新人看護師の介護施設への転職がまるわかり

知らないと損!新人看護師の介護施設への転職がまるわかり

知らないと損!新人看護師の介護施設への転職まるわかり

 

ほとんどの新人看護師さんは、急性期の病院で働いている方が多いので、介護施設の看護師の仕事内容について詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

新人看護師,転職,介護施設

 

入職した急性期の病院が自分の性格には合っていないのではないかと感じていたり、もっとゆっくりした雰囲気のある職場で働きたいと思っている方の中には、介護施設への転職も視野に入れいる方も少なくはありません。

 

でも、介護施設へ転職して実際に仕事は楽になるんだろうか??と疑問に思っている方のために、介護施設で働く看護師の仕事について詳しくご紹介していきます。

 

新人看護師が安易に介護施設への転職を決めてしまうとギャップを感じてしまうこともあり注意が必要です。

 

転職時において気を付けておいた方がいいことなど、メリットだけではなくてデメリットになる部分もしっかりと把握しておきましょう。

 

介護施設の種類やそれぞれの役割について

 

介護施設には、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームといった種類があります。

 

看護師はどの介護施設においても、利用者の健康管理をする役目があり、入居されている方々の毎日のケアを行います。

 

ちなみに、介護老人保健施設と特別養護老人ホームは、医療法人や社会福祉法人が主に運営しており、有料老人ホームにおいては民間が運営しているものとなります。

 

介護施設といっても、施設によってどこまでの医療行為があるのかも変わってくるため、それぞれの施設の特徴についてまずは理解していきましょう。

介護老人保健施設の仕事内容と転職で気を付けること

 

老健とも呼ばれている「介護老人保健施設」は、介護保険制度によって運用されています。

 

新人看護師,転職,介護施設

 

新人看護師が介護施設への転職を考える時に、まずはこの老健への転職を希望するケースがほとんどですね。

 

介護老人保健施設では、病気やケガなどで病院の治療を受けたものの、自宅での生活が難しいとされた要介護度1〜5と認定された65歳以上の高齢者が入居されていています。

 

利用者がだいたい入居している期間は、3カ月から半年ほどで、その間、看護師が家庭生活に戻れるように健康管理やリハビリを行っています。

 

介護老人保健施設の看護師の仕事内容

 

老健の看護師の役割として、利用者の健康管理と家庭生活に早く戻れるようにリハビリを行うことが主な仕事です。

 

具体的には、利用者の普段の観察と異常の早期発見を心掛けながら、ルーティンワークとして、バイタルや、食事の介助、入浴介助、服薬の管理、与薬、口腔ケアなどがあります。

 

業務自体が落ち着いていれば、利用者と一緒に散歩をしたりレクレーション、行事などの参加もあります。

 

家庭に戻った時に利用者が自立した生活が送れるように、日ごろからどうすればいいのかと考えながら行う必要があり、看護師は、他の医療スタッフとの協力が必要で、医師だけでなく、介護士や理学療法士、作業療法士と協力してリハビリを行っていきます。

 

急変自体は病院のように頻繁ではありませんが、普段は利用者の状態が落ち着いている利用者が突然気分が悪くなったり、急変したりすることもあるので、看護師がいち早く気づいて、提携している病院に救急搬送をしたり、施設の車を使って病院に連れていき受診に付き添ったりということも仕事になります。

 

老健ではほかの介護施設と違って、日勤帯においては医師が常駐しているため、利用者になんらかの急変があった場合には医師の判断のもとで看護師は介助ができるという点では、病院と似ている部分もありますね。

 

メリット

  • 急性期の一般病棟に比べれば、医療行為は比較的少なく、状態も落ち着いている方ばかりなので急変自体が少ないです。
  •  

  • 他の介護施設に比べて、日勤帯であれば医師が常駐しているので、万が一利用者に何かがあれば医師の判断のもとで動くことができます。
  •  

  • 急変自体が少ないため、看護師の突発的な業務も少なくなります。そのため、残業時間も少ない施設がほとんどです。
  •  

  • じっくりと一人一人に向き合ったサポートがで、在宅復帰を目指すための高齢者が自立していく様子を見ながらサポートができることがやりがいにつながります。
  •  

  • 時々、点滴などの医療処置はすことはあっても、急性期の一般病棟のように医療行為自体は少なくなります。展開の早い職場が苦手だったり、比較的のんびりとした職場で働きたい方にとっては魅力は大きいでしょう。

