新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くメリット・デメリット

新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くメリット・デメリット

 

新人看護師で消化器外科に配属になったり、これから第二新卒の看護師として消化器外科でがん看護を学びたいという人もいるのではないでしょうか。

 

新人看護師,消化器外科

 

でも、消化器外科で働く看護師には大変な部分も多くあり、中にはギャップを感じて辞めてしまう人もいるので注意しなければいけません。

 

ここでは、消化器外科で働く看護師の仕事内容や新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くメリット・デメリットになることをまとめてみました。

 

メリットだけではなく、デメリットになることもしっかりと押さえておくようにしましょう。

 

消化器外科ってそもそも何?

 

消化器外科では、食道・胃・小腸・大腸・肝臓・膵臓といった消化器官の疾患を外科的治療で治療する科目になります。

 

胃潰瘍、大腸炎、胆石症、膵炎、腸閉塞といった消化器官の疾患のほか、消化器系のガンなども治療の対象となるので消化器外科ではガン患者さんも多くなります。

 

特に、消化器系のがんの患者さんは増えていることもあって、消化器外科のニーズは今後も増えていくことでしょう。

 

消化器外科で働く看護師の仕事ってどんなことしているの?

 

消化器疾患にかかわるすべての疾患が対象となるので、看護師が学ぶ領域としては非常に幅が広くなります。

 

特に、消化器外科では、がんの患者さんが多いので検査や手術も多くなりがちです。

 

そのため、オペ前、オペ後の準備はもちろんのこと、手術に不安がある患者さんからの質問に分かりやすく答えてあげたり、精神的なフォローをしてあげるということも看護師の大切な仕事となってきます。

 

通常の一般病棟と同じように、バイタルチェックや採血や点滴、検査介助、全身状態の観察、食事の介助といった通常業務も行いながら、こうしたオペ前後の対応に追われることになるので、臨機応変に動くことが大切です。

 

大きな手術が終わった後には、患者さんに何かしらの合併症が引き起こされてないかチェックしたり、おう吐や下痢といった症状が出ていないかといったことも、こまめに観察していく必要があります。

 

新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くメリット

 

では、新人看護師が消化器外科で働くメリットには何があるのでしょうか?

 

がん治療に関わることができ、ターミナル期まで学べる

 

消化器官に発症したがんに対する外科的治療が行われることから、病棟には手術後の化学療法が必要な患者さんや消化器がんのターミナル期の患者さんも入院しています。

 

新人看護師のうちに急性期からターミナルまで学べることで、どこへ行っても通用するスキルが身に付きやすいです。

 

急変対応が身に付く

 

消化器外科では、手術後に急変する患者さんも多いため、患者さんに対しての急変に対する対応力が自然と身に付いていきます。

 

新人看護師として急変対応を学んでおくことで、将来的にも選択の幅は大きくなりますよ。

 

新人(第二新卒)看護師が消化器外科で働くデメリット

 

展開は早く業務は忙しい

 

消化器外科病棟で働く看護師はとにかく忙しくハードです。

 

特に、消化器科に力を入れている病院であれば、手術件数も多くなってしまいます。

 

手術があればそれだけ患者さんの急変が多くなるので展開も早く業務も忙しくなってしまいがちです。

 

プライベートを重視したい方にとっては、厳しい環境になるかもしれません。

 

がん患者と向き合う必要がある

 

急変も多い中で、がんの患者さんと向き合うことになるため、治療で苦痛を伴っている患者さんの精神的な支えにもならなければいけません。

 

患者さんだけでなく、そのご家族のサポートも必要になるので看護師の役割は大きいものになります。

 

領域が広く勉強量が多くなってしまう

 

消化器すべてが対象になるので消化器系の疾患についてやがんについてもすべて学ばなければいけません。

 

そのため、勉強することは多くなってしまうので、新人看護師にとっては大変な部分も多いでしょう。

 

消化器科病棟で経験を積むことで、今後の看護師のスキルアップができる職場ではありますが、勉強量が多くて負担になってしまうこともあります。

 

新人(第二新卒)看護師が消化器外科で学びたいならどうする?

 

消化器外科は、急性期からターミナル期まで学べるので、看護師としてスキルアップができる病棟です。

 

看護師として必要なことが学べるので、がん看護に興味があって向上心がある方にとっては向いている環境です。

 

がんについて学ぶことで、この先がん患者も確実に増えていくことから、どこへ行っても重宝される人材になれるというメリットは大きいです。

 

ですが、消化器外科は患者さんの急変も多く、新人看護師が働くところとしては決して楽な病棟ではありません。

 

消化器外科は、消化器内科などの混合病棟となっているところもあり、そうなるとさらに勉強も幅広く量も多くなってしまうので、プライベートを充実させたい新人看護師さんにとっては不向きとなります。

 

消化器外科を学びたいなら、勉強が多くて忙しくても乗り越えられるかということをよく考えた上で検討しましょう。

 

 

消化器外科を学んでいきたいという方や消化器外科に力を入れている病院について知りたいという方は、看護師の転職サイトを使って効率的に探しましょう。

 

新人看護師,消化器外科

 

転職サイトでは、転職すること自体にまだ迷いがあったり、将来の転職で考えているという方でも気軽に利用することができます。

 

必要であれば、コンサルタントから自分に合う職場はどこか探してもらえたり、事前に知りたい職場の情報を教えてもらうことも可能です。

 

転職サイトへの登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるので安全で、決して強引な転職を勧められることはありません。

 

