新人看護師が【円満退職するための極意!】

新人看護師が【円満退職するための極意!】

新人看護師が円満退職するための極意!

 

退職を考えているけれど、できれば円満退職したい・・・と考えている人がほとんどなはずです。

 

誰だって退職する時に職場ともめたり、ややこしいことになって去りたくはないものですよね?

 

新人看護師,円満退職

 

でも、実際に退職を申し出たことによって、その後の人間関係が崩れてしまうこともあるのが看護師の世界です。

 

終わりよければすべて良しという言葉あるように、できるだけスムーズな退職をすることで次の転職も気持ちよくしやすいですよね。

 

ここでは、元転職コンサルタントとして7年間、新人看護師の悩み相談や転職サポートを行ってきた経験から、職場を円満退職する極意についてまとめてみました。

 

これから、スムーズに円満退職をしたいと考えている新人看護師はチェックしてみてくださいね。

 

円満退職ってそもそもどういうこと?

 

そもそも、円満退職ってどういうことを意味するのでしょうか?

 

円満退職とは、これまで働いてきた職場をお互いが納得と理解をし合った上での退職がスムーズにできることを指します。

 

また、あなたが退職した後に、引き継ぎなどでトラブルがないようにしっかりと事前に引き継がなければいけないことは引き継いで職場を去るようにするこも大切です。

 

円満退職ができないことでその後の人間関係が壊れてしまうことのないように、できるだけ、あとを濁さないように気を付ける必要がありますよ。

 

新人看護師にとって円満退職は難しい?

 

でも、新人看護師にとってみれば、なかなか円満退職自体が難しいのも現実です。

 

管理職側も必死になって退職を止めるために、退職自体を先送りにしたりすることもよくあります。

 

管理職側はあの手この手を使って新人看護師の退職をなんとか引き延ばしにかかったり、退職自体を考えなおしてもらうように説得することで、新人看護師の中には辞めたいのに辞めるまでに半年以上かっかったという人までいるほどです。

 

そのため、あなたが本当に退職を考えているのであれば、こうした退職を止められてもとにかく退職したい!という強い意思が必要となってきますよ。

 

新人看護師,円満退職

 

新人看護師が円満退職するためにはどうすればいい?

 

新人看護師が円満退職するにあたっては、相手にも納得と理解をしてもらった上で退職することが何よりも必要です。

 

だからといって、その時に相手のことを説得しようと考えて、職場の嫌なところばかりを管理職に伝えてしまっていては決して円満退職はできません。

 

管理職も忙しくしているので、新人看護師が退職を申し出ようものなら耳を貸さないことがほとんどです。

 

では、一体どうすれば相手にも聞く耳を持ってもらえたり、理解してもらえるのかということですが、退職を申し出るにあたって、できるだけ、自分に非があることを認めながら話をするということがポイントです。

 

例えば、自分自身の勉強不足でなかなか仕事についていけていないことを話したうえで、今の環境のまま働いていても余裕がなく限界にきてしまいそうといった話をしたり、自分自身の甘えや管理不足から体調を壊してしまったので、一旦すべてをリセットするためにも退職をして体を優先にしたいといった風に切り出すのがベストです。

 

どれだけ、教育体制が不十分な病院やイジメのあるような劣悪な環境で働いていた場合でも、退職するのは自分の責任で、自分が至らなかったり悪いといった言い方をすることで相手があなたの話を聞こうというスタンスになってくれるはずですよ。

 

自分で自分の責任を認めている人に対して、さらに追い打ちをかけるようなことはなかなか人間としてもできないですからね。

 

少しでも自分の話を聞気入れてもらえるようになれば、あとは、もう自分の中で決めたことなのでと「退職届」を提出するといったようにすると最も効果的に話が進みやすくなります。

 

もちろん、あなたの本当の退職理由を伝えても構いません。

 

ただ、その時にもなるべく自分の責任でそうなってしまったということを言えるようにしてみてくださいね!

