知らないと損する!第二新卒の助産師求人探しのコツ!

知らないと損する!第二新卒の助産師求人探しのコツ!

知らないと損する!第二新卒の助産師求人探しのコツ!

 

新人助産師として入職した病院が必ずしもあなたに合うとは限りません。

 

助産師として働き始めたものの、3年未満で様々な悩みを抱えて退職するケースも今は珍しくなくなってきました。

 

第二新卒,助産師

 

新卒の新人助産師が最初に入職した医療機関を3年未満で退職すると、次の転職次には第二新卒の助産師といった呼ばれ方をします。

 

でも、第二新卒の助産師として転職する場合、求人はどのように探せばよいのでしょうか?

 

実は、助産師の求人自体が出ている場合でも、必ずしも第二新卒の助産師が受け入れてもらえるとは限らないのを知っていますか?

 

ここでは、第二新卒の助産師求人を探す時のコツについて、元転職コンサルタントとしてまとめてみました。

 

第二新卒の助産師求人を探すコツって?

 

病院やクリニック、産後ケアセンターなど様々な場所で助産師として活躍できるところがありますが、たとえ助産師の求人が出ていたとしても、必ずしも第二新卒の助産師を受け入れてもらえるとは限りません。

 

医療機関によっては、経験が少なくとも3年、5年以上あるような即戦力としてすぐにでも働ける助産師を必要としている場合も多く、まだ経験の浅い第二新卒の助産師では不十分であると考える傾向にあるからです。

 

特に、中途採用で第二新卒の助産師を採用したとしても、教育体制が整っていないような医療機関では教える体制がないために受け入れられないということがほとんどです。

 

そのため、これから新しい職場へと転職を考えている第二新卒にあたる助産師であれば、まずは、受け入れてもらえるような医療機関にどんなところがあるかとういうことから調べる必要が出てきます。

 

でも、いくら産科のある医療機関は限られているとはいっても、一つ一つ自分で受け入れ状況を確認していくことは不可能に近いですよね。

 

そんな時は、看護師の転職サイトを利用することで、第二新卒の助産師の最新の募集状況を教えてもらうことが可能です。

 

助産師求人もあるの?看護師の転職サイトは看護師求人だけではない!?

 

多くの助産師が看護師の転職サイトは、助産師の転職サポートはしてもらえないのではないか?と考えている方も多いのですが、実際には、助産師求人も豊富に扱っていたり、助産師の転職サポートも看護師同様に行っているところもあります。

 

助産師が転職サイトを使って転職するメリット

 

第二新卒の募集状況について最新のものを教えてもらえる
気になる医療機関があれば、あなたに代わって募集の確認をしてもらえる
分娩件数、残業時間、人間関係・・・など気になることを教えてもらえる
事前におよその給料なども教えてもらえる 

 

 

転職サイトを使ってサポートを受けることで、こうした気になることを教えてもらうことができますよ。

 

もちろん、転職自体にまだ迷っているという状態であっても登録からその後のサポートまで完全無料で利用することができるようになっています。

 

あなたの周りで辞めていったあの子も実はコッソリ利用していたなんてこともあるかもしれません。

 

決してハローワークなどでは分からない・教えてもらえないことをコンサルタントが把握しているので、これから転職する第二新卒の助産師なら活用して損はないですよ。

 

むしろ、まだ経験の浅い第二新卒の助産師なら、面接などでの対策をしっかりとしていないことで落とされてしまうケースもあるので、事前の面接対策までしてもらえる転職サイトの方がより安心できるはずです。

 

第二新卒の助産師の転職であれば、人生で初めての転職といった人も多いはずです。

 

転職後に思っていたのと違った・・・ということがあにように、事前に職場の内部情報はもちろんのこと、良い面だけではなくて悪い面も教えてもらおうようにしてくださいね。

 

第二新卒,助産師

 

助産師求人も豊富に扱っている転職サイトをこちらでまとめています。

 

全国対応で大手の転職サイトになっているので、経験上不利になりがちな第二新卒の助産師求人も見つかりますよ。

 

>>>第二新卒の助産師を受け入れている医療機関を探してみる

よく読まれる記事

クリニックへの転職のメリット・デメリット
まだ経験の浅い新人助産師がクリニックへの転職はできる?新人助産師としてクリニックに転職するなら、メリットだけではなくデメリットも押させておく必要がありますよ。
退職後の転職についてと注意点
新人助産師が退職した場合、みんなどんなところへ転職するの?経験の浅い新人助産師が転職する場合に注意しておくべきこととは!?元転職コンサルタントが教えます。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先