場です。

 

また、検査や治療では患者さんへの精神的にも肉体的にも負担も大きいために、患者さんやそのご家族に対しても心のケアやフォローが必要です。

 

いかに安心して納得して検査や治療に臨んで頂けるか看護師が配慮していく必要がありますよ。

 

また、術後は心臓のリハビリテーションを行っていくために、看護師は他職種と連携して計画を立てていくこともあります。

 

リハビリを行ってできるだけ早く離床できるようにしたり、再発を防止するために必要なことをチームで提供できるようにカンファレンスなども行いながら決めていきます。

 

新人(第二新卒)看護師が心臓血管外科で働くメリット

 

心臓や血管に関する専門的知識が身に付く

 

心臓や血管の疾患は種類も多く、それだけ知識として身に付くことも多くなります。

 

また、心電図についても覚える必要があり、心電図を読めるようになることで転職時にも有利に働くことも多くなります。

 

さらに、最新の医療機器を使っての最先端な手術を行っている場合も多いので、そうした最先端の医療における看護について学べる機会も増えるでしょう。

 

高給与のところも多い

 

心臓血管外科で働く看護師の給与設定は、もともと高めということがあります。

 

仕事自体は忙しくハードではある反面、給与というところで高めの金額がもらえるということはうれしいですよね。

 

新人(第二新卒)看護師が心臓血管外科で働くデメリット

 

常に勉強が必要で循環器や心臓以外の知識も必要に

 

循環器と心臓血管外科の患者さんメインの混合病棟では、合併症を抱えている割合も高いことから、循環器、心臓だけの専門的スキルだけではなく、それ以外の多岐にわたる知識が必要となります。

 

そのため、勉強会や研修などは多く、看護師は常に勉強していく必要があるので忙しくなりがちです。

 

病棟は忙しく、精神的プレッシャーも大きい

 

入退院で出入りの激しい病棟がほとんどなので、病棟は慌ただしく忙しくなりやすいです。

 

また、手術件数も多い病院で働けば、その分術前術後の対応に追われることも多くなります。

 

オペ前とオペ後の処置や指示受けだけで目まぐるしく、テキパキとさばけるようなタイプの方でないと難しいです。

 

さらに、心臓の疾患のため、ちょっとしたことが患者さんの命にかかわってくるので、精神的プレッシャーは大きくなります。

 

こうしたプレッシャーに耐えれそうにないという看護師は、心臓血管外科での勤務が苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。

 

 

新人(第二新卒)看護師が心臓血管外科で働きたいならどうする?

 

心臓血管外科病棟は非常に忙しく、テキパキと仕事をさばけるようなタイプの方が向いています。

 

急変も多いことから、展開が早くでも好き!と思えるくらいの方や心電図を読める、もしくは、読めるようになりたい!という方であれば、キャリアアップすることもできるところです。

 

当然、心臓に関する疾患だけでも種類は多いのですが、それに伴った合併症などの勉強しなければいけません。

 

もちろん新人看護師は勉強会やをトレーニング研修を受けることによって、急変などの対応力を少しずつ身に付けていくことにはなりますが、常に自分で勉強していく!という姿勢を持ち続けていけるかどうかが大切になってきます。

 

 

心臓血管外科で働くことの厳しさも理解した上で、それでも心臓血管外科が学びたいという人は、まずは自分の病院で異動ができないか視聴に希望を出してみましょう。

 

自分の病院では心臓血管外科を学べないという人や、他院で心臓血管外科を学びたいという人は、転職サイトを使って効率的に職場を探してみてくださいね。

 

新人看護師,心臓血管外科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)看護師を受け入れている心臓血管外科の病院を探してみる

 

 

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を学んでおくといいと言われることもありますよね。新人で内科に配属されたり、これから第二新卒で内科希望で転職を考えている人は、働くメリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。仕事への理解を少しでも深めておくとギャップが少なくなりますよ。
外科
新人看護師として外科病棟に配属されたり、あるいは、これから第二新卒の看護師として外科病棟で働くことを希望している場合には、ギャップを感じない為にもメリットになることだけではなく、デメリットになることも押さえておくようにしましょう。
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
整形外科
新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。整形外科はオペ対応に追われて忙しくなりがち・・・、臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。患者さんの回復していく過程が見たいという人はチェックしておきましょう。
脳神経外科
脳外はそれなりに体力のいる部署なので、精神的にも肉体的にもタフでないと続けていけない部署なの!?新人看護師として脳外の病棟に配属されたり、これから第二新卒として脳外を学びたい人へ。仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人護師で眼科に配属になったり、これから第二新卒として眼科を学びたいと考えている人は、ギャップを感じてすぐに辞めてしまわない為にも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。眼科病棟の看護師の具体的な仕事内容やメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師としてNICUに配属になったり、これから第二新卒として転職を考えているという人のために、メリットだけではなくデメリットになる点もまとめてみました。NICUでは、看護師にとって精神的な負担も大きい・・・といったところもあるので注意が必要です。NICUで働きたい人はチェックしておきましょう。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先