新人(第二新卒)看護師が呼吸器内科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が呼吸器内科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が呼吸器内科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師として呼吸器内科の病棟に配属になったり、あるいは、第二新卒としてこれから呼吸器内科を学びたいと転職を考えている人も多いかもしれませんね。

 

新人看護師,呼吸器内科

 

ここでは、呼吸器内科で働く人や働きたい新人(第二新卒)の看護師の方々のために、呼吸器内科の看護師の仕事内容や特徴、新人看護師が呼吸器内科で働くメリット・デメリットについて分かりやすくご紹介しています。

 

メリットだけではなくデメリットになることもしっかりと押さえた上で、働いた後にギャップを感じないようにしておきましょう。

 

呼吸器内科の特徴って?

 

呼吸器内科とは、肺や気管支などの呼吸器系の病気を診る科目です。

 

身近なものとしては、風邪や上気道炎、急性気管支炎、肺炎、気管支喘息といったものから、肺がんや呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群まで様々です。

 

呼吸器内科の看護師の仕事内容は?

 

呼吸器内科の看護師は、呼吸器疾患を抱える患者に対して、ほかの科と同じように日常生活の支援を行います。

 

それぞれの患者さんに応じて、バイタルチェックや点滴、食事介助や排せつ介助、入浴介助や清拭などを行ったりすることは他の病棟と代わりはありません。

 

中でも呼吸器の看護師の大きな役割となるのは、患者さんが退院後も日常生活を送れるように生活指導を行うことにあります。

 

例えば、気管支炎になっている患者さんの原因がタバコであれば、ただ禁煙をするよう伝えるのではなく、その患者さんがどうすれば禁煙できるようになるのかを考えてその人にあった指導を心掛けます。

 

また、呼吸が苦しい患者さんの場合には、安静が必要であることを理解してもらったり、呼吸を少しでも和らげるための体位や身体の動かし方についても看護師がアドバイスを行うこともあります。

 

さらには、インフルエンザの流行する時期には、呼吸器内科の病棟でも、インフルエンザにかかった患者が入院してくることもよくあります。

 

その場合には、必要に応じて隔離処置を取ったり、院内感染をしないように感染管理を徹底することが看護師には求められます。

 

このように、呼吸器内科で働く看護師は、患者に対してできることは多くあり、コミュニケーションを通して患者さんと深くかかわっていくような部署でもあります。

 

 

新人(第二新卒)看護師が呼吸器内科で働くメリット

 

では、新人看護師は呼吸器内科で働くとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

呼吸器に関する専門的知識が身に付く

 

呼吸器内科では、呼吸器をスムーズに行うように酸素マスクやナザール、人工呼吸器といった器具などを必要に応じて使いながら、患者さんの呼吸が楽にできるようにコントロールしていきます。

 

人工呼吸器一つとっても、空気をどのくらいの量や圧力・速度・濃度などで送るのかといったうことも学んでいきます。

 

人工呼吸器が苦手だという方も中にはいるかもしれませんが、呼吸器の扱いを学んでおくことによって、将来的に慢性期の療養病棟でも呼吸器を付けた患者さんがいるような所に移ったとしてもいつでも働けるようなスキルが身に付きます

 

呼吸器を付けた患者さんの急変対応を経験できる

 

呼吸器を付けている患者さんの急変は、看護師にとっては怖いものです。

 

患者さんの中には呼吸のすべてを人工呼吸器に頼っているという人もいるので、こうした患者さんが急変した場合には瞬時に対応できなければいけません。

 

裏を返せば、こうした急変時の対応の経験を積むことができると言えるでしょう。

 

患者や家族とコミュニケーションを通して関わり方が学べる

 

呼吸器内科の看護師は、処置をして終わりといった外科系とは違って、患者さんの個性に応じて生活指導を行ったり、必要に応じて患者さんと家族の精神的サポートも行うために、患者さんと深く関わることができます。

 

コミュニケーションを通して患者さんやその家族にかかわることができるので、やりがいも感じる部分は大きくなります。

 

新人(第二新卒)看護師が呼吸器内科で働くデメリット

 

一方、呼吸器内科で働くデメリットはあるのでしょうか?

