第二新卒看護師として「美容外科」へ転職する前に知っておくべき真実

第二新卒看護師として「美容外科」へ転職する前に知っておくべき真実

第二新卒看護師として「美容外科」へ転職する前に知っておくべき真実

 

第二新卒の看護師としてこれから、美容外科クリニックへの転職を考えているという方も多いのではないででしょうか?

 

美容外科クリニックは、20代の若い看護師を中心に転職先の候補として非常に人気があるところです。

 

第二新卒看護師,美容外科

 

でも、まだ経験の浅い第二新卒の看護師が美容外科クリニックへの転職をした場合、安易に転職をしたことでギャップを感じてすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。

 

ここでは、第二新卒看護師が美容外科クリニックへの転職において事前に知っておきたい美容外科クリニックの裏側や真実をお伝えできればと思います。

 

美容外科クリニックの裏側を知っていますか?

 

美容外科クリニックは、オペ室での経験がなくても第二新卒の看護師であれば転職できる転職先の1つです。

 

でも、そんな美容外科クリニックへの転職で知っておかなければいけないことは、病院以上に離職率が高いというこです。

 

美容外科クリニックは病院の看護師の離職率の2・5倍以上とも言われているほどですから、それだけ、看護師が離職しやすい傾向にあります。

 

では、どうして美容クリニックは看護師の離職率が高いのでしょうか?

 

離職にいたる原因としてよくあるのが・・・

 

  • 売り上げノルマがきつい
  • 看護業務以外の雑務が多い
  • 人間関係が悪い
  • 看護スキルが衰えが不安になる
  • 華やかなイメージだったが地味な業務が多い
  • お客様としての対応しなければいけないことが受け入れられない

 

人によって辞める理由は異なりますが、こうした様々なことが原因となって早期離職につながってしまうことがあります。

 

 

美容外科クリニックは華やかでおしゃれな世界と一見思われがちではありますが、基本的にはオペ室での業務になるのでイメージだけで働いてしまったことによってギャップも感じやすいとされています。

 

ただ単純に日勤のみで楽そうだから・・・、華やかな世界へのあこがれ・・・といっただけでは続かない世界ということは、よく理解した上での転職が必要となりますよ。

 

あくまでも、美容外科に興味があって学びたい!と真剣に考える方でないとなかなか長く働き続けることはできません。

 

 

また、美容外科クリニックも様々なところがありますが、クリニックによっては、

  • 教育体制が整っていない
  • 看護師同士の人間関係が悪い
  • 看護師にも売り上げノルマがあり厳しい
  • 経営状態が悪く賞与が出ない

といったような美容クリニックも存在します。

 

第二新卒看護師,美容外科

 

そのため、転職する際には、美容クリニックの内部情報をしっかりと調べておくことも転職に失敗しない秘訣です。

 

 

もちろん、美容クリニックによっては、第二新卒の看護師の教育体制もしっかり整っていたり、カウンセリングと看護師のオペ業務がしっかり分かれているところであったり、月々の給与も賞与も高額なところもありますよ。

 

どこの美容クリニックが働きやすいのか、自分に合うのかどうかは、看護師の転職サイトを使ってコンサルタントから情報を聞き出してみるのが効率的です。

 

実際に転職実績のあるクリニックであれば、どこの美容クリニックの〇〇院の人間関係についてや、ノルマの本当のところ・・・まで詳しく教えてもらうことができるからです。

 

第二新卒看護師,美容外科

 

美容外科クリニックへ転職した後に、思っていたのと違った・・・ということのないように情報収集をしておきましょう。

 

 

>>>第二新卒の看護師に強い転職サイトをまとめています

 

