新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師として配属されたところが整形外科病棟だったり、これから第二新卒として整形外科を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。

 

でも、整形外科病棟は臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。

 

新人看護師,整形外科

 

ここでは、整形外科の特徴や具体的な仕事内容、整形外科で働くメリットやデメリットについてまとめてみました。

 

安易に考えて整形外科に転職してしまうと、こんなはずではなかったのに!とギャップを感じてしまうこともあるかもしれません。

 

整形外科の特徴って何があるの?

 

整形外科は、看護師にとって人気のある科目の1つで、外科が学びたい新人看護師さんにとっても働きやすい環境があります。

 

整形外科では、子どもから大人までの幅広い年齢層の患者さんの看護にあたることができるので、様々な年齢層の患者さんとかかわることができるのも魅力の1つです。

 

整形外科は、運動器官にあたる骨、軟骨、神経、靭帯などの疾病や外傷を対象としている診療科で、骨折や打撲、捻挫、断裂といった外傷疾患や、脊髄疾患、脊椎疾患、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などの疾患の治療していくところになります。

 

患者数は、内科の次に整形外科が多いと言われているほど、患者さんの幅も広く、脊髄、脊椎、骨盤、肩、肘、足、ひざ、足裏…といった治療対象も広範囲になってきます。

 

整形外科の看護師の仕事内容って?

 

整形外科の特徴的な看護師の仕事としては、ギブスの介助、包帯の交換、術前術後の準備や対応、その後のリハビリ介助などが主なものになります。

 

患者さんは自分の怪我以外は、意識もはっきりとしている人が多いため、患者さんとコミュニケーションを取りながら看護計画を組んでいくことができる部署です。

 

内科病棟と比べても、病棟の雰囲気自体が明るく感じられるのも患者さんとのコミュニケーションがさかんに行える環境にあるからということもあるでしょう。

 

新人看護師,整形外科

 

新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くメリット

 

患者さんの回復過程を見れることにやりがいがある

 

整形外科では、外科的治療やリハビリによって患者さんの回復過程が目に見えて分かりやすく、最終的には完治して退院していかれる方もいるので患者さんから感謝されることも多くなるでしょう。
内科であれば、亡くなる方も多く、新人看護師にとっては、メンタル面がもたないこともありますが整形外科ではそういった心配はあまりまりません。

 

病棟全体が明るい雰囲気

 

病状以外では、元気な患者さんも多いので、コミュニケーションを取ることは問題ありません。

 

その為、患者さんと意思疎通ができコミュニケーションを取ることも多くなることから、病棟自体に明るい雰囲気が生まれやすくなります。

 

高齢者だけでなく、若い患者さんも入院していることが多く病棟も活気が生まれやすいです。

 

急性期から回復期、在宅ケアまで学べる

 

術前術後のケアから、在宅を見越してのリハビリといった幅広い看護を学べるのが整形外科の特徴です。

 

トータル的な視点で看護に携わることができるので、看護師として整形外科を経験しておくことで、他科へ移った場合でも役立つことは多くなりますよ。

 

テキパキした看護が好きな方に向いている職場

 

オペが多いことから看護師の護業務自体は忙しくなりやすいです。

 

限られた時間の中で、ギプスカットや包帯を巻いたり、ギプス巻きの介助をしたり、処置の介助をしたり、注射をしたりとテキパキ動く必要が出てきます。

 

患者さんも多いので、どんどんこなしていく必要がりテキパキと動くことが好きなタイプの方には向いている科でしょう。

 

新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くデメリット

 

力仕事が多くなる

 

足を骨折していたり、ヘルニアがあったりといった歩行困難な方も多く、ADL向上のための介助やリハビリが必要なために力仕事がどうしても必要になってきます。

 

自身に腰痛持ちがある方は、選ばないとは思いますが気を付けた方がいいでしょう。

 

患者からのクレームも受けやすい

 

患者さんにはコミュニケーションを取ることに問題はないため、自分のケガ以外は基本的に元気な人が多いです。

 

ただ、なかなか思うように動かせない自分の身体やリハビリのストレスなどから、看護師に対してあたってくる人も中にはいます。

 

仕事は仕事として割り切って対応できる人が向いています。

 

病棟はバタバタして忙しいことも多い

 

整形外科の病棟では、オペがあることから術前術後の対応や、緊急入院もあって病棟自体は慌ただしく業務に追われてしまうことが多いです。

 

さらに、ADLが制限されている患者さんが多いために、介助やリハビリでどうしても時間が取られやすくなってしまうのでうまく時間管理を考えて行動していくことが求められます。

 

 

新人(第二新卒)看護師が整形外科を学びたいならどうする?

 

整形外科は、テキパキと動くことが好きで、分かりやすい看護がしたいという方に向いています。

 

回復していく患者さんの姿を見たいという人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

整形外科といっても、スポーツ整形に強いところやヘルニアに強いところなどの整形専門病院などもありますが、まだ経験の浅い新人(第二新卒)看護師であれば、幅広く学べる総合病院の整形外科がおススメです。

 

デメリットになる部分も理解した上で整形外科を学んでみたい!という方には、看護師の転職サイトで実際に探してみましょう。

 

新人看護師,整形外科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから整形外科病棟で働ける病院を探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全ですよ。

 

決して無理な転職を勧められることはありません。

 

>>>整形外科のある病院を転職サイトを使って探してみる

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を希望すればいいのはなぜ!?内科で働く看護師の仕事内容と、内科で働くときに知っておきたいメリット・メリットについてをご紹介!
外科
新人看護師が外科病棟を選択するメリット・デメリットってどんなことがあるのでしょうか?自分が外科に向いているのか迷ったら、読んでみましょう!
精神科
新人看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともある!?
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
消化器外科
新人看護師が消化器外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについて。新人看護師が消化器外科への転職するならデメリットも知っておこう!安易な考えでの転職は早期離職につながります!
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
脳神経外科
脳外はそれなりに体力のいる部署なので、精神的にも肉体的にもタフでないと続けていけない部署なの!?新人看護師として脳外の病棟に配属されたり、これから第二新卒として脳外を学びたい人へ。仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。
泌尿器科
新人看護師で泌尿器科に配属された方や泌尿器科への転職を考えている方に、働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。イメージだけで泌尿器科をとらえてはいませんか?
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人看護師で、眼科に配属された方、あるいは、これから眼科に転職したいと考えている方のために、眼科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめています。気になる方はチェックしてみましょう!
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師として配属された先がNICU(新生児集中治療室)だった方や、転職でNICUで働くことを希望している方のために、働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめています。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先