>>>消化器外科のある病院を看護師の転職サイトで探してみる

よく読まれる記事

内科
新人看護師が何科がいいか迷ったら、「内科」を学んでおくといいと言われることもありますよね。新人で内科に配属されたり、これから第二新卒で内科希望で転職を考えている人は、働くメリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。仕事への理解を少しでも深めておくとギャップが少なくなりますよ。
外科
新人看護師として外科病棟に配属されたり、あるいは、これから第二新卒の看護師として外科病棟で働くことを希望している場合には、ギャップを感じない為にもメリットになることだけではなく、デメリットになることも押さえておくようにしましょう。
精神科
新人(第二新卒)看護師が精神科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。新人看護師が精神科ナースを希望するなら、安易に考えて転職するのはギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。つぶしが効かない精神科なだけに、将来的なことも考える必要がありますよ。
消化器内科
新人看護師に人気のある科の1つが「消化器内科」ですが、それなりに勉強量は多くなりがちで、忙しい科でもあります・・・。新人(第二新卒)看護師が消化器内科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。
循環器内科
新人看護師として循環器に配属になったり、あるいは、第二新卒として循環器を学びたいと考えている人もいるかもしれませんね。でも、実際には急変も多くて激務になりがち・・・です。循環器内科で働くメリットだけではなく、デメリットになることも理解しておいた方が身のためです!
整形外科
新人(第二新卒)看護師が整形外科で働くときに知っておきたいメリット・デメリットについてまとめてみました。整形外科はオペ対応に追われて忙しくなりがち・・・、臨機応変な対応が必要になってくる部署でもあります。患者さんの回復していく過程が見たいという人はチェックしておきましょう。
脳神経外科
脳外はそれなりに体力のいる部署なので、精神的にも肉体的にもタフでないと続けていけない部署なの!?新人看護師として脳外の病棟に配属されたり、これから第二新卒として脳外を学びたい人へ。仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。
小児科
新人看護師で小児科に配属になった人や、第二新卒でこれから小児科で働きたいと思っている方のために、具体的な仕事内容やメリット・デメリットをまとめてみました。ただ、子どもが好き・・・だけでは難しいところもあるって本当なの!?
呼吸器内科
人工呼吸器は難しい?新人看護師が知っておきたい呼吸器内科の看護師の仕事内容と働くメリット・デメリットについてまとめてみました。呼吸器内科への転職をお考えの方は、デメリットも理解しておきましょう。
心臓血管外科
心臓血管外科の看護師はやっぱりハード?新人看護師が知っておきたい心臓血管外科病棟における看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめてみました。第二新卒として転職を考えている人もデメリットになることを押さえておかないと、ギャップを感じて早期退職してしまうこともあるので注意が必要です。
泌尿器科
新人看護師として泌尿器科に配属になったり、あるいは、これから第二新卒の看護師として泌尿器看護を学びたい!と考えている人のために、泌尿器科で働くメリット・デメリットをまとめてみました。デメリットになることもしっかり理解しておかないと、ギャップを感じてすぐに辞めてしまうことにもつながるので注意しましょう。
産婦人科
新人看護師で産婦人科に配属された方やこれから第二新卒として産婦人科への転職を考えている方のために、産婦人科の看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめてみましした。産婦人科の看護師は、肩身の思いをするって本当なの!?
糖尿病内科
新人看護師として糖尿病内科に配属された方や、糖尿病内科への転職を考えている方のために、仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。糖尿病について学ぶだけではない?様々な知識が必要な科です。
血液内科
血液内科に配属された新人看護師や、転職で血液内科を学びたいと考えている看護師のために、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。血液内科は感謝されるところ?大変なところ?
内分泌・代謝内科
内分泌・代謝内科に配属された看護師や、転職で希望している方のために、分かりやすく看護師の仕事内容や働くメリット・デメリットについてまとめています。
眼科
新人護師で眼科に配属になったり、これから第二新卒として眼科を学びたいと考えている人は、ギャップを感じてすぐに辞めてしまわない為にも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。眼科病棟の看護師の具体的な仕事内容やメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。
ICU
新人看護師としてICUに配属になったり、これから第二新卒としてICUへの転職を考えている人もいるかもしれませんね。でも、ICUでの勤務は実際には、精神的プレッシャーも大きくなりがちです。メリットだけではなく、デメリットになることも理解しておくことでギャップが少なくなりますよ。
CCU
CCUに配属された看護師や、CCUに転職を希望している看護師の為に、CCUの仕事内容や、新人看護師として働くメリット・デメリットについてまとめてみました。
NICU
新人看護師としてNICUに配属になったり、これから第二新卒として転職を考えているという人のために、メリットだけではなくデメリットになる点もまとめてみました。NICUでは、看護師にとって精神的な負担も大きい・・・といったところもあるので注意が必要です。NICUで働きたい人はチェックしておきましょう。
救急外来
新卒で配属されることもある!?救急外来で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについてまとめています。救急外来で配属が決まった方や、救急外来に転職をしたいと興味を持っている方へ。スキルアップができる反面、厳しいこともたくさんある救急外来です。
オペ室
新人看護師としてオペ室に配属になったり、これから第二新卒としてオペ室への転職を考えている人へ。オペ室勤務は、患者との関りがほとんどなかったり、オンコール体制でキツイ・・・という部分も。ギャップを感じて辞めないためにも、メリットだけではなくデメリットになることも押さえておきましょう。
結核病棟
新人看護師として結核病棟に配属された方、結核看護に興味があるけれどよく分からないという方のために、看護師が結核病棟で働くメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみました。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先