 

これから円満退職を考えている新人看護師へ

 

これから円満退職を考えている人は、なるべく早く次の転職の準備もしておきましょう。

 

新人看護師は経験が浅いために、求人が出ているからといって必ずしもどこでも受け入れてもらえるとは限りません。

 

場合によっては、即戦力とならないために時期によっては受け入れてもらえない医療機関もあるのが現状です。

 

そのため、辞めたいと思った時にできるだけ早めに受け入れてもらえる医療機関はあるのかを探すと同時に、あなたが今の職場を辞めてでも働きたいと思える職場があるのかどうかを探しておきましょう。

 

経験上不利になりがちな新人看護師は、転職サイトを使ってコンサルタントを付けての転職が理想的です。

 

新人看護師,円満退職

 

転職サイトでは、転職することにまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができるようになっています。

 

利用をしても決して無理な転職を勧められることはありません。

 

事前に知りたい職場の情報を教えてもらえて、登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

>>>新人(第二新卒)看護師の転職に強い転職サイトをまとめています

よく読まれる記事

病院の就業規則を破っての退職ってどう?
病院の就業規則によっては、3カ月前や半年前に退職の申し出をしなければ退職できなかったり、年度末の3月末での退職しか認めないというような病院もあったりします。こうした就業規則を破って、退職することは許されないことなのでしょうか?
ベストな退職のタイミングは?
新人看護師にとってベストな退職のタイミングってあるのでしょうか?半年で辞めるのも、1年で辞めるのもほとんど同じ?新人看護師が辞めたいなら…、次のことも考えてこのタイミングで。
本当の退職理由を伝えるべき?
新人看護師さんにとっては、初めて退職をするときに本当の退職理由を伝えるべきかどうか悩みます。周りの退職したみんなはどうやって辞めたの?新人看護師の退職理由は、こう伝えるべき。
今すぐ辞めたい!
新人看護師が「今すぐ辞めたい」「今すぐ退職したい」と思う時、今が本当に辞めどきなのでしょうか?新人看護師の【辞め時が分かる5つの質問】に答えて、頭の中を整理してみましょう。今後の予定がスムーズに立てることができますよ。
退職願の書き方やマナー
新人看護師なら初めて「退職願」「退職届」を書くという人も多いのではないでしょうか?「退職願」「退職届」の違いや、書き方、マナーについて易しく解説しています。ポイントをしっかり押さえておきましょう。
新人看護師が退職日までにやるべきこと
新人看護師が退職日までにやるべきことにつて、順序立てて説明しています。スムーズに退職をして、晴れ晴れとした気持で職場を去ろう!!
試用期間中での退職
新人看護師が試用期間中で退職した場合や、退職を迫られた場合にはどうなる?次の転職時に影響はある?転職先が見つからないのではないかという不安なあなたへ。元転職コンサルタントがお答えします!
新人看護師で辞めた後はどうする?※退職後の転職活動が不安な人へ
まだ経験の浅い新人看護師が辞めた後はどうすればいいの?退職後の転職活動が不安・・・本当に受け入れてもらえる医療機関があるか心配・・・という人へ。元転職コンサルタントからの伝えたいこと。
休職に追い込まれて辞めれない
新人看護師さんの中には、職場が原因でうつ病や適応障害になったのに、辞めたいと伝えて「今は休職を取りましょう。」と言われるだけで、辞めさせてもらえない事があります。もちろん、休職を取ることも一つですが、二度と戻る気はない職場なら完全に離れることも病状の回復のためには必要なこともありますよ。
10月に退職
看護師として働き始めて半年が過ぎましたね!半年を振り返るための集合研修が行われることもあり、周りとの差を実感しやすい時期でもあります。半年だけど仕事ができない…辞めたい…と考えている新人看護師さんへ。
新人看護師で妊娠発覚!
新人看護師で妊娠したら、職場にはいつ報告すればいい?妊娠初期?安定期?まだ新人看護師なのに、この先仕事はどうすればいいの?と悩んでいるあなたへ。元転職コンサルタントがお悩みを解決!
辞める時期
新人看護師が辞める時期は、この3つの時期が中心です。辞めたいと考えているなら、参考にして動き出してみてもいいかもしれませんね。3つの時期と時期による辞める理由についてまとめてみました。
冬のボーナスをもらって辞める
新人看護師の冬のボーナスの平均額はどれくらい?あなたのボーナスは多い?少ない?ボーナスをもらってすぐに辞めるのはアリ?ボーナス後に退職を考えるなら早めの準備が安心です。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先