 

デメリット

  • 老健は看護師の少ない人数の中で、日勤でも30人近い利用者をみているので、急変や病院受診などがあれば介助をしたり、書類の準備をしたりと忙しくなってしまうこともあります。
  •  

  • 夜勤は看護師一人で100人近い利用者をみていますが、医師は基本的に常駐していません。そのため、夜勤帯においては医師にコールをして、看護師が動かなければいけない場面もあります。経験が浅い場合は、慣れるまでは責任が重く感じたり不安が伴いやすいです。
  •  

  • 老健によては、看護師と介護士の業務がどこまでの範囲か明確になっておらず、曖昧な現場では混乱が生じているところがあります。転職する場合には、しっかりと看護師の業務がどこまでなのかということを把握したうえで転職する必要があります。

 

新人看護師が転職で気を付けること

 

経験がまだ浅い新人看護師の場合、施設での勤務時で不安になるのが夜勤が看護師一人になるということです。

 

新人看護師,転職,介護施設

 

夜勤時の急変時の対応に不安があるため、老健への転職に躊躇(ちゅうちょ)してしまうという方もいるくらいです。

 

でも、基本的に利用者の健康管理ができるだけの技術があれば、新人看護師でも十分に老健で働いていけるので、経験の浅い方でも働きやすい環境はあるといえるでしょう。

 

不安が強い方は、老健でもしばらくは日勤業務で働かせてもらえるところもあるので、コンサルタントに相談をしてそうした施設を探してみるといいですよ。

 

しばらく日勤に入ることが慣れた時点で、夜勤に入れるようにしてもらえば、ある程度自信もついてくるはずです。

 

また、転職先に老健を選ぶことによって病院に比べて残業も少なくなるので、プライベートが充実させやすくなります。

 

興味があれば、一度、面接や見学で仕事や施設で働く雰囲気をつかんでみましょう。

 

転職時の面接では、できるだけ老健で働きたいという熱意を伝えるようにするということがとても大切です。

 

新人看護師と経験が豊富な看護師さんが同時に応募してきた場合であれば、経験がある方の方が優遇されてしまいます。

 

そのため、経験がない分、新たな環境でしっかり頑張っていきたいという強い思いが、面接で伝わるように事前に準備をしておく必要があります。

 

どうして新人看護師で病院ではなく老健を選ぶのか?老健でどんな看護を目指すのか?など、応えられるようにしておきましょう。

 

困ったときは、転職サイトのコンサルタントと相談しながら、志望動機や自己アピールの仕方について指導してもらいましょう。

 

>>>介護老人保健施設の求人を看護師の転職サイトで探す

 

新人看護師,転職,介護施設

特別養護老人ホームの仕事内容と転職時に気を付けること

 

特別養護老人ホームは、地方公共団体や社会福祉法人などにによって運営され、介護保険が利用でいる施設になります。

 

新人看護師,転職,介護施設

 

自宅での生活が困難な65歳以上で要介護度が1〜5と認定された高齢者が入居しています。

 

特別養護老人ホームの看護師の仕事内容

 

看護師は主に、入居者の健康管理をする役割があり、バイタルチェック、服薬管理、与薬などを行います。

 

体調が優れない方がいる場合は、一早く異変に気付いて提携している病院の意志に連絡をしたり、時には看護師が病院に連れていくことも仕事になります。

 

身体が不自由な要介護度が高い高齢者が優先的に施設に入居してくるため、介護的な側面も強いので食事や入浴介助を看護師も行う施設もあります。

 

メリット

  • 急性期のような慌ただしさはなく、一人ひとりに向き合った看護ができます。
  •  

  • 人生の最期を迎えるために入居されている方も多いので、ターミナルケアに関わることにやりがいを感じることができる。

 

デメリット

  • 健康管理が主な役割になるために、看護技術のスキルをアップさせるという点では難しくなります。
  •  

  • 介護施設から病院へ転職する場合に、看護技術が落ちてしまうことで不安に感じたり難しくなることもあります。看護技術を忘れないようにするためには、施設外の研修にも積極的に参加することも必要でしょう。
  •  