 

急変が多く忙しくなりがち

 

呼吸のすべてを人工呼吸器に頼っている患者さんや、同時に別の合併症を患っている患者さんなども尾いるため急変もしやすいです。

 

呼吸器内科の看護師は、急変対応に追われることも多くなるでしょう。

 

時期によっては残業も多くなる

 

風邪やインフルエンザが流行してくる時期になると、呼吸器内科の病棟はかなり忙しくなることが多くなります。

 

そのため、突発的な残業も発生することも出てきたり、日勤でも夜遅くまで残って働くような病院もあります。

 

新人(第二新卒)看護師が呼吸器内科で働きたいならどうする?

 

呼吸器内科で働くには、呼吸器を付けている患者さんを受け持つことに対して、しっかりとその重要性や怖さを認識することが大切です。

 

日頃から何かあった時には、どう初動すればいいかといったシミュレーションはかかせません。

 

あなたが新人看護師であれば、呼吸器の扱いを学べるチャンスと捉えて勉強していくといいかもしれませんね。

 

時には、突発的な残業があって忙しくなることはあるかもしれませんが、自分のやり方次第で患者さんが楽になったり、呼吸器疾患が改善できることもあるので、きっとやりがいも感じられる部署になるはずです。

 

 

呼吸器内科で働きたいという人は、まずは自分の病院で異動ができないか師長に相談してみてくださいね。

 

異動がすぐにはできない場合や他院で呼吸器内科を学びたいという人は、看護師の転職サイトを使えば効率的に職場を探せます

 

新人看護師,呼吸器内科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができるようになっています。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能ですよ。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>新人(第二新卒)看護師を受け入れている呼吸器内科のある病院を探してみる

 

 

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を学んでおくといいと言われることもありますよね。新人で内科に配属されたり、これから第二新卒で内科希望で転職を考えている人は、働くメリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。仕事への理解を少しでも深めておくとギャップが少なくなりますよ。
外科
新人看護師として外科病棟に配属されたり、あるいは、これから第二新卒の看護師として外科病棟で働くことを希望している場合には、ギャップを感じない為にもメリットになることだけではなく、デメリットになることも押さえておくようにしましょう。
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
整形外科
新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。整形外科はオペ対応に追われて忙しくなりがち・・・、臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。患者さんの回復していく過程が見たいという人はチェックしておきましょう。
脳神経外科
脳外はそれなりに体力のいる部署なので、精神的にも肉体的にもタフでないと続けていけない部署なの!?新人看護師として脳外の病棟に配属されたり、これから第二新卒として脳外を学びたい人へ。仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。第二新卒として転職を考えている人もデメリットになることを押さえておかないと、ギャップを感じて早期退職してしまうこともあるので注意が必要です。
泌尿器科
新人看護師として泌尿器科に配属になったり、あるいは、これから第二新卒の看護師として泌尿器看護を学びたい!と考えている人のために、泌尿器科で働くメリット・デメリットをまとめてみました。デメリットになることもしっかり理解しておかないと、ギャップを感じてすぐに辞めてしまうことにもつながるので注意しましょう。
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人護師で眼科に配属になったり、これから第二新卒として眼科を学びたいと考えている人は、ギャップを感じてすぐに辞めてしまわない為にも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。眼科病棟の看護師の具体的な仕事内容やメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師としてNICUに配属になったり、これから第二新卒として転職を考えているという人のために、メリットだけではなくデメリットになる点もまとめてみました。NICUでは、看護師にとって精神的な負担も大きい・・・といったところもあるので注意が必要です。NICUで働きたい人はチェックしておきましょう。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先