よく読まれる記事

新人看護師が「3カ月で辞める」とどうなる?【※3カ月退職の心得】
入職して3カ月で「すぐにでも辞めたい!」と早期退職に踏み切る新人看護師さんも少なくありません。新人看護師が3か月辞めたい理由って?辞める前に必要なことがあります!3カ月退職の心得。
人間関係の良い病院の探し方
新人看護師さんの初めての転職するなら、人間関係の良い病院で働きたいですよね。でもどうやったら人間関係の良い病院だと分からるのでしょうか?もう人間関係で悩まない!
新人看護師が辞めない病院の探し方
新人看護師が辞めない病院ってある?やっぱり新人看護師の離職率が低い病院は、働きやすい良い病院なのでしょうか?新人看護師が辞めない病院を探している方へ。
転職エージェントを利用する意味
経験やキャリアがある看護師だけが利用できると思っていませんか??新人看護師さんでも利用することができる転職エージェントのメリットや転職エージェントを利用する流れについて説明しています。
転職エージェントは悩み相談だけでもいい?
今の職場を辞めたいけど、まだ退職して転職することを迷っている状態で、転職エージェントに登録をしてもいいのでしょか?転職エージェントに早めに登録しておくメリット。
3カ月以内で退職はどう見られる?
新人看護師が3カ月以内で早期退職してしまった場合、転職するときにどのように見られるのか?早期退職した新人看護師でも大切に育ててくれる病院の探し方。
新人看護師の転職は複数の病院を受ける方がいい
新人看護師の初めての転職は、必ず病院を2つか、3つか受けることをお勧めします。できれば、少しタイプの違う病院を選択して、受けてみることで働きたい場所が明確になりますよ。
病棟選びのポイント
新人看護師の病棟選びのポイントのすべてが分かります!適当に選んでは、転職を失敗することもあるので危険!何科を選べばいいのか、病棟見学のポイントを理解すれば、転職成功への近道になりますよ。
新人看護師でも転職サイトの「非公開求人」に応募できる?
非公開求人の中身、気になりませんか?元転職カウンセラーが非公開求人の中身について教えちゃいます。非公開求人って実はこんな求人なんです。新人看護師でも「非公開求人」に応募できるのか?
年間休日のウソ・本当?
年間休日120日以上!年間休日の中に、有給休暇はどれくらい含まれているの!?看護師が求人を見るにあたって、押さえておきたい年間休日の真実に迫ります。
転職サイトは複数登録するべき?
看護師の転職サイトは複数登録するべきなのか?元コンサルタントとしては、転職サイトに複数登録をしてその後に一つに絞って利用するのがオススメです。転職サイトがありすぎて、どこがいいか迷っている方へ。
新人看護師の転職成功のカギ
半ば強引に希望もしていない病院の面接を組まれた!一方的に1つの病院を紹介してくる!!新人看護師の転職成功のカギを握るのは、紹介会社選びから始まっています。あなたの紹介会社は大丈夫?
転職サイトへの登録後の流れ
看護師の転職サイトに登録したらどんな流れで進めていくの?新人看護師で初めての転職なら、疑問や不安も出てきて当然ですよね。元転職サイトのコンサルタントとして、分かりやすく流れのポイントをまとめています。
退職と転職のタイミング
新人看護師は退職してしばらく休んでから転職活動を始めてもいいの?新人看護師が押さえておきたい退職と転職のタイミングについて、元転職コンサルタントがお答えします。
看護師が病院を選べる時代の終わりが迫っている!?
病院側が看護師を選ぶ時代がもうすぐ迫ってきています!今の職場で働き続けることは考えられないという方は、できるだけ早い段階で転職する方が、結果的により良い転職先を選べることになりますよ。
ブラック病院の見分ける方法
あなたはブラック病院で働いていませんか?新人看護師なら一番最初に入職した病院が全てだと思って当然です。そんな新人看護師のために、ブラック病院の特徴と、効率的に見分ける方法についてまとめています。
転職が怖い
新人看護師の転職は怖くて当たり前!?転職が怖くて辞めないのは、結局自分にとってマイナスなこともあります。嫌な職場でこのままずっと働けますか?ほんの少しの勇気があれば、情報収集からスタートすることだってできるんです。
条件交渉する為の方法
新人看護師が転職で条件交渉するのは、やっぱり不利なの?夜勤の有無、夜勤回数、休日、入職時期、給料面…あなたにとっての譲れない条件を上手く交渉するためのたった一つの方法をお伝えします。
給料未払い病院
大阪の大正区にある病院で、給料未払いの病院に警察の捜査が入りました。看護師は、間違っても転職でこのような経営状態が悪い病院に転職しないように気を付けなければいけません。見極め方とは?
ハローワークのメリット・デメリット
新人看護師は転職でハローワークを利用するべき?しなくてもいい?新人看護師にとってのハローワークのメリット・デメリットについてまとめています。デメリットも理解した上での利用を心がけましょう。
ハローワーク求人を探す前に
第二新卒の看護師として転職をする時に、ハローワークで求人を探すならその前に押さえておくべきことについてまとめています。ハローワーク求人で絶対に転職に失敗したくない看護師さんは要チェック!
辞める勇気
新人看護師が辞めたくてもなかなか辞める勇気が持てないのは当然のことです。激しい雇い止めにあったり、短期間で辞めることの怖さがありますよね。でも、あなたは本当にそのままでいいのですか?
第二新卒の看護師としてクリニックへ転職
第二新卒の看護師としてクリニックに転職するなら、事前に押さえておくべきことがあります。安易に転職するとすぐに辞めてしまうこともあるので注意が必要です。

人間関係 辞めたい 退職できない 転職 配属先