  • 看護師と介護士との仕事の境界線があいまいな施設では、看護師が介護士とほとんど変わらないような役割になってしまっているところもあります。

 

特別養護老人ホームへの転職で気を付けること

 

デメリットでも上げた通り、特別養護老人ホームでしばらく働くと、病院に戻ることが不安になったり難しくもなってしまいます。

 

新人看護師が転職で特別養護老人ホームへの転職を考えるなら、その点をふまえて、自分はこれから施設での看護師として頑張っていくという思いが強くないといけないかもしれません。

 

また、施設によっては看護師と介護士との業務分担があいまいなところがあるために、看護師がここまで介護士の仕事もしなければいけないのか?という思いをしないためにも、転職時にどこまでが看護師の仕事になるのかは明確に調べておきましょう。

 

夜勤はない施設も多いですが、施設によっては夜勤があるところもがあるので、転職時には夜勤も入って働きたいのか、日勤のみの特別養護老人ホームを考えているのかは考えておきましょう。

 

>>>特別養護老人ホームの求人を看護師の転職サイトで探す

 

 

 

有料老人ホームの看護師の仕事内容と気を付けること

 

有料老人ホームは、特別養護老人ホームとは違って民間が運営している老人ホームになります。

 

新人看護師,転職,介護施設

 

民間企業によって老人ホームの規模もサービスも異なります。

 

医師や看護師が常に常駐しているところもあれば、病院と提携しているだけのマンションタイプのホームもあります。

 

入居者は自宅にいるような感覚で入居できるように、各部屋にキッチンやお風呂やトイレがある個室になっているところがほとんどで、食事だけ他の入居者と一緒にリビングでみんなで食べるというところが多いです。

 

有料老人ホームの看護師の仕事内容

 

有料老人ホームの看護師の仕事は、ホームの入居者の健康管理が主な仕事になります。

 

介護的な仕事が多く、食事の介助や入浴の介助を行ないます。入浴前には看護師が体調が悪くない科のチェックをしたりする役割を担います。他の施設と同様に、入居者の異常にいち早く気づき、応急処置をしたり、救急車を読んだり、車で病院に連れて行ったりすることもあります。

 

頻繁に急変が起こることはありませんが、ホームには医師がいないためいざという時には看護師が頼られます。

 

看護師自ら判断して、動かなければいけないので、基本的には病棟経験がある程度ある看護師の方が求められています。

 

メリット

  • 病棟勤務に比べて、ホームでの看護師の仕事は業務量も少ないことから、体力的にも楽になります。
  •  

  • 高度な医療行為が必要なく、基本的には異常があった時に病院に連れていくのかどうか、救急車を呼ぶのかどうかの判断をすることになります。
  •  

  • 夜間帯は看護師が常駐しなければいけない義務はないため、日勤のみの施設が多くなります。日勤のみで民間企業によっては、高収入を出すところもあるので、日勤で働きたい方にはメリットが大きいでしょう。

 

デメリット

  • 特別養護老人ホーム同様に、看護スキルを上げることはなかなかできなくなります。しばらく、ホームでの仕事をしてしまうと、病院に転職しようと思った時に不利になってしまったり、自分自身でも病院に戻ることに不安を覚えてしまうこともあるかもしれません。
  •  

  • 介護士の仕事も看護師がすることが多くなるため、特別養護老人ホーム同様に、業務の分担がどこまでなのか境界線がはっきりしていない施設もあるでしょう。

 

有料老人ホームへの転職で気を付けること

看護師の仕事がどこまでなのか、業務の境界線がどこまでなのかを把握しておく必要があります。

 

新人看護師が有料老人ホームに転職したい場合、ある程度の病棟経験がある方が有利になります。

 

経験が少なく転職するなら、有料老人ホームで働きたいという理由を明確にしておく必要があるでしょう。

 

日勤帯の仕事で高収入といえど、企業間で格差はあります。

 

大手企業は中小企業によっても、待遇や福利厚生も異なるので、事前によく見比べておきましょう。

 

>>有料老人ホームの求人を看護師の転職サイトで探す

 

新人看護師,転職,介護施設

よく読まれる記事

病院以外への転職は逃げ?
もう病院で働きたくない…病院から離れたい!!!新人看護師が病院以外の職場へ転職するのは、逃げになるの?病院以外へ転職することは、逃げです。でも、大切な逃げが時としてあるのです。
クリニック
新人看護師ってクリニックへの転職はできないのか!?体調が回復するまでの間はクリニックで働きたい!病院で看護師はもう嫌だ…!という新人看護師さんへ。クリニックへ転職がしにくい理由と、新人看護師でもクリニックに転職する方法。
美容外科クリニック
新人看護師が美容外科クリニックで採用されるコツを知りたい!美容外科クリニックについて、メリット・デメリットを知ったうえでの転職をしよう!経験の浅い看護師が美容外科へ転職するときのポイント。
美容皮膚科クリニック
新人看護師が美容皮膚科クリニックに転職するメリット・デメリットは?美容外科や皮膚科の違い、美容皮膚科の看護師の仕事内容についてチェックしてみましょう!新人看護師として美容皮膚科はまだ早い?
健診センター
採血には自信がない…病棟経験も浅い新人看護師が健診センターに転職することはできるのか!?健診センターの仕事内容と働くメリット・デメリットについてもまとめています。
人間ドック
経験の浅い新人看護師が人間ドック専門クリニックに転職することはできるのでしょうか?健康診断と人間ドックとの違いや、求められているスキル、人間ドックの看護師の求人の探し方についてまとめています。気になる方は、チェック!
企業看護師
新人看護師だって企業看護師として働きたい!経験が浅い看護師は、やっぱり企業内医務室や診療所、健康管理室では採用されない?元転職エージェントのキャリアカウンセラーがその真実をお伝えします。
急性期病院
新卒看護師として急性期以外のところで働いているという人にとっては、このままでいいのかな?と将来が不安になってしまうこともあるかもしれませんね。スキルアップのために急性期病院へ転職する場合に気を付けておきたいこと。
回復期リハビリテーション
新人看護師の回復期リハビリテーション病院への転職で知っておくべきメリットとデメリットについて。急性期に未練はもうないなら、回復期への転職もオススメです。
デイサービス
デイサービスの看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについて見ていきましょう。経験の浅い新人看護師がデイサービスに転職することは早すぎて危険なのでしょうか?デイサービスに興味のある方は要チェック!!
病院の外来
病棟はもう嫌だ!!看護のスペシャリストは目指していないから、病院の外来に転職をしたいという新人看護師さんへ。経験が浅い新人看護師が病院の外来勤務への転職を成功させる方法。
急性期⇒慢性期の療養型病院・病棟
新人看護師が急性期から慢性期の療養型病院・療養病棟へ転職するのは早すぎる?メリット・デメリットは?療養型の仕事内容と、療養型病院への転職を迷ったときに取るべき行動について。
透析室
新人看護師が透析室への転職で失敗に陥りやすいパターンを4つご紹介しています。安易に決めて透析室への転職を失敗させない為にはどうすればいいのでしょうか?
訪問看護
本来、訪問看護ステーションへの就職は、病棟経験が少なくとも3年以上ある看護師が望ましいとされてきましたが、最近では事情が変わっていました。今や新卒でも訪問看護ステーションへの就職ができる時代となりつつあるのです。
緩和ケア病棟
時間に追われることなく、じっくりと患者さんに向き合いたい、終末期医療に興味のある新人看護師さんへ。新人看護師が緩和ケア病棟で働くときに、知っておいた方がいい心得についてお伝えしていきます。
混合病棟で働くメリット・デメリット
新人看護師で混合病棟に配属になったり、転職をしたら混合病棟に配属されたということもありますよね。ここでは、混合病棟で働くメリット・デメリットについてご紹介していきます。混合病棟は大変なの?楽なの?
地域包括ケア病棟
2014年に新設された地域包括ケア病棟って何?新人看護師で地域包括に配属されたり、転職で考えている人のために、看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
大学病院から民間病院へ
大学病院と民間病院への違いを知らずに安易に転職するとギャップを感じて危険です。大学病院から民間病院への転職で気を付けておきたいことって?
民間病院から大学病院へ
民間病院の新人看護師だけど、教育環境が整っている大学病院への転職にチャレンジしたい!!民間から大学病院への転職ってできるの?大学病院の採用の時期や転職を成功させる秘訣についてご紹介しています。
企業立病院
企業立病院で働く予定の方や、興味があって転職したいと考えている方のために、新人看護師が企業立病院で働くメリット・デメリットについてまとめてみました。企業立病院でも、企業ごとでカラーが違います。
重症心身障害児(者)施設・病棟
重症心身障害児者の看護って?看護師の仕事内容は?新人看護師として重症心身障害児者施設や病棟で働くなら、メリットだけではなく、デメリットになる部分も理解した上での転職が必ず必要です。
保育園
まだ経験の浅い新人(第二新卒)看護師が保育園へ転職できるの?保育園看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。安易に転職すると危険なので、じっくり考える必要がありますよ。
ケアミックス病院
入職した病院が合わなかったり、ついていけなかったような新人看護師さんにとって実はオススメなのがケアミックス病院です。第二新卒レベルの看護師がケアミックス病院で働くメリット・デメリットについてまとめています。ステージの変化に合わせて柔軟に仕事を変えることができるって素晴らしい!
専門病院
特定の分野に興味がある!専門病院でスキルアップがしたい!経験の浅い新人看護師が専門病院に転職するメリット・デメリットについてまとめています。デメリットもきちんと理解した上で転職を決めましょう。
規模の小さい病院
新人看護師が規模の小さい病院へ転職するときに気を付けること。 中規模病院と小規模病院とではどちらがいいの?
地方から東京の病院へ転職
新人看護師が地方の病院を辞めて東京で転職する理由とは!?都会と田舎の病院の違いや、失敗しない地方から東京への転職の仕方について。
地方から大阪の病院へ転職
地方から大阪の病院へ転職したい看護師さんへ!!地方から大阪に出たいと大阪を選んだ理由と、楽な転職の仕方。
楽な科
もっと楽な科に移りたい!新人看護師にとっての楽な科って、何科になるのでしょうか?楽な科は人によって違うので、自分にとっての「楽」について考えよう。
土日休みの職場
不規則なシフト勤務がつらかったり、子供と休みを合わせたいといった様々な理由から、新人看護師でも土日休みで働きたいという方もいることでしょう。土日休みで働ける看護師の職場ってどんなところがあるのでしょうか?経験の浅い新人看護師にとってオススメの土日休みの転職先について考えてみました。
転職先を聞かれたときの答え方
新人看護師が退職を申し出た時に転職先を聞かれて迷ったら、どう答えるのがいいのでしょうか??新人看護師さんによく聞かれる質問ですが、迷ったくらいならこう答えるといいですよ。
新築移転した病院
新築オープンしたばかりの病院は、施設も設備も真新しい!!そんな新築移転したばかりの病院へ、新人看護師が転職するのは実は危険も伴うことを知っていますか??
「辞めて地元に帰りたい」新人看護師が取るべき選択は!?
都会の病院はもう嫌だ…、仕事も人間関係も疲れた…地元に帰って地元の病院で働きたい…。今の職場を続けるべきか、辞めて地元に帰るか悩んでいる新人看護師が取るべき選択はどっち?
治験コーディネーター
第二新卒の看護師として治験コーディネーターに転職することはできるの?仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。病院以外で働きたいと思ったらCRCもおすすめです。
年収アップできる病院
経験の浅い看護師が転職で年収アップさせることはできるのでしょうか?看護師の収入アップの方法と、高給与を出している病院の特徴についてまとめてみました。給与をUPさせたい看護師必見です!
訪問入浴
看護師として訪問入浴の仕事をするメリットデメリットって何がある?日勤のみで残業も少なく高収入も可能ですが、体力勝負でしんどいことも・・・。 訪問入浴の看護師の具体的な仕事内容について。
「転職サイト」を選ぶ前に
転職サイトへの登録はちょっと待った!新人看護師が【転職サイトを選ぶ前に押さえおきたいこと】についてまとめています。安易に選んでしまうと、希望していない病院の面接に連れていかれるってことも